こんにちは、奈月です。

 

以前、グランピングが気になるので予約して行ってみることにしたけど、準備や持ち物がどうすれば良いか分からない、という記事を書きました。

 

関連記事⇒グランピングの準備と予約。持ち物は何が必要?手ぶらでOK?

 

で、実際に「伊勢志摩エバーグレイズ」へグランピングに行ってきたので、口コミ(感想や気づいたことなど)を書いていきたいと思います。

 

体験記形式で書いていきますので、お付き合いくださいね。




フロントで受付からスタート

小旅行気分で途中寄り道もしながら辿り着いた、伊勢志摩エバーグレイズ。

 

道中立ち寄った津ぎょうざのお店、詳しくはこちらの記事で旦那が書いています。

伊勢志摩エバーグレイズ、グランピング体験記、ブログに書きます

 

寄り道しなければ、名古屋から伊勢志摩エバーグレイズまで2時間半で着くので、程よい距離ですね。

 

こちらの建物がフロントで、ここで受付を済ませます。

 

受付で簡単な説明を受けて鍵を受け取ったら、後は自分の泊まる場所(サイトと呼ぶらしい)へ向かいます。

フロントで受け取った鍵とファイル。

このファイルには、説明を受けた内容や注意事項などが書かれています。

 

後は自由なので、夕食が届けられるまでのんびりできますね。

ここまで、ほとんど普通の旅館とかと変わらないです。

伊勢志摩エバーグレイズのグランピングサイト豪華です!

受付を済ませたら、車で自分のサイトに向かいます。

 

今回予約したのは、グランピング カリブ カヌー付 というグランピングサイト。(下の写真参照)

(写真は伊勢志摩エバーグレイズHPより)

 

伊勢志摩エバーグレイズのグランピングサイトは5棟だけなんですが、その内の3つがこれと同じようなタイプですね。

 

お部屋の中はこんな感じです。

キャンプっぽくないなぁ・・。

 

お部屋設備で一番嬉しかったのは、やっぱり天蓋付きのベッドv

女子の憧れですが、ここで達成できるとはねぇ。

 

デッキも素敵です。

7月の初めに行ったんですが、ちょうど風が吹き抜けて、デッキも涼しくて快適でした。

真夏に行ったらちょっと暑いかもしれませんね。

 

デッキの前にプライベートラグーンがあって、人が入ってこないので、デッキでも終始くつろぐ事ができたのもありがたかったです。

 

ずっと静かなのも良いです。

カヌーで遊ぶ人の声なんかは聞こえますけど、それ以外は隣の声とか聞こえないし、景色の良い屋外でのんびり過ごせました。

 

グランピングって、豪華なキャンプというイメージでしたが、コレはもうキャンプと同じくくりではないですよね~。

 



カヌーに初挑戦!

で、せっかくプライベートラグーンもありますので、カヌーに乗ってみることに。

カヌーってそういえば初めて乗るような・・ハワイで船をこぐみたいなアクティビティはやったことありますけど、あれは大勢で漕いでましたし。

 

カヌー、思ったよりも難しいんですね。

漕いでたら暑くなってきたし、カヌーで40分のコースに出たら大変でしたよ~。

 

カヌーは大変だ、ということが分かる貴重な体験でした(笑)

カヌーで汗だく&水にぬれた旦那様の入浴シーン

夕食はTボーンステーキで豪華に

夕食は、時間になるとお部屋まで食材を届けてもらえます。

 

 

個人的には、肉とかプロの人に焼いてもらいたいのが本音ですが、一応キャンプなんだしBBQぐらいは自分たちでやるんですね。

上手く焼けるように説明書も付いていますし、実際やってみましたが思ったよりも上手く焼けるもんですねー。

オプションでお肉をTボーンステーキに変更してもらっていましたが、これがまた上手に焼けて美味しかった。

 

バゲットも美味しく焼けました♪

普通のキャンプだったら、この後お片づけが待っていますが、片付けはナシ。

使用したお皿などを、元入っていた箱に戻すだけの作業でOKです。

 

こういう面倒な作業が無いってのが素敵ですよね~

夜も焚き火でキャンプ気分

キャンプの楽しみの一つに、皆で火を囲むっていうのがありますよね。

 

火を見ながらだと、語らい合うのも楽しいですし、キャンプファイヤーみたいに盛り上がるのも楽しいですけど。

 

グランピングサイトでも、焚き火ができるようにファイヤーピット(焚き火台)と薪が準備されているので、夕食後一息ついてから、焚き火やってみました。

真っ暗な中に浮かび上がる炎、落ち着きますよね~。

 

普段の生活なら、ついテレビとか付けちゃいますけど、火を眺めながら過ごしてすごく満たされた気分です。

 

この焚き火で、夕食と同時に届けられたマシュマロを焼いて食べたりしました。

お腹一杯だけど、つい食べちゃった。

 



朝もラグーンサイドで優雅な朝食を

次の日の朝は、朝日チャレンジで早起き。

起きた瞬間、日の出を見るのは無理そうだな・・と思ったんですが、外へ出てみました。

 

雲が多くて、日の出は見れませんでしたが、水面にも空が写ってキレイでした。

 

朝早いので一段と静かで、空気も澄んでて気持ちよかったので、一人でしばしデッキで寝そべりました。

 

7時半~8時の間に朝食が静かに届いて、早速朝食を摂ります。

思ったよりもボリュームがあってびっくり!

 

サンドウィッチは分厚くて、一気にかぶりつけるかと心配したほど。

サンドウィッチだけでも十分な量だけど、さらにフレンチトーストも一人1枚入っていました。

これで一人分のフレンチトースト。

 

食べきれるかと最初は思ったものの、美味しかったので結果的にぺろりと平らげたんですけどね(^^)

 

開放的な環境での朝食、最高でした。

グランピングはストレスフリーなアウトドア

すごくのんびりと過ごせたグランピング。

あっという間で、正直1泊じゃ少ないくらいに感じました。

 

旅立つ前に、虫が多いんじゃないかと心配していたんですが、虫も全くいなくて一箇所も蚊に刺されなかったですし。

 

もう、色々と快適すぎて、グランピングをキャンプと言うのは憚られるほどです。

 

私達みたいに、キャンプの道具が増えるのがイヤ・面倒な後片付けがイヤ、だけどアウトドアで過ごしたいっていう人にはグランピングがオススメですね。

あと、休日くらい働きたくないって人とか(笑)

 

今、グランピングの施設はどんどん増えているそうなので、また別の施設でもグランピングを体験してみたいな。

キャンプではなく、グランピングにハマリそうな予感です。

 

名古屋生まれの旦那が地元のグルメ、観光情報を書いています

↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます