こんにちはヤニックです

 

よく

 

旅行してない時は何してますか?

 

という質問をもらいます。

基本的に地味に生きています、特別なことなんて何もありません、ブログ書いたり、動画作ったりが主ですが、それでも時間が余るので、本を読んだり、映画を見たりしています。

基本インドアです(夫婦でインドア派)。

あと、よくやるのがゲーム

 

僕も、嫁もゲームが好きなので、一緒にプレイしたり、各々勝手にプレイしたりと、ゲームはよくやっています。

 

このブログは、旅ブログなので、ゲームのことを書くのはどうなんだろう?という思いもあって、これまで一切触れずに来ましたが、僕たち夫婦にとって、ゲームを楽しむのも、旅行と同じくらいの意味があるので、不定期に書いていこうと思います。

といっても、基本、ゲームに興味がない人ばかりだと思うので、マニアックになりすぎない程度に、ゲームやったことがない人でも、楽しめそうな内容にしていこうと思います。

 

はい、前置きが長いので、さっそく第一回始めていきます

記念すべき、最初のゲームはこれ

大神絶景版です。

 

このかわいいわんちゃんが主人公です

いちおうオオカミですが、犬っぽいので犬ってことでここでは話を進めていきます。

 

このゲーム、特に女性、子供、犬好きの方にオススメです、そもそもこのゲームの存在を知ったのが、嫁の友達が「涙腺崩壊」「落涙必至のエンディング」と言ってたのを聞いてから興味を持ちました。

動物ものだし、動物好きには、涙無しではいられない、そういうゲームなんだろうな・・・と

どちらかと言えばネコ派ですが、もちろん犬も好き、というか、フサフサした動物は全部好き、っていうか、動物全般好きなので

 

ほうほう、動物ものだし(動物にはめっぽう弱い)プレイしてみるか!!

ってことで遊んで見たわけです。




とにかく犬がかわいい

さて、この大神

 

とにかく犬がかわいい!!

 

犬のくせに目線がエロオヤジ

必至で泳ぐのがかわいいです

ずっこける犬、おしりの穴が丸見え

見上げる犬

興奮する犬

あんぐりする犬

びっくりする犬

上目遣いの犬

察する犬

猛る犬

 

他にも十二支+ネコも出てきますが、それらの動物もすべてかわいいです

とまぁ、終始こんな感じで動物たちが本当にコミカルに、かわいく表現されていて、その世界にいるだけで、幸せになれるゲームでした。

あ、そうそう、コミカルなのは動物だけじゃなく、人間も同じです、出てくるキャラクターすべてが魅力的で、いつもクスリと笑えるような、そんなキャラばかりで、ほのぼのする、良いゲームですねこれ

ゲームの内容を動画で確認

プレイ動画も公開しているので、どんなゲームかご覧になりたい方はこちらをどうぞ、夫婦でプレイしています、

ストーリーは単純

ストーリーは単純明快な勧善懲悪ものです、神様である大神が妖怪退治をするというシンプルなストーリー。

他の神様の力(十二支+ネコ)を手に入れながら、強くなって、最後の大ボスを倒すってのが、大筋です。

難解な伏線などはありません、そのへんも子供向けにわかりやすいストーリーを目指したんだと思います。

なので、大人には正直、ちょっと、物足りなさはありました、もうちょっと伏線があっても面白いけど・・・そこは子供向けっぽいし、しょうがないのかな・・・・・とね。

戦闘は簡単、謎解きは難し目

あとこのゲームはアクションゲームなので、妖怪との戦闘があります・・・・が、戦闘は総じて簡単です、どれだけアクションが下手な人でも、アイテムも豊富に手に入るので、時間をかければクリア出来るレベルに設定されています。

 

敵が強すぎてクリア出来ない!!

 

ってことには絶対にならないはず。

ただ、戦闘が簡単な分、謎解き・・・というかパズル?はちょっと難し目。

例えば、敵の城に入ると、意地悪な仕掛けがたくさんあるんですが、それをクリアするのは結構大変でした。

僕たちも、夫婦ふたりで、ああでもない、こうでも無い・・・と言いながら、かなり脳汁出しまくって、はぁはぁ言いながら、謎を解いたものです。

その御蔭で、ただストーリーを追うだけの単調なゲームに成り下がらず、ゲームとしての体裁は保たれていたと言えます。

 

脳汁出しまくって、はぁはぁ言いながら攻略してる動画はこれです(実際”はぁはぁ”は言ってないです)

↓↓↓

クリア後のレビュー

最後に、クリア後のレビューで終わりたいと思います。

このゲームは随所に

 

丁寧に作られている、いいゲームだな

 

ってのを感じます。

もともとこのゲームは20年近く前に作られたゲームのリマスター版で、あのころのゲームは、作り手の情熱を感じるゲームがまだ、たくさんありましたが、その頃の息吹を感じられるゲームだと思います。

ただ、だからといって、丁寧に作られている=面白いゲーム

とはなりません。

 

僕の中で残念だったのは、ストーリーが単純すぎたこと、戦闘が簡単過ぎたこと、

まぁ、おそらく、想定年齢から思いっきり外れる年齢なので、当然と言えば、当然ですけど、ストーリーはやっぱり物足りなかったです。

もっと若い頃にプレイしてたら、感動してただろうなぁ・・・とは思います(歳とったなぁってことで)

戦闘も、年々難しいものを志向するようになったので、物足りなさが目立ちました。

 

悪かったところを先に書きましたが、これらのデメリットは人によっては気にならない部分とも言えます。

うちの嫁のように、その世界観に浸るのが好きな人は、戦闘が簡単でサクサク進めたほうが、ストレス無くて良いって人もいますしね。

 

 

良かったところですが、さっきも書いたとおり、とにかく、丁寧に作られているので、

 

ゲームの居心地が良いのです

 

この表現、うまく伝わるかわかりませんが、その世界に入り込んでもう出てきたくない、みたいな居心地の良さを与えてくれます。

キャラの魅力、きれいな景色、飽きない音楽がそうさせてるのだと思います(とくに音楽は良いですよ)

ゲーム終盤に差し掛かった時に、ああ、このゲーム終わらせたくない、この世界にもっと浸っていたい・・・・というゲームは良いゲームだと僕は思います。

映画もそれに似てて、いい映画って終ってほしくないし、もっとその世界に浸っていたい、って思うときありません?それと同じです。

 

大神はまさにそういうゲームでしたし、その一点だけでも、買ってプレイして良かったと思えました。

なので、世界観に合う、合わないで、このゲームの評価は大きく分かれると思います。

 

世界観が合うと思った人は、多少の悪いところは気にならないでしょうし

世界観が合わないと思った人は、単調なストーリー、簡単過ぎる戦闘、意地悪な仕掛けに辟易するでしょう

 

僕は前者でした。

とにかく犬がかわいいんで、それだけで楽しかったってのはあります。

あと、クリアした後、犬が飼いたくてたまらなくなります。

この動画でもクリア後のレビューを嫁と二人で語っています。

 

というわけで、記念すべき第一回は大神絶景版を取り上げてみましたがいかがでしたでしょうか?もしプレイしてみたくなった、と思ってもらえたら僕としてはうれしいです

今ならPS4かスイッチでプレイできます(PS2、PS3、wiiでも可能)

良かったらプレイしてみてくださいね

 

 

実機もないし、時間も無いよって方は、僕たち夫婦が実況やってるんで、よかったらこちらをどうぞ。

チャンネル登録はこちら

 

次のゲームは、怖い、怖い”おおかみ”の話です。

人狼ゲームを元にした小説風ゲーム、レイジングループの紹介

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます