こんにちは、奈月です。

 

今回は、ハワイ滞在中にあまりに美味しかったのでリピートした、タピオカドリンクのお店「ティーボス(TEA BOSS)」をご紹介します。

 

台湾の飲み物としてお馴染みのタピオカティーですが、ハワイでもすごく人気でお店も増えているんですよね。

タピオカティー以外にも、バブルティーとかパールティーなんて呼び方もあるんですが、ハワイではボバティーとも呼ばれているんですって。

 

では、ハワイのローカルっぽく「ボバしよ~」と言いながら(?)入りたい、ティーボスに実際に行った様子など書いていきますね。




ティーボス ワイキキ店の基本情報

まずは、ティーボス(Tea Boss)ワイキキ店の基本情報です。

 

住所:2310 Kuhio Ave.Honolulu.HI

営業時間:9~23時

定休日:無休

丸亀製麺と同じ建屋なんですが、お店の入口が少し奥まった位置にあって、クヒオ通りに面していないんですよね。

クヒオ通りから見つけにくい?お店の外観

私も最初お店がどこにあるのか分からずに、丸亀製麺の裏手のタトゥー屋さんとかクラブが入っている辺りをウロウロ探してしまったんですけど。

クヒオ通りから、丸亀製麺の建物の脇にある運河の方へつながる道(ノホナニストリート)を覗くと、お店が見えます。

お店の外観はこんな感じ。

このおひげのキャラクターが見えたら正解v

 

外から見た感じ、店内が少し見えづらい黒っぽいガラス張りなので、私は一回目来た時にビビッて入れなかったんですけど。(笑)

店内は、オシャレなカフェって感じなので安心です。



メニューの種類が豊富!(日本語もあり)

お店に入ると驚くのがメニューの多さ。

ボバティーだけじゃなく、レモネードやスムージー、コーヒーなどもあって悩む悩む・・。

日本語の併記ありのメニューで安心。

これだけあると、いつもメニュー選びに時間をかけない私でも迷うw

 

面倒だな~って場合は、人気の商品から選んじゃっても良いかも。

ベスト9が店内に表示されていましたよ。

やっぱりNo.1はタピオカミルクティーですねっ。

サンプルでフレーバーチェックもできる

こちらのお店は、台湾から粉の状態でお茶を取り寄せて、エスプレッソマシーンで淹れてくれるところがウリなんですって。

で、ボバティーのベースとなるお茶。

店内に茶葉の香りサンプルがずらっと並んでいるので、香りでお気に入りを見つけて注文しても良いですよね。

煎茶やほうじ茶もあります。

 

と言うわけで、私は一番無難そうな紅茶のミルクティーをチョイス(笑)

全然冒険しませんでした。

自分好みにカスタマイズ可能

注文の段になって気付いたんですけど、ボバティーは自分好みにカスタマイズが可能です。

カスタマイズ表がレジ横に置いてあります。

これも親切に日本語が併記されていて分かりやすいですね。

 

写真が見づらいと思うので書き出すと、

・ステップ1:ミルクの種類を選ぶ

・ステップ2:サイズを選ぶ

・ステップ3:トッピングを選ぶ

・ステップ4:甘さを選ぶ

という4ステップです。

 

個人的に、甘さを選べるのがすごく嬉しかったですね。

ミルクティーは甘さ75%にしましたが、それでもかなり甘めでした。

 

リピートした時の抹茶ミルク+アズキは、甘さ50%で注文。

アズキだったせいか、50%でも甘く感じました。

私の好みだと、甘さ25%でも良かったかな~。

 

甘いのが苦手って人は、無糖にもできるので安心。

そして、恐ろしい事に125%までゲージがあるので・・甘っ。

甘党さんにも良いですね。



ショッピングの休憩にもオススメ

テイクアウトで飲み歩きも良いと思うんですが、店内も落ち着ける雰囲気だったので、カフェ利用もゆっくり出来そうでしたよ。

店内こんな感じ。

こじんまりしてますけど、寛げました。

 

タピオカとかアズキとか、飲み物に入れただけなのに、やっぱり食感が楽しいしこんなに見た目や食感を楽しめるドリンクって、なかなかないですよね。

普通のコーヒーに飽きたとき、たまにはアジアンな飲み物が恋しくなった時に、ティーボスおすすめですよっ。

 

インターナショナルマーケットプレイスからも近いし、ショッピングの合間の休憩にも良いと思います。

 

今度は、見た目がきれいだと評判のレモネードも試してみたいな~。

 

ティーボスを動画で確認したい方は、コチラの動画の9:00頃からご確認ください。

チャンネル登録はこちら

 

自分の足で集めたハワイのグルメ情報はここにまとめています

↓↓↓↓




 

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます