こんにちはヤニックです

 

今回、クアラルンプール空港から、宿泊場所のパークロイヤルサービススイートまでは、行きはタクシー、帰りは電車を使いました。

多分この、行きはタクシー、帰りが電車ってのがコスパが高く、安く行けると思うのでなるべく詳しく紹介します

 

*この記事の情報は2018年6月現在の情報です




行きにタクシーを使い、帰りに電車を使う理由

行きにタクシーを使う理由は空港から各ホテルの送迎は”定額”だからです。

タクシーの領収書、今回は118.70リンギット、約3500円でした。

 

逆に、ホテルから空港までは定額ではなく、メーターになるのでいくらになるか定かではありません、メーターを使っていくと、200リンギット以上(6000円以上)かかると、書いてる人がいたので(ブキビンタン周辺から)、帰りは電車を使う方が安くいけますし、観光をしたあとで、ホテル周りの地理も詳しくなっているので、迷うこともまずありません。

 

帰りの電車にかかる費用は、今回宿泊したホテルだと、KLセントラル駅までの約3リンギットと、KLセントラルから空港までの直通電車の55リンギットだけです、片道約1700円、二人なら3400円なので、二人なら行きのタクシーを使うのと値段の差はさほどありません。

 

逆に言えば、二人以上の場合、行きに電車を使うのは、手間暇や、駅移動がある割に、タクシーとは100円くらいしか安くならないわけですから、さっさとタクシー乗っちゃった方が楽ですし、ホテルの前まで連れてってくれるので楽です

 

まとめるとこんな感じ

 

タクシー

空港→ホテル:定額、3500円くらい(行き先によって異なる)

ホテル→空港:変動、メーターを使うのでいくらになるのかわからない、だいたい6000円くらい?

 

電車

空港→ホテル:定額、一人1700円くらい

ホテル→空港:定額、一人1700円くらい

 

なので、今回は

 

行き:空港からホテルまでタクシーを使う

帰り、ホテルから空港まで電車を使う

 

というパターンで解説していきます

*だだし、この価格は2018年6月現在の価格なので、今後値段が変わればこの限りではありません。

クアラルンプール空港からタクシーに乗ってホテルまで行く方法

タクシーチケット売り場ですが、注意点があります。

 

到着ロビーに出る前に買いましょう

 

というのも、チケット売り場が到着ロビー出る直前にしかなく、外に出てしまうと、売り場がなく、かつ、一度出てしまうともう戻れないからです。(頼めば通してくれます)

というか、僕たち一度出ちゃったんですけどね・・・「アイ、ニード、タクシーチケット」って扉の前にいる警察官?警備員?の人の頼んだら通してくれましたけど・・・(素人丸出し)

まぁ、そういう観光客が多いんでしょうね、警察官の人も、慣れた感じで対応してくれましたよ。

いくつかのタクシースタンドが並んでいてどこを利用するか迷いましたが、僕たちは、呼び込みをしていない、売り場で買いました。

売り場もいろいろあって、大型のタクシー専門の売り場とかもあるらしく(その分高額)注意が必要ですが、その見分けは、初めてマレーシアに来た僕たちにはわかりません、なので、呼び込みをしていない、売り場で買いました。

買ったのはここ、まったく呼び込みをしないエアポートタクシー

ただ、この選択肢が最善だったかはわかりません。

 

ここで、チケットを買いますが、日本語は全く通じないので、ホテルのバウチャーを見せて、ホテル名を指差すだけで伝わります。

なので、手荷物にバウチャーのコピーを入れておくと便利です、あとは、プレミアタイプ(ちょい高い)かバジェットタイプ(庶民的)か聞かれるので好きな方を選びます

 

プレミアだと、待ち時間が少なかったり、車がキレイだったりと特典があるみたいですよ、他の方のブログを見たら、バジェットだと車内が汚くて、しかも二時間待ちだったので、1000円くらいしか変わらないなら、プレミアムが良かったって書いてありました。

あと、大きい荷物が二個以上あると自動的にプレミアなるみたいです(まだ理解不足です)、なので僕たちはプレミア価格で乗りました、おかげで待ち時間はゼロでした。

 

お金を払って、チケットをもらうと「何番出口から出て」と言われるので、そこから出ます。

このタクシー会社のスタッフは上下黒尽くめなので、わかりやすいですが、指定された出口から出ると、何も言わなくても、向こうから群がってきて、チケットをひったくって、さっさとタクシーに荷物を積んでくれます。

まぁ・・・なんちゅーか、せっかちです。

黒尽くめの人たちがさかさか荷物を乗せてくれます

嫁がぼんやり立ってると、さっさと入っていいよ・・・の指示(扉は手動です)

車は日産のセダンタイプで、乗り心地は普通でした、運転は荒いですけどね・・・(;´Д`)

市街地に近づくに連れ、どんどん車が増えてきます、全く動かなくなることも・・・

 

タクシーに乗ってしまえば、きちんとホテルの前まで送り届けてくれます。

チップは不要ですし、向こうもそういう素振りは無く、乗客を降ろしたらさっさと居なくなります(笑)

 

時間は1時間ほどらしいですが、僕たちが乗った時は夕方のラッシュに捕まったので、1時間20分くらいでした、結構長かったです。

 

運ちゃんは、英語があまり話せないみたいで、社内では終始無言でした。(そっちの方が楽だから好き)



帰国、ホテルからクアラルンプール空港まで電車で行く方法

帰りは先程書いた理由で、電車で帰ります、経路としては

 

ホテル→最寄りの駅→KLセントラルまで徒歩移動→KLセントラルから空港まで直通電車

 

という感じです、ではまず、最寄り駅から

ホテルからモノレール、KLセントラルまで

僕たちが泊まったホテルは最寄り駅までは5分ほどでした、ブキビンタンはあちこちに駅があるので、どこに宿泊しても、さほど遠くはない距離に何かしらの駅があると思います。

駅に上がるのに、エスカレーターもあるので、重いスーツケースがあっても大丈夫(構内で多少の昇降がありますが)

道が、不安というかたは、滞在中に一度歩いて確認しておきましょう、そんな難しくないです。

乗るのは二番乗り場です、KLセントラルは終点なので、間違えることはありません。

KLセントラル到着から、KLIAエクスプレス搭乗まで

モノレールを降りたら、連絡通路を通って、KLセントラルまで歩きます、5,6分で着くのでそんなに時間はかかりません。

降りたら、連絡通路を通ってKLセントラルを目指します。

 

KLセントラル駅に入る前に、駅ビルに最初入らされるので(商業ビル)

商業ビルに入ったら、上の案内を目印に進みます。

こんな感じでいたるところに目印が配置されています。

 

商業ビルを抜けて、KLセントラルに到着したら、今度はこの緑の看板を目指して歩きます。

日本語で書いてあるのでわかりやすいですね。

 

このえんじ色カウンターが売り場です、日本語は通じませんが

 

「ツーアダルツ、プリーズ」とか人数を言うだけで大丈夫です

 

どうせ、料金は定額なんで、人数だけ言えば全然OK。

切符をもらったら、あとは改札を抜けてしまえば、電車に乗るだけです。



直通だけど降りる駅は二箇所あるから注意

電車の中は涼しいし、人がほとんどいないし、超快適です、ただ、飲み食いは出来ないので要注意

スーツケース置き場はこんな感じ

 

あと注意点としては、降りる駅が2つあることです、というのもクアラルンプール空港は大きく2つの建物があって、LCCとそれ以外に分けられてるからです(関空もそうだったような)

エアアジア、セブパシフィック、ジェットスターアジアはKLAIA2で降ります、それ以外はKLIA、僕たちはマレーシア航空だったので、KLIAで降りました。



空港到着後

電車は二階に到着するので、エレベーターで5階に上がればチェックインカウンターです。

あとは、空港のチェックインを済ますだけです。

帰り道を動画で確認

この動画の4:20あたりから、帰り道を解説しています、動画で確認したい方はこちらをどうぞ。

まとめ

・行きはタクシー、帰りは電車がコスパ的に優れていると思う。

・タクシーチケットは到着ロビーに出る前に購入する(両替所も到着ロビーに出る前にあります)

・ホテルから空港へのタクシーはメーターを使うので高くなりがち

・なので帰りは電車のほうが安い場合が多い

・電車はKLセントラルに着いてしまえばあとは直通なので楽

 

帰りは、電車でもかなり楽でした、移動距離もさほどおありませんし、案内がしっかりしてるので迷うこともありません。

メーターのタクシーに乗るより、安い場合が多いと思うので、帰りは電車がやっぱりオススメです。

電車の車窓から見る景色も新鮮で良かったですよ。

 

それでは

 

マレーシアに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています

一覧でご覧になりたい方はこちら

↓↓↓



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます