こんにちはヤニックです。

 

この記事では、ワイキキビーチ(クヒオビーチ)で

スタンドアップパドルをレンタルする方法

初心者にオススメの遊泳場所の紹介

初めてスタンドアップパドルに乗る前に見ておきたい動画の紹介をしています。

 

スタンドアップパドルは特にレッスンを受けなくても簡単に乗れるので。

是非チャレンジしてみてください、超楽しいですよ。

 

ワイキキビーチよりもクヒオビーチの方が人が少なく乗りやすいので

今回はクヒオビーチでのレンタルを紹介します。

クヒオビーチはワイキキビーチのすぐとなりです、歩いていけます。




スタンドアップパドル(SUP)予想以上に楽しかった

今回の旅行の大きな発見は

スタンドアップパドル(SUP)がとても面白かったことです。

スタンドアップパドルはクアロア牧場のツアーの

シークレットアイランドに参加した時に体験したんですが。

まったく未経験の初心者でしたが、教わらなくてもすぐに乗れました。

クアロア牧場で乗馬体験記、服装や昼食の様子、口コミなど

とっても楽しかったので、もっと気軽にワイキキビーチでもできたらなぁって思っていました。

オプショナルツアーにはスタンドアップパドルのレッスンはあるんだけど、グループレッスンで2時間75ドルとか・・・・う〜ん。

クヒオビーチの青いテントでレンタルが可能

集団でレッスンとか邪魔くさい、と言うか、レッスン受けなくても簡単に乗れるし、スタンドアップパドルだけレンタルして自由に遊びたい・・・

と、思いながらワイキキを散歩していたら、発見したのがワイキキビーチ(正確にはクヒオビーチ)にあるレンタルのテント(場所は下図参照)。

このテントでレンタルできます。
おお、そういえばこんな所あったなぁ!!

 

基本、マリンスポーツに興味ないので、これまで華麗にスルーしてましたが、スタンドアップパドルのレンタル料を見てみると、最初の1時間は20ドル、その後、1時間毎に15ドルなので、オプショナルツアーの75ドルに比べたら半額以下です。

というわけで、早速利用して見ました。

 

受け付けでスタンドアップパドルのレンタル枚数、レンタル時間を伝えると、ファミリーネーム、宿泊ホテル名、号室を聞かれます。全部英語ですが、なんとかなります。

 

後は借りて遊ぶだけだ!

 

と思ったら、遊泳可能区域や禁止区域などの説明を一通りしてくれるんですが、これが全部早口の英語だから、かなり焦りました。

あ、これはいかん、さすがに理解できない・・・・どこで遊んで良いのかわからない・・・注意事項がわからない・・・と焦ってたら、となりの波消しブロックで囲まれたエリアも遊んでいいそうなので一安心です。



初心者にオススメの遊泳場所

英語がまったく聞き取れない方は、波消しブロック囲まれたエリアで遊びましょう。ここなら、波も穏やかで、初心者でも安心して遊べます

ブロックに囲まれたエリアは、波が無いので、簡単に乗ることが出来ます。

60歳になる義母は5分で乗りこなしていました。

めっちゃ気持ちいいです、まさに海の散歩

裸足で乗るのがコツ、サンダルを履いたままだと、何故かうまく乗れません。

 

ボードを返し終わったら受付で名前を告げます、時間超過がなければそれで終わりです。

 

最後にスタンドアップは本当に簡単です、60になる義母がものの五分で乗れるようになったくらいです。どうしても不安な方は、YOUTUBEで、進む、止まる、曲がるだけ見ておけばいいです。

 

この動画見るだけで十分です

↓↓↓↓

特に、止まると曲がるだけはしっかり覚えておきましょう。

 

アラモアナ・ビーチでもSUPがレンタル出来るみたいです

来年は挑戦してみます。

↓↓↓↓

ワイキキから近い、穴場のオススメビーチ、アラモアナ・ビーチパーク

 

自分の足で集めたハワイの観光情報はここにまとめています

↓↓↓↓



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます