こんにちはヤニックです。

 

新しい国や、情報が少ない国に旅行に行くときはいろいろ大変ですよね、先日行ってきた、マレーシアのクアラルンプール旅行もそうでした。

んで、わからないのがコンセント、電源、このあたり、こういうときガイドブックは不親切ですね。

 

変圧器と変換アダプターが必要

 

と、だけ書いてある、まぁ間違いじゃないけど、最初、この言葉を鵜呑みにして変圧器買っちゃいましたよ。

変圧器は買うと結構高いです

でも、よく調べてみると、変圧器なんて必要ありませんでした。(変圧器は返品しました)

たぶん、ほとんどの人に変圧器は不要だと思うので、そのへんを書いていこうと思います。




スマホ、PC、カメラ、の充電くらいなら変圧器は不要

結論から最初に言うと、スマホ、PC、タブレット、デジカメ、これらの充電ぐらいしかコンセントを使わないって人には、変圧器は不要です。

というのも、240Vまで対応している機種が多いからです。

充電器の赤で囲った部分が100ー240Vになっていますが、これは、文字通り、100ー240Vまでの電圧に対応していますよってことを意味します。

アイフォンの充電器、うまく写せなかったので(というか文字が薄すぎて・・・)写っていませんが、赤く囲ったあたりをみてもらうと、100ー240Vという文字が確認できます。

我が家にあるデジカメの充電器(カシオ)も100ー240Vでした。

 

んで、マレーシアの電圧は一般的には220Vですから、この充電器は間違いなく使えるというわけですし、実際旅行先で使いましたが、何も問題なく使えました。

ただ、嫁が持ってるガラケーの充電器は110Vまでしか対応していなかったので(こんなところにもガラパゴス化が)ガラケーは機種によって充電できないかもしれません。

まずは、旅行先で使う予定の電子機器の電圧をすべて確認してみましょう、それが100ー240Vとなっていれば、変圧器が無くともマレーシアで使用できます。

 



日本の電化製品は変圧器が無いと使えない場合が多い

充電器は、100ー240Vになってる機種が多いので、そのまま利用できますが、日本の電化製品、ドライヤーなどは110Vまでとなっていたりするので確認が必要です。

海外対応となってる製品は、電圧が100ー240Vになっていますが、国内しか使えない製品は100ー110Vのものが多いです。

100ー110Vの製品をどうしてもマレーシアで使いたいなら変圧器が必要になってきます。

ただ、そういうシチュエーションってかなりレアな気もしますが・・・

変圧器は不要だけど変換プラグは必須

ここまで、変圧器が不要な100ー240Vの製品なら、マレーシアに持っていけばそのまま使える、と書いてきましたが、この書き方は語弊があります。

コンセントの形状が違うので、そのまま持っていっても、今度は物理的に利用することが出来ません。

 

変換プラグは必須です

 

実際のマレーシアのコンセントの形状はこれです

日本では見たこと無いタイプ、BFタイプと呼ばれる形状です

こういうときガイドブックは不親切ですよね「マレーシアはBFタイプが一般的だけどた、たまにCタイプもあるよ」と書いてある。

 

いやいや、はっきりしろや!!

 

宿泊するホテルがBFタイプだと思って行ったのはいいけど、Cタイプだったらどうしたらいいんじゃ!!

一応、ホテルの情報を確認すると、僕たちが泊まる予定のホテルはBFタイプと書いてるんだけど、なんか気持ち悪い、もしCタイプだったら・・・と思うと、スッキリしない。

 

んで、最終的に購入した変換プラグはこれです

どんなコンセントタイプにも対応する万能変換プラグです、しかも安い、小さい、軽い!!これ一個で十分でした。

安いんで、とりあえずこれ一個あれば十分です、USBも2口付いてるんで、パソコンを充電しながら、スマホ、タブレットも同時に充電できるすぐれものです。

 

実際、この商品を使ってる様子がこの動画の7:10あたりから確認できます。

チャンネル登録はこちら

 

 



まとめ

というわけでまとめです

1,まずは使用する予定の電化製品の電圧を確認する

2,100ー240Vまで対応していれば変圧器は不要

3,110Vまでしか対応してないなら変圧器は必要

4,100ー240Vまで対応している製品でも変換プラグは絶対必要!!

 

PS

マレーシアの旅行記を動画で配信しています、よかったら合わせて御覧ください。

 

マレーシアに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています

一覧でご覧になりたい方はこちら

↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます