こんにちは、奈月です。

 

前回のハワイ旅行で私がドハマりした、ポケ丼(アヒポキ丼)のお店。

 

宿泊していたバニヤンからも近くて便利で、もちろん新鮮で味もおいしく、しかも日本語が通じて超安心だったので、紹介しますね。

 

「MAGURO SPOT(マグロスポット)」さんです。

看板の「鮪専門」の文字が渋いんですよね~。




マグロスポット基本情報

住所:2441 Kuhio Ave. Honolulu 96815

営業時間:10時半~20時半

定休日:日曜日

※基本情報は変更になる場合があります。

BBQプレートの美味しいミーバーベキューと、ベジタリアンやヴィーガンの人にも優しいお店ラフェージナチュラルフーズの間に位置するお店。

ワイキキビーチからも近くて、なかなか立地が良いので行きやすいと思いますよ。

日本語OKで安心

まず、安心材料を1つ挙げるなら日本語OKなところですよね。

日本の方がオーナーさんなんですって。

お店の看板にも日本語が書かれているのは、そのせいかも?

 

初めてマグロスポットさんにお邪魔した時、お店に立っていたのが日本の方で、オススメの味なんかを色々聞けてとても安心しました。

 

で、次の日に行ったら、外国の方がお店に立っていらして、ドキドキしながら購入したんですけど。

たどたどしく英語で注文してたら、「日本の方ですか?」と聞かれて、そこからは日本語で対応してくださいましたよ~。

そんなこんなで、私が立ち寄った際の日本語OK率は、100%でした。

 

純外国人って見た目の方が日本語で「ネギ入れて大丈夫?」とか聞いてくれるので、ちょっと面白かったです。



新鮮な魚で目の前で作ってくれる

ハワイの港の魚市場、実は日曜日はお休みなんですよね。

マグロスポットは、新鮮な魚をその日の朝に仕入れるので日曜日は定休日。

魚の鮮度へのこだわりを感じますよねっ。

 

で、そのこだわりの新鮮な魚のポケ丼がいただけるんですけど。

面白いのは、注文ごとに1杯ずつ作ってくれるところ。

 

ポケ丼のお店って、もう味付けが既にされているものを盛ってくれるスタイルが多いんですけど、ここは目の前で混ぜ混ぜして味付けするのを見られるんですよね~。

この写真の通り、ステップどおりに注文すればOK。

 

簡単に注文の流れを説明すると、こんな感じ。

・サイズを選ぶ(大きさの見本有)

・ステップ1:お米の種類を選ぶ

・ステップ2:ソースを選ぶ

・ステップ3:トッピングしたい場合は、トッピングを選択

 

この流れで注文すると、目の前で調理スタート。

混ぜ混ぜ♪

これが他のお店とは違って、新しいし楽しいですね。



日本人好みのアヒポキ丼

お店の混雑具合にもよると思いますが、私が行った際は出来上がったアヒポキの塩加減の味見をさせてくれましたよ~。

出来上がったポケ丼。(アボカドトッピング)

日本人好みの優しい味、そしてやっぱりマグロが美味しいv

 

あと、ステップ1のお米の種類を選ぶときに酢飯(すし飯)が選べるのが、日本の方がオーナーなだけあるなと思いました。

 

ちなみに、スモールサイズなら女子にピッタリの量。

ラージサイズは、旦那とシェアしてちょうどの量でしたよ。

男子ならミディアムサイズが程よいと思います。

 

お店で食べられるスペースも少しだけありますが、私はいつもお持ち帰りしてファーマーズマーケットで購入したフルーツなどと一緒にお部屋で食べていましたよ。

お部屋で食べてても、ハワイっぽいメニュー♪

 

肉肉肉ってヘビーな食事に疲れた時や、ハンバーガー・パンケーキ尽くしで美味しいお米が食べたい・・って時などにも「マグロ・スポット」おすすめですよ。



マグロ・スポットを動画で確認する

マグロ・スポットを動画で確認されたい方はコチラの動画の12分20秒あたりからご覧くださ

チャンネル登録はこちら

 

自分の足で集めたハワイのグルメ情報はここにまとめています

↓↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます