こんにちはヤニックです

 

先日の台湾旅行ではツアーではなく台湾鉄道を使って自力で十分とネコ村に行ってきました。

勝手がわからないので、いろいろ調べたのですが、調べれば行き方自体は簡単にわかりました・・・でも、もっと知りたい情報がなかなか見つけることが出来ません

 

そう

 

台湾鉄道の車内って弁当食べていいの?

 

せっかくの鉄道の旅ですし、社内で駅弁を食べながら、のどかな風景を見て、なんか・・・いいなぁ・・・鉄道の旅って・・・ってなりたいじゃないですか。

結構重要なことだと思うんですよ。

調べればこう書かれてるサイトはいっぱい見つかるんですよね・・・

 

食べてもOK(*´∀`*)b

 

いや、そうじゃなくて・・・・そんなのガイドブックにも載ってるから知ってるワイ

こっちが知りたいのは

 

車内で弁当食べても変な目で見られないかなぁ、迷惑じゃないかなぁ、他に食べてる人とかいるのかなぁ・・・的な

マナー的なところが知りたいんじゃい!!

ってとこでそこんところ書いていこうと思います。

*可能な限り書きますが、一回乗車しただけなので、書けることに限界があります、すんません、今後、追記する形で情報を補完していきます




車内の様子を動画で確認する

まずは先に動画見たほうが分かりやすいと思うのでこちらをどうぞ

ついでに、十分までの行き方も解説しています。(あ、かわいいネコも一杯映ってるので猫好きの方は全部見みてやってください)

チャンネル登録はこちら

 

普通車、食べても問題無さそう、食べてる人いないけど

台湾には區間車と區間快という列車があり、日本で言う普通車、区間快速的な電車があります、今回僕たちはそれに乗って十分まで行きましたが。

結論から先に言うと

 

食べても問題無さそう、食べてる人ひとりもいないけど

 

という、なんとも微妙な感じになっちゃいます(だって事実だもの)

まず、車内の様子を見ていきましょう。

 

台北駅出発直後はこんな感じ(區間車です)

ターミナル駅なので、やはり乗客は多く、座るのも難しいくらいです

通勤、通学など、観光客以外の人もたくさん乗ってるので、この中で弁当を広げるのは勇気がいるかも・・・・

 

20分くらい乗車してると、観光客以外の人はほとんどいなくなります。

残ってるのは、十分に行くんだろうなぁ・・・・って感じの人達ばかりです。

これくらいなら、車内で食べても大丈夫そうですね、ただ食べてる人は全然いませんでした、もっといるもんだと思ってたんですけどね・・・

別の角度から見るとこんな感じ、かなりガランとしています。

外の景色も緑が増えてくるので、旅情気分も盛り上がりますよ。

 

というわけで、普通車に関して言うと

 

・台北駅出発直後は人がわんさか乗ってるのでとても食べられる雰囲気ではない

・ある程度進むと、乗客は観光客っぽい人ばかりになりガランとしてくる、食べられない雰囲気ではない

・でも食べてる人は一人もいなかった(これはたまたまかも)

 

という感じです、あとは皆様の判断におまかせします。

 



特別車両だとどんな感じ?

台湾鉄道には日本の特急や特別車両のような、普悠瑪、自強、という列車がありますが、その列車だったら食べても大丈夫そうだな・・・って感じでした。

すみません、今回は特別車両に乗車していないので、それぐらいしか書けないです

 

台湾鉄道の特別車両も日本と同じように、こんな感じの座席になっています。(写真は台湾鉄道のものではありません。)

座席は指定席ですし、食べるもは問題無さそうな感じです。(あくまで想像)

じゃあ平渓線は食べれるの?

平渓線も台湾鉄道なので食べることはできると思いますが、車内の様子はこんな感じです(平日)

 

ぎっしり(;´Д`)ハァハァ

 

とても食べられる状況じゃありません、このぎっしり感は十分に到着するまでずっと続きます。

この中で食べられるあなたは勇者でしょう。

当然、食べてる人もいませんでした。

景色はすんごく良いんスけどねぇ・・・こんな景色見ながら食べれたら最高なんスけどねぇ・・・・

 



結局お前はどこで食べたの?

最後に僕の話をさせてください

僕の場合、情報が見つけられなかったので、最後まで様子がわからずじまいでした、なので、台北駅の改札を抜けてすぐのところにあるベンチで食べました。

様子はこんな感じです。

改札の直前に弁当売場があって、抜けた先にベンチがズラッと並んでいます。

ここで食べてる人はかなりいました、ゴミ箱もありますし、結果的にここでも良かったかも・・・という気持ちにはなりました。

まぁ

 

旅情気分は皆無でしたけどね(´;ω;`)ブワッ

 

実際に食べた弁当、これうまかったなぁ・・・うまかったんでそれで良し!!

 

というわけで、僕が知り得た情報を全部書いてみました。

あなたの旅の参考になったのならうれしいです。

 

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます