こんにちはヤニックです

 

現在、ハワイへの出立準備をしているところですが

と言っても、我が家の場合、パッキングは全部奥さん

 

宿と航空券の手配を僕がするので

僕のすることは服を出すくらいなんですけど・・・

 

2016年は予定が合わず、今年は正月明けから

毎年恒例のハワイ長期滞在となります。

 

んで、準備をしていたらふと思ったんですよね。

 

なんでハワイなんだろう?

 

なぜ、日本人はハワイが好きなのだろう?

なぜ、毎年のように飽きずにハワイに吸い寄せられるのだろう?

これまでいろんな観光地に行きましたが

毎年行きたいと思うのはハワイ以外にありません。

 

海外旅行を好まない友人からは

「毎年なのに飽きないの?」

聞かれます。

 

飽きるか、飽きないかと言ったら

飽きない、だって、今ちょっとわくわくしていますし。

去年も、その前も、うんざりするくらい滞在したのに

一年経つとそのことをころっと忘れて、行きたくなる魅力があります。

 

ハワイの魅力ってなんなんだろう?

さんざん語り尽くされている月並みな話題ではありますが。

僕なりの目線で今日は書いていきたいと思います。




程よい距離、ギリギリ耐えられる移動時間

僕の中で、ハワイの最大のメリット移動距離が比較的短く

直行便の便が良いことにあります。

 

正直言って、飛行機大嫌いです

嫁も大嫌いなので、ハワイくらいが限度と言えます。

十何時間とか・・・・考えただけで頭がクラクラしますよ・・・

 

そういう意味で言えば、グアムやセブ島の方がもっと近いし

良いんじゃないの?と思うのですが。

 

グアムやセブ島は一週間程度の短期滞在なら良いんですが

2,3週間行くにはちょっと時間が余ります。

 

僕にとっての、海外の長期滞在は

強制的なオフも兼ねています。

 

というのも、このように自宅で仕事をしていると

オンとオフの切替が非常に難しく

無理やり海外でもいかないと、完全なオフって難しいんです。

 

なので、年に何度か長期の旅行を組んで

そこでオフを取ります。

 

働き方が全くちがうんですね

サラリーマンは5日働いて2日休みですが

僕は三ヶ月働いて、二ヶ月休むとか・・・そんな感じです。

 

なので、のんびり出来て

割と近い南国のリゾートとなるとやっぱりハワイになるんですが

 

同じような条件だと、実はオーストラリアのゴールドコーストもあります。

ゴールドコーストも実は悪くない

オーストラリアの東海岸って実は近くて、7,8時間で着いてしまうし

何より、時差が1時間しか無いので行きやすい場所だったりします。

img_1265

img_1281

ゴールドコーストの雰囲気はハワイのそれと似ています

 

加えて、為替が米ドルに比べて豪ドルは、3割くらい安いので

そのぶん物価がやすいし、オーストラリアの良いところって

消費税が全部コミコミで表示されるシステムだから

 

表示価格=支払う価格

 

で、会計がすごくわかりやすい。

さらに、チップ文化が無く(大都市の高級レストランではある)

ハワイに比べて、何かと安い。

 

実はメリットも多く、ゴールドコーストは世界有数の

リゾート地なので、ハワイに引けを取らないのですが。

 

じゃあ、なんでオーストラリア行かないの?って言われたら

オーストラリアは四季があるので、いつ行っても夏じゃないんですよね・・・

 

そう、ハワイの良いところって、常夏なところなんですよ

いつ行っても、大体同じような気候、これ地味に重要。

 

あと、オーストラリアはハワイほど日本語が通じない・・・というか

まったく通じません、まぁ当然ですけど

日系人の多いハワイは、日本文化が色濃いですから

日本人に対して寛容な部分あるけど

 

オーストラリアはそんなことないですね

(かと言って人が冷たいとかではないです

オージーはとにかくおおらかで、人当たりは良いですが

おおらかすぎるのがたまにキズだったりします。)

 

あと、オーストラリアは食事があまり・・・以下略

 

というわけなので、ゴールドコーストも短期で行くには良いのですが

長期で行くにはちょっと無いな、ということになります。

 



ハワイのデメリット

んじゃあ、ハワイのデメリットって無いの?って言うともちろんあります。

まず物価が高い、超高い。

ワイキキから少し外れたところに行けばそうでもないですけど

ワイキキの一等地のお店はとにかく高いです。

 

あと、毎日、強い日光にさらされるのは地味につらいです。

たまに、曇の日があるとほっとしますよ、ほんと

ほとんど無いんですケド・・・・・

毎日、毎日、抜けるような青空で素晴らしいです

0a6a0571

これがハワイの魅力なんですけどね

 

これも短期滞在なら気にならないと思いますが

長期でいると、毎日強い日差しにさらされるのは辛かったりします。

 

デメリットと言えばコレくらいです。

物価に関してはやりくりすればなんとでもなるし

日差しは嫌だったら店に入ればいいだけなので

さほど気になるものじゃないですけどね。

 

とにかく、すべてを忘れて、のんびりするには本当にいいところですよ

海が目の前にいつもありますし。

 

朝起きて、今日何しようかなぁ・・・・って朝の気持ちがいい公園を

ぼんやり考えながら外を散歩して

 

午前中は ビーチでのんびり本を読んだりできるのは

日本では中々できないです。

 

空は青くて

風は気持ちよくて

日本の日常を完全に忘れることが出来ます。

素晴らしい充電期間になります。

 

んでね

 

毎日そんなぼんやりしてると、ムラムラといい感じの

仕事したい熱が復活するんです。

それで、日本に返ってバリバリ仕事をするわけです。

 

で、日本でバリバリ仕事をするわけですが

仕事モードの最後の方は、今度は休みが恋しくてたまらなります

ああ、早くハワイ行きたい・・・あと一週間だ

がんばろう・・・ここ踏ん張れば、ハワイだ!!

 

で、ハワイで一ヶ月思いっきりハネを伸ばす

いやっふー(*´∀`)わいは~

完全に仕事のことは忘れる

だからこそ思いっきり遊べる・・・

 

でも、3週間も過ぎてくると流石に飽きてくるし

仕事も恋しくなってくる、その頃になると次の

仕事のアイデアなんかもポツポツひらめき始める

ハワイでゆっくり、次の仕事の戦略を考える

 

 

また仕事モード突入、英気もしっかり養ったし

戦略も充実している、あとはやるぞーやるだけだーで猛烈に仕事する

 

この繰り返しです。

 

脱サラすると、サラリーマンのように

5日働いて2日休むってスパンが結構難しいことに気づきます。

 

なので、パラダイム転換して

仕事と休みのスパンを月単位に変えたわけです。

 

休みを過ごすのに、ハワイはもっとも適している場所だったりするわけです。

僕にとっては旅行よいうより、充電ですから

ハワイくらい近くて、気軽なのが一番ですね・・・・

というのが僕がハワイに行く理由でした。

 

PS

 

このような話を友人にすると大抵は

 

「ハワイホントにいいよねぇ・・・私も行きたいなぁ・・・」

「行けるといいよねぇ・・・行けるかなぁ・・・・」

とリアクションをもらい必ずこう聞かれます

 

「なんで毎年ハワイに行けるの?」

 

答えは単純です

 

「毎年ハワイに”行く”」

 

と決めているからです。

行きたいなぁ・・・行けるかなぁ・・・・というのと

行く!!と決めるのとでは意味が全く違います。

 

僕だって、すぐに今のような生活になったわけじゃないです

サラリーマン時代は全然ハワイになんて行けない

沖縄やグアムに4泊5日するのがせいぜいでした。

 

でも、それでも

 

「毎年ハワイに行けるような人間になる」

 

と決めていたので、今ではそのような生活が

実現できています。

 

お金があるとか、時間があるとか、そういうことの前にまず

 

「ハワイに行く」

 

とコミットしない限りは、絶対にハワイにいけません。

 

「ハワイいいよねぇ・・・行きたいなぁ・・・」
「行けるかなぁ・・・・」

 

なんて曖昧な態度のうちは行けないんです

そうじゃなくて、行くと決める、ただ、それだけです

僕たちが毎年ハワイに行けるのは、行くと決めてるからです。

 

どうせ時間があるから行けるんでしょ( ゜Д゜)y─┛~~パフー

どうせお金があるから行けるんでしょ┐(´∀`)┌デスヨネー

 

と思ってる人がいたとしたらそれは大きな勘違い

いや

 

大きすぎる勘違い

 

行くと決めているから、行くためのお金と時間が生まれるんです。

目標を達成できる人とできない人って、根本的に考え方が逆なんですよ

お金と時間があるから行くんじゃなくて

 

行くと決めるからお金と時間が生まれるんです

 

お金と時間があったらハワイに行きたい・・・

と思ってる人は一生行くことはできません。

ここを勘違い”し続けている”人は本当に多いです

 

勘違いし続けて、今でも人生でもっとも大切な資産である

時間を浪費している人は本当に多いです。

 

やると決めるだけで

 

人生の最大の資産である時間は、最高のレバレッジを発揮しれくれます

やると決めるだけで

 

頭が回転しはじめます

行動が生まれます

結果が生まれます

結果に対し、反省や改善が生まれます

さらなる行動が生まれます

 

そうやって実際に考えて行動に移すと思います。

そうやってやってる時、時間は最大限に有効活用されています。

 

やれたらいいなぁ・・・とぼんやり考えている時

時間は”最大限無駄に浪費されています”

 

やると決めたら、そしてさっさと行動しちゃうのがコツです

さっさと航空券を手配しちゃうとかしちゃえば良いんですよ

あとはなんとかなりますし

 

なんとかするんです

 

行くと決めた瞬間から、猛烈に頑張って稼いで

時間を作ればいいんですよ。

行くと決めるからこそ、猛烈に頑張れるんです

 

一度でも行けば、また来年も行きたいな

だから来年も頑張ろうって絶対思えますよ。
お金は世の中を巡り巡ってるんだし

お金だって能動的に頑張ってる人のところに行きたいはずです。

 

「行くと決める」

「やると決める」

 

たったこれだけで、自分では思いもよらなかったエネルギーが湧いてきます

 

人生、何者にも縛られず、自由に生きるのが僕の目標です。

時間にだって縛られたくない。

でも、いったん”やる”と決めたら

フルレバレッジで時間を使うのが僕の流儀です

 

やる時はやる

やらない時はやらない

 

メリハリがあってもいいと思います。

ただ、やりたいことがあれば

 

勇気を持って”やる”と決めてみて下さ

 

い大きな目標なら3年以内とかでもいいです

とにかく決めちゃいましょう

 

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます