こんにちはヤニックです

 

先日の台湾旅行でいろんなものを食べてきましたが。

思ったのは割とクセのある食べ物もあるなってこと、僕自身は気にならないですけど、人によっては気になる人もいるんじゃないかな?と思いました。

パクチーやセロリなど香草が苦手だったり、八角のニオイが苦手な人もいると思いますが、そういう方は台湾で安心して食べられる何かが知りたいんじゃないかなぁ・・・と思って今日、色々書いていこうと思います。

個人的に誰もが食べられるクセの無い台湾料理は餃子類と涼麺だと思います。(他にもあるかもだけど)

今日はその涼麺について書いていきますね。




百聞は一見にしかず、まずは動画でどうぞ

動画で見るほうがイメージしやすいと思うので、まずはこちらの動画を御覧ください

チャンネル登録はこちら

 

3分50秒あたりから涼麺を食べているシーンが始まります

台湾風冷やし中華、それが涼麺

涼麺ってその字を見ればわかるように、日本の冷やし中華に似ています。

暑い台湾にぴったりな冷たい系の(実際はそんなに冷たくないけど)料理です。

 

 

味は日本の冷やし中華と全然違います、その一番の特徴はタレ、はい、みんなだいすき

 

ゴマダレです

 

ゴマダレが嫌いって人はかなり少ないと思いますけど・・・・そうじゃなければ涼麺は絶対うまいはずです。

コクのあるゴマダレがたっぷりかかった涼麺、汁は少なめのまぜ麺的な食べ物です、日本で一番近いのは担々麺です。

辛いのが好きなら卓上にある唐辛子をたっぷりかけてマゼマゼすれば担々麺にさらに近づきます

でも担々麺じゃない、これは涼麺なんすよねぇ。

僕が食べた涼麺の具材はきゅうり、ザーサイ豚肉でした(店によって多少違うと思います)すごくシンプルですが、これがうまい。

ゴマダレの濃厚な味に、きゅうりとザーサイの食感がメチャ合うんスよね。

写真は少サイズ(50元)ですが、しっかり一人前あります。

 



今回お邪魔した涼麺屋さん、大吉林涼麺

台湾には有名で美味しい涼麺屋さんがたくさんありますが、僕たちがお邪魔したのは大吉林涼麺です

シンプルな店構えですが清潔感あります。

持ち帰り用?の涼麺の袋がたくさん置いてありました。

入店したのが10時40分だったので、店内は空いていました、店内もとても清潔感があります。

メニューはこちら、シンプルですね、大きく分けて涼麺、スープ、スープ麺に分かれます

涼麺は三種類ありますが、今回は搾菜肉絲涼麺を頼みました。

注文方法は簡単です、まず、店の入り口で「こんにちは~」とか言って、うっすら、日本人です、だから台湾語読めませんアピールをしましょう。

すると、写真のような日本語のメニューと注文票がもらえます。

あとは好きなものを書き込んで店員さんに渡せばOKです。

綜合湯も頼みました、味はそのまんま味噌汁です、かなり濃厚でコクがあってうまいです。

クセがないので日本人なら誰もが美味しく飲めるスープです。

何故か、涼麺屋さんにはこの味噌汁が置いてあることが多いみたいです。

卓上にはわさびも置かれています、このわさびを付けるとうまいみたいですよ。

 



大吉林涼麺の場所

場所はここです、行天宮から歩いてすぐ

営業時間は朝5時から14時までです。

日曜は定休日なのでご注意を

 

というわけでオススメのB級グルメ涼麺の紹介でした。

いろんな店で出してるのでぜひ食べてみてくださいね

 

 



 

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます