こんにちはヤニックです

 

今回は、コスタネオロマンチカのドリンクパッケージ

飲み放題はお得か?必要か?について自分の考えを書いていこうと思います。

 

ちなみに、先日のクルーズでは、デラックスバルコニーで参加したので

特典として、最初から飲み放題が付いていました。

飲み放題があれば、そりゃ楽なのは確かですね。

値段を気にすること無く、好きなものが飲めますが。

 

ただ

 

そんなにも飲めないな

 

というのが正直なところですね

 

飲み放題の有無は、旅行スタイルで変わってくるんじゃないかな?

って思います。特に、日中、寄港地観光を目一杯楽しみたい人なら

船内で飲み物を飲む機会は多くありません。

 

日中船内派なら選択の余地はあります。

ではもう少し細かく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

コスタネオロマンチカのドリンクはビールが安い

コスタネオロマンチカは他の船に比べても

さほど、値段設定はかわりませんが、なぜかビールが安かったです。

他の船では6、7ドルはするところが

4、5ドルです、日本の居酒屋と変わらないですね。

良心的な値段だなって思いました。

 

カクテルは8ドル前後

コーヒーは3~6ドル

グラスワインは6~7ドルくらいです。

 

子供も飲める飲みものは

フルーツジュース、4,5ドル

コーラなどの清涼飲料水、3ドル

ミネラルウォーター500ml、3ドル

ミネラルウォーター1リットル、4ドル

 

って感じです。

 

メニューはこんな感じです(一部)

↓↓↓

 

スポンサードリンク

 

一日6杯以上飲むなら飲み放題はあり

飲み物の一杯の平均金額を仮に7ドルとした場合。

飲み放題の値段は38ドルですから(今後変わる可能性があります)

 

38を7で割ると約5.5

 

なので、一日6杯以上飲むなら、飲み放題はお得ってことになります。

6杯だとどうでしょうね?

日中、寄港地観光する派の人にはちょっと厳しい数字だと思います。

 

朝にコーヒー一杯

(ちなみに、ビュッフェやダイニングには無料のコーヒーがあります)

船に帰ってきてコーヒーを一杯

夕食でお酒を一杯

食後、ショーを見ながらカクテルを一杯

 

くらいが限度じゃないでしょうか?

飲んでももう一杯くらいですから。

ちょっと厳しそうですね。

 

ちなみに、同室の人も一緒に申し込まなければいけないので

同室の人がお酒を飲めない、コーヒーを飲めない人とかになっちゃうと

更に不利になってしまいます。

メインダイニングでもカクテルが注文できます

 

 

日中は船内派、及びお酒大好き派なら一考の価値があります

日中、船内で飲む酒は格別にうまいですよ、ほんと

↓↓↓

プールサイドのバーは開いていますから。

そこでいくらでも飲み放題です、毎日モヒートばかり飲んでいました。

スムージーなどのフルーツジュースもプールサイドで飲めます。

 

あとは、部屋の冷蔵庫の中身も飲み放題になるので、ビールも気軽に飲めます

(上段のボトルに入ったお酒は対象外っぽいので飲まなかったです、下段は飲み放題でした。)

お水も、喉が渇いた時に、すぐ冷蔵庫から取り出せたのは非常に便利でしたね。

冷蔵庫のミネラルウォーターを飲まないとなると

ビュッフェに行って、水筒にお水を汲んでこないといけないです。

気軽にビールを開けて、バルコニーで一杯ってのも出来ます、すごく良かったです

 

というように、僕達のように、日中船内派で、さらにお酒好きなら、飲み放題を検討する価値ありです。

 

スポンサードリンク

 

ノンアルコールパッケージも6杯以上飲むならお得

ノンアルコールパッケージも同様に、6杯以上飲むなら

お得になるんじゃないかな?って思います。

 

仮に一杯平均4ドルとした場合。

飲み放題の値段は22ドルですから(今後変わる可能性があります)

 

22割る4は5.5です。

 

コーヒーをメッチャ飲むとか

お水をメッチャ飲む

という人なら一考の価値ありです。

余談ですが、コーヒーはテイクアウト出来て、船内の好きな場所で飲めますよ。

知らない人が多かったみたいなので、書いておきます。

テイクアウトしない場合は、グラスで出てきます。

 

飲み放題の注文方法

最後に飲み放題の注文方法を書いておきます。

飲み放題でも、注文方法は通常と変わりません。

注文するとクルーズカードの提示を求められるので、カードを渡しましょう。

カードと一緒に飲み物をもらえます、それで終了、早いです。

 

通常と違うのは、レシートの有無です。

飲み放題じゃない場合、注文毎にレシートを渡され

金額を確認して、サインをする必要があります。

サインの手間が無いのも、飲み放題のメリットですね。

 

飲み放題を利用すれば

気軽に注文できる

客室の水やビールが飲める

いちいちサインしなくても良い

というメリットもありますから。

その辺も含めて飲み放題が必要かを検討してみてください

 

コスタネオロマンチカに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています、実体験した情報ばかりです。

↓↓↓

 

スポンサードリンク

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます