こんにちはヤニックです

 

初めてのマレーシア、クアラルンプール旅、五日目を書いていきます。

前回の旅行記はこちら

旅行記4:クアラルンプールのホテル朝食とバトゥ洞窟で苦労する




亀ゼリーを食べに再びチャイナタウンへ向かう

今日はまた、チャイナタウンに向かいます。

金連記という店に入り昼食、ここは福建麺が名物らしい。

客は中国系が多いが、店内は妙に静かだった。

と思ったら、ほとんどの人はスマホとにらめっこしている、ここだけじゃなくて、他でもそうなんだけど、どこ行ってもスマホとにらめっこしてる人は少なくない。

旅行に来てまで一生懸命、しかも時間の大半を使ってスマホをいじる意味が僕には理解できないのだけれど、静かに食事できるので、まぁ別に良いか。

真っ黒な福建麺、オイスターソースの色みたいです。

嫁が食べたおかゆ

福建麺はとても美味しかったけど、なんて表現していいかわからない味だった。

あと飲み物のつもりで頼んだやつが、スープみたいでびっくりした、中国を旅行するのは大変そうだなとも思った、とにかく文字が読めない。

 

台湾は、結構読めたのにな、こんなに違うものかと驚くばかり。。

けど、スープが案外おいしくて嫁がズルズル飲んでいた。

二人でたらふく食べて1000円も行かないとか、ほんと、マレーシアの物価はこのまま変わらないでいてほしい。

ドクターフィッシュをまたやる、嫁にやらせる

セントラルマーケットに行きドクターフィッシュをまたやる

はい、以前も書いたけど、ドクターフィッシュ大好きなのです、もう、あの大きさには慣れたので、僕はルンルンなんだけど、嫁はしぶしぶだった。

いやいや、慣れてしまえばあれほど気持ちのいいものは無いのに・・・と、嫁には半ば無理やりやらせたんだけど、最初こそ気持ち悪がっていたが、3分もすればなれたのか心地よさそうだった。

ほんとドクターフィッシュはまる

 

デザートを食べにタイ料理屋に入る

アイスカチャンというかき氷を食べたけど、どっちもうまかった、てっきりタイのデザートかと思っていたら、マレーシア発祥らしい。

カラフルなアイスカチャン

嫁が食べたマンゴーのかき氷

カラフルな色がやや毒々しいが(こういう人工色素っぽい食べ物は苦手なのです)食感がサクサクしてて美味しかった。

こんなケバケバしい色じゃなくても良いのに・・・東南アジアではこういうのが流行るんですね。

コーンが入ってて、これがつぶつぶして美味いんだよなぁ。



亀ゼリー思ってたより何倍もうまい!!

戻って亀ゼリーを食べに行く、ゴリゴリ系の中国おばちゃんだったので、ちょっと苦手

案の定

 

これがうまい

これが最高

これが一番人気だ!!

 

と聞いてもいないのにゴリゴリ説明してくる。

注文するとあっという間に商品が出てきた

やにわにおばちゃんが「ワン、セブン」って連呼するので何かと思ったら、お会計だった、ほんとせっかちっすな、時は金なりなのか?

まぁでものんびりして、忘れられるよりはいいか。

亀ゼリー美味しかったですよ、苦いという話だったけど

まぁ、苦いんだけど、そんなきつい苦さじゃありません、シロップをかけると、これがまろやかな味になって本当にうまい。

ツルツルとのどを通る、暑いマレーシアにぴったりの食べ物です。

それよりも、このハーバルティーの方が難物、かなり苦くてちょっと厳しい、飲み切れないので持ち帰ることに

店頭に並んだ亀ゼリー、名前はともかく、味はうまいです、近くにあったら通いたくなる味。

国立モスクに向かう

今日はイスラム教徒の祝日なので、一般人が入れるか微妙なところだけど

まぁ、行ってみるかということで、道中、工事してたので迂回させられたおかげで結構手間取った、人に聞いたりして何とか到着

 

うん

 

案の定入れないは、今日から三日間は完全にダメらしい。

イスラム教徒にでも改宗すれば入れるんだろうけど、そんな根性は無いしね、しょうがないので外観だけで満足した

今日から3日は入れませんって書いてある

しょうがないので外観だけ撮影する、中に入って見たかったな・・・

外観だけを撮影してる人結構いましたよ。



夜はアラブ料理へ

夜は二日連続でアラブ料理の店に入った

アラブ料理って僕たち夫婦そろって口に合うんですよね。

トルコとかあっち系の食べ物が好きなら、アラブも絶対好きになある味です。

いつも空いてる店だけど、普通においしかった、とくにこれ、ちょっと名前がわからないんだけど、餃子の餡をピザの皮で挟んで焼いたような食べ物なんだけど

外がカリカリっ中は餃子っぽくてめちゃくちゃうまいです

名前がわからないけどめちゃうまな料理

これもうまかったなぁ・・・

店員さんもみな穏やかだしね、良い感じのレストランでした



ヘリポートバー

続いてヘリポートバーに行く、ヘリポートをそのままオープンなバーにしてしまったなんともダイナミックなバーだ。

ビルの入り口には、なんの案内もなく、知らなければとても入る気の起こらない不安な場所ですが、欧米人がひっきりなしに往来するので。

ああ、ここで間違いないな・・・と、思うわけです。

見た目にはまったくわかりません。

 

エレベーターに乗り、34階まで行くと、そこは秘密基地のような別世界、レセプションで手荷物チェックを受ける、テロ対策か?ちゃんとしてるな。

と感心してたら水は没収されてしまった・・・そげなぁ・・・

 

入ってすぐの場所で飲み物を頼んで、すぐにお会計、あとは、自分でお酒を持ってヘリポートまで上がる、という手順になっています。

 

んで、そのヘリポート

 

すっごい開放感、気持ちいい!!

モヒートを注文

夜景がすごくきれいですわ

ただ、人が多い、あとタバコの煙がひどい・・・げんなり(;´Д`)

 

ほとんど座る場所が無く、土曜日に来てしまったことを悔やんでしまったが、致し方なしすげえうるさいし、煙いし人が多いけど

夜景は最高でした

次は絶対に平日に行こうと心に誓う

 

帰りにホテルの真ん前にある個人商店っでお土産のチョコを買ったら、レジの店員さんがニコニコ、ニコニコして接客してくれた

サンキューアリガトウって何度も言われながら、日本人珍しいのかな?

のんびりさんが多いけど、穏やかでニコニコした人が多いから、好きになるなマレーシア。

 

続く

クアラルンプール旅行記6:激安ランチと一歩も譲らないインド人

 

動画版の旅行記はこちら

チャンネル登録はこちら

 

マレーシアに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています

一覧でご覧になりたい方はこちら

↓↓↓



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます