こんにちはヤニックです

 

今回は、コスタネオロマンチカのドリンクの料金や無料の飲み物

アルコールの種類や値段について書いていこうと思います。

 

豪華客船の旅の何が一番不便かって、飲み物が持ち込めないところですよね。

まぁ、その分安く乗せてもらえるんで、しょうがないかなとも思います。

ただ、外国船に乗った時の、日本茶が飲めないのだけは残念かな。

だから、寄港地ではコンビニでお茶を買ってこっそり持ち込んでいます

(一本だけですが)

 

一応。持ち込み不可ってことになってるんで、没収されることもあります。

やるときは、自己責任でお願いしますね。

 

船側は飲み物を売ることで利益を得ようとするのですが

いったいどれほどボったくるのだろうと、船を乗る前は思っていましたが。

これが、案外と良心的な値段設定なんですよね。

 

今回は、コスタネオロマンチカの飲みのもの値段や

無料の飲み物など紹介しようと思います。

 

スポンサードリンク

 

コスタネオロマンチカはビールがやたら安い

コスタネオロマンチカはビールが比較的安いので

ビール好きにはたまらない船です。

殆どのビールは5ドル前後と良心的です。

 

日本のビール:アサヒ、キリン、サッポロ、しっかり揃っています。

日本のビールは全て4.79ドルです。

僕は大のアサヒ党です。

 

ハイネケン、コロナ、カールスバーグなどの外国産

ハイトビールっていう、韓国のビールもあります。

ハイトビールはあっさりクセがなくて美味しいビールですよ。

 

あと、生ビールもあります。

生ビールは40CLが4.79ドル、25CLが4.5ドルです

”CL”って聞きなれない単位ですが

これはセンチリットルっていう、ヨーロッパで使われる単位です。

 

10倍すればミリリットルになるので

40CL=400ml

25CL=250ml

ってことになります。

生ビールはカールスバーグが出てきます、これもあっさり飲みやすいビールですね。

 

ワインも良心的な価格

ワインはグラスワインが6~7ドルと、これも良心的な価格です。

ボトルは安いもので25ドル前後です。

グラスで飲むより、ボトルを入れるほうが安い場合があります。

(すみません、実はワイン好きじゃないんで、あんま書くこと無いです)

 

スポンサードリンク

 

カクテルはほとんどが7.99ドル

カクテルは7.99ドルで統一されているようです。

種類もかなり多くて、色々飲み比べるのが楽しいですよねカクテルは

コスタオリジナルカクテルです。

昼間っからプールサイドでカクテル飲むのが外国船ぽくて好きです

 

ウイスキーなどの蒸留酒は7.49ドル、日本酒は高い

ウイスキー、ジン、ウォッカなどのスピリッツ(蒸留酒は)

7.49ドルで統一されていましたが

日本の蒸留酒はなぜか割高でした

 

あと

 

日本酒はクッソ高いです。

 

鬼殺しが16.5ドルとか・・・・・(;´Д`)ハァハァ

 

スポンサードリンク

 

ノンアルコールカクテル、清涼飲料水

ノンアルコールカクテルは6.49ドルで統一です

19種類ほどあってかなり種類は豊富です。

 

コーラ、コーラゼロ、スプライト、ファンタなどの清涼飲料水は2.99ドルで統一

レモンティーなどのアイスティーも2.99ドル

ミネラルウォーター500ml、2.99ドル

ミネラルウォーター1リットル、3.99ドル

 

あと、フルーツジュースは4~5ドルと幅があります。

生搾りはちょっと高いですね。

 

あまり知られていない、穴場のジューススポット

時間限定ですが(朝から夜までやっていますが)

プールサイドのバーには、そこでしか飲めないミルクセーキや

生搾りジュースが売っています、全て5.99ドルです。

この飲み物も、飲み放題に含まれます。

 

生搾りジュースは

人参、きゅうり、りんご、梨、スイカ、パイナップル、キウイ、メロン、パパイヤなど種類が豊富にあります。

目の前で絞ってくれます。

 

ミルクセーキも美味しですよ。

バナナヘブン

ストロベリーバナナ

 

スポンサードリンク

 

無料の飲み物

無料の飲み物は主にビュッフェで飲むことが出来ます。

(水筒にいれて持ち歩くことも可能です。)

 

水、コーヒー(デカフェは無い)、各種ティーバッグ、冷たい牛乳が無料で飲めます。

無料のコーヒーはまぁ、無料のコーヒーだなって味です。

 

以上がコスタで飲める、主な飲み物の値段です。

コーヒーに関してはまた別途記事を書いていきますね。

↓↓↓

コスタネオロマンチカ、コーヒー、カフェのメニューや値段など

 

コスタネオロマンチカに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています、実体験した情報ばかりです。

↓↓↓

 

スポンサードリンク

 

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます