こんにちはヤニックです

 

この記事では、豪華客船クルーズ、ビュッフェの利用方法を書いていこうと思います、

豪華客船の旅行中、何度となく利用することになるビュッフェダイニングですが

基本的に、ホテルのバイキングと同じと考えれば良いと思います。

街のバイキングじゃなくてホテルのバイキングね、ここがポイント

あと、豪華客船特有のルールが少しあるのでそれも合わせて紹介しますね




好きな席に座って、好きなだけ取って食べられる

ビュッフェは好きな席に座って、好きなだけ取って食べられる

いわゆるバイキングと同じシステムですが

船は更にその上を行きます。

 

好きな席と言うのは実は場所を選びません。

ビュッフェエリア以外でも大丈夫ってことですね

これを知ってるか知らないかだけでも、クルーズライフが変わってくるので覚えておきましょう。

 

例えば、ビュッフェで取ってきた料理を自室に運んで食べるのも全然OK

ルームサービスもありますが、ビュッフェから取ってきて、部屋のベランダで食べるのもOKです。

プールサイドもOKです

屋上に映画が備えられてる船もありますが

そこで映画を見ながら食べるのもOK

基本的に場所を選びません。

よく、ビュッフェ皿を持って、船内を移動してる人を見かけます。

 

まぁ、だからといって、他に乗客もいることですし

最低限のマナーは守ったほうが良いですね

例えば、図書館で食べるとかエレベーターに持ち込むとかね

そういうのはさすがにダメ、TPOはわきまえた方がいいです。

 

食べたお皿は、ビュッフェや自室なら、置いておけば勝手に下げてくれます。

プールサイドなど、ビュッフェエリア以外では、下げてくれないかもしれないので

自分でビュッフェまで持ち帰るのがマナーかと思います。

外国船の場合、日本語はほぼ通じない

ダイヤモンドプリンセスやセレブリティ・ミレニアムの外国船の場合

日本語はほぼ通じません、バイキングで取るだけだし関係無いでしょ?

と思うかもしれませんが、その場で作ってもらう料理があったり

スタッフに取ってもらわないと取れない料理があったりと

意外と、話す機会は多いです。

 

まぁ、向こうも英語が話せないのわかってるので、アレ、とかコレとか

指差しながらやれば大丈夫です

セレブリティ・ミレニアムにはビュッフェに無料のアイスコーナーがありますが

スタッフに作ってもらうパターンです。

デザートはやたら充実しています

ライブステーションという、その場で作ってもらう場所もあります

好きな具材を選んでトーストサンドを作ってもらっているところです

 



外国船、和食は期待しない

外国船の場合でも、日本近海のクルーズなら

たいてい。ビュッフェに日本食コーナーがあります

 

 

あまり期待はしないほうが良いですね。

ちなみに箸は置いてあったり、無ければ言えばもらえます

もらう時は、チョップスティック プリーズ!で十分通じます。

無料のドリンクは充実している

無料のドリンクコーナーは非常に充実しています

船によって差はありますが

水、コーヒー、紅茶、ジュースは無料で飲み放題です。

紅茶はかなり種類が多いです

コーヒーはレギュラーとデカフェ(カフェイン抜き)の二種類

ビュッフェに水筒を持ち込んでコーヒーを入れたり

水を入れたり、ジュースを入れたりしてもOKです。

船内で無料の飲み物が手に入るのはビュッフェくらいなので

僕たちは朝食の時に、飲み物を水筒に補充するようにしています。

 

ちなみに、ビュッフェでは有料の飲み物(お酒類とか)も注文できます。

大抵は言わなくても向こうから聞いてきてくれますが

来ない場合はウェイターさんを見つけて注文しましょう。

 

豪華客船クルーズに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています

一覧でご覧になりたい方はこちら

↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます