こんにちはヤニックです

 

日本発着で有名な外国船籍の船といえば

ダイヤモンド・プリンセスやセレブリティ・ミレニアムですが

日本語がどの程度通じるか?不安な人も多いと思うので書いていきます

 

気になるのは、英語が話せないとダメなのか?

日本語はどれだけ通じるか?

というところですよね。

結論から言えば、英語が話せなくても問題は無いですが

だからといって、クルー全員が日本語ペラペラというわけでも無いですし

不便を感じることは実際にあります。




ダイヤモンドプリンセスはそこそこ通じる

ダイヤモンドプリンセスの場合船に乗船しているクルーは大別すると

欧米系

フィリピンなどのアジア系

そして日本人に分かれて

 

日本人のクルーは1割くらいで結構多い印象です。

そしてアジア系と欧米系が半々くらいです。

 

欧米系のクルーはまずもって日本語が通じないし話せませんが

直接関わり合うことは少ないのであまり関係ありません。

 

船内でお世話になるのは殆どがフィリピンなどのアジア系です。

フィリピンやインドネシアの方々が多いです。

 

コレは僕の個人的な意見ですが、彼らはとても人懐っこく

大好きな人種です、フィリピンに旅行した時に大好きになりました。

 

んで

 

アジア系の彼らですが、ほとんど日本語は話せませんが

片言ではしゃべってくれるので、意志の疎通には不便を感じません。

 

メインダイニングでは、日本人テーブルと

外国人テーブルでしっかりわけられ

日本人テーブルには日本人に慣れた方が付くので

英語を話せない前提のサービスをしてくれます。

セレブリティ・ミレニアムはほとんど通じない

セレブリティ・ミレニアムに関しては

日本に参入して間もない時に僕は乗船したので

発展途上だとは思いますが。

ほとんど通じないです。

 

クルーの割合もダイヤモンドプリンセスと違い

欧米系が7割

アジア系が3割

日本人のクルーは僕は見かけませんでした

(いるかも知れないんだけど)

 

乗客の中にも、ダイヤモンドプリンセスの方が日本人に優しい

と言ってる方がちらほらいました。

 

でも、これはダイヤモンドプリンセスが他の船会社より

先駆けて日本に進出したからこその、優位性だと思います。

セレブリティ・ミレニアムも対日本人マニュアルが出来てくれば

全く通じないから、そこそこ通じるに変わっていくと思います。

 



ツアー会社で申し込めば添乗員がお世話してくれる

というわけで、外国船はやはり外国船です

日本語がバリバリ通じるわけではありません。

(僕の中ではハワイより通じない印象)

なので、どうしても不安な方は、添乗員付きの会社で

ツアーを申し込むと良いと思います。

 

僕たちは阪急交通をよく使いますが。

添乗員がついてくるので、有料レストランの予約など

代行してもらえますし、添乗員さんも船内新聞を作ってくれたりと

船内ライフをサポートしてくれます。

添乗員さんのかわら版がかなり重宝するんです。

 

関連記事

初めての日本発着の外国船クルーズなら添乗員付きのツアーがオススメの理由

船内放送、料理のメニューはすべて日本語です

船内放送などは日本語のアナウンスなので何も問題ありません。

船内新聞も日本語が配られます。

レストランのメニュー、ドリンクメニューも日本語です。

船内ではあまり日本語は通じませんが

かと言って息苦しさもないし、不便さまぁ無くもないですが

むしろ日本近海なのにちょっとした海外旅行気分になるので僕はお得だと感じました。

 

海外にいると思えば、多少の不便は苦にはならないですね。

 

もちろん、英語が話せれば、他のお客さんとも

コミュニケーションが取れて楽しいと思いますけど・・・・

(英語が話せたらなぁ・・・)

 



クルーズ常連さんに聞いたアドバイス

最後に、クルーズ常連さんに聞いたアドバイスをシェアします。

先程書きましたが、メインダイニングの給仕係は

フィリピンなどのアジア系の方々が多いです。

 

なので、簡単なタガログ語を覚えて話しかけると

ことさら喜んでくれれてあっという間に顔を覚えてくれるのだとか。

顔を覚えてくれれば、さらにフレンドリーになって楽しいとのこと

 

ありがとう

さようなら

どういたしまして

こんにちは

おやすみなさい

 

など、簡単な言葉を覚えるというのも

船内ライフをい充実させる1つの手ですね。

 

豪華客船クルーズに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています

一覧でご覧になりたい方はこちら

↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます