こんにちは奈月です

豪華客船旅の最終日(9日目)は、もう船を降りるだけ!

 

港に着くのが見れるかな?と思いきやそんな感じではなかったです。

 

寂しいけど、クルーズ船を最後まで満喫します。

朝食や下船までどんな感じなのか、あとは帰りの道中にも少しだけ触れておきます。

 

八日目の旅行記はこちら

↓↓↓

豪華客船旅、厨房見学や英国パブランチ、カジノ体験もしちゃおう!

 

スポンサードリンク

 

起きたら既に横浜に着いていました

朝6時半起床。

 

横浜に入港するのが見えるのかしら?って思ってたんですけど、起きたら既に到着していました(笑)

 

多分、昨夜回収されたスーツケースなどの荷物は、港に降ろし始めているんだと思います。

朝は、パッキングももうしなくて良いし、身支度を整えて貴重品を持ってお部屋を出るだけですね。

このお部屋ともお別れ・・。

 

ちなみにお部屋のチェックアウトは8時なので、下船までの間お部屋以外のどこかでのんびりする形になります。

 

クルーズ最後の食事へ

朝ご飯は、6時半~8時半の間でダイニングでアラカルトメニューを食べるか、バイキングを食べに行くかの2択です。

 

私達は気軽なバイキングで済ませました。

もうそんなにお腹も減っていないんで、ささやかな朝食。

 

もうお部屋に戻ることも出来ないので、そのまま食後のコーヒーを飲んだりしてのんびり過ごしました。

 

スポンサードリンク

 

ツアーの集合場所で下船時間を待つ

9時半にツアーの集合場所に行って少し下船の時間を待ちます。

ここにもコーヒーやお水などの飲み物が用意されていました。

 

さて、いよいよ下船です。

 

新幹線の時間が決まっていたので、少し早めの下船になりました。

交通機関の時間などが決まっている人は、前日にリクエストを出しておくと荷物を優先して降ろしてくれるんですって。

ありがとう、ダイヤモンド・プリンセス!(※別日に撮影した写真です)

 

新幹線付きプランだったので、すぐに名古屋へ

下船後、せっかくだから横浜観光も良いですよね。

 

今回のプランは、往復新幹線&添乗員付きのプランだったので、下船後の観光などはなく、そのまま名古屋へ帰ります。

まぁ、スーツケースも引きずっていますしね。。

 

新横浜駅で少しだけ時間があったので、お土産とお弁当を購入しました。

横浜行ったどー、っていうせめてものシュウマイ弁当(笑)

 

名古屋駅で添乗員さんやツアーのメンバーとお別れ・・。

 

初めての豪華客船旅でしたが、とても満喫できましたし、もっとクルーズ船に乗りたい!って気持ちになりました。

なので、近くまた船旅をしてみたいと思います。

 

そして、一度ではすべて制覇できなかった感のあるダイヤモンド・プリンセスにも、もう一度帰って来たいと思います!

 

ダイヤモンド・プリンセス初乗船の感想とまとめ

実際乗ってみて、思ったことなどをちょっとまとめておきます。

 

・ドレスコードが面倒だと思ったけど、意外とこれがメリハリになって良かった

・めいっぱいドレスコードを楽しめた

・敷居の高いような気がしていたクルーズ旅は、思っていたよりもずっと手軽な印象だった

・船に乗っていると、だいたい新婚旅行と勘違いされる

・お友達が出来るか心配だったけど、実際には全く心配要らなかった

(常連さんの方から積極的に話しかけくれます)

・ダイヤモンドプリンセスは、広すぎて一度には遊びつくせない

・今度はカジノでも違うゲームをしてみたい

・すごく食べ過ぎるかと心配していたけど、思っていたよりは自分で加減できた

・たくさん時間があるかと思って、本を持っていったが、暇な時間はあまりない

・乗ってみるまでは船酔いを心配していたけど、全く酔わなかった

 

こんな感じです。

 

クルーズ船の大きさにもよるのかも知れませんが、本当にゆっくりする時間はたくさんあるのに、暇な時間はほとんどないんですよね。

 

常に映画も船室でたくさん見れるし。(しかも日本ではまだ公開されていないものとかもあります。)

シルク・ド・ソレイユのアレグリアにハマって何度観たことか・・(笑)

 

ドレスコードも私にとっては、とても楽しいイベントの1つに感じましたし。

 

ほんと、下船してすぐにもう一回クルーズ行きたい!ってなりましたよ~。

 

PS

現在はセレブリティ・ミレニアム乗船直前で

色々準備をしている真っ最中です。

↓↓↓

セレブリティミレニアム、クルーズガイドを見て乗船前に気になったこと

 

ダイヤモンドプリンセスに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています、実体験した情報ばかりです。

↓↓↓

 

旅行を仕事に、趣味を好きなことを仕事にして生活しています

 

スポンサードリンク

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます