こんにちはヤニックです

 

ハワイに来たらシュノーケリングってのも良いですよね、オプショナルツアーで参加するのもいいですけど、もっと手軽に、なるべくなら安く(タダで?)できたら尚良いです。

でも、ワイキキのあたりにシュノーケリングできるスポットなんてあるのかな?なんて思いますよね、これが、できるんですよね。

小さなお子さんとかも、安心して遊べて、魚も見れるスポットなんで、紹介しますね。




ワイキキのビーチに魚っているの?

ワイキキのビーチ(ワイキキビーチではないです、詳しい場所は後で解説します)に魚、結構いますよ、まずはこの動画の、6分30秒あたりから御覧ください。

女性が餌を海に投げていますが、かなりの数の魚が集まって来てるのが確認できると思います。

チャンネル登録はこちら

 

餌を投げなくても、このあたりのビーチなら高頻度で魚が泳いでる様子を確認できます、小さい魚なら普通に泳いでるし(しかも逃げない)結構大きい魚も見ることが出来ますよ。

このビーチは比較的水が綺麗なんで、肉眼でも魚を見ることが出来ます。

場所はワイキキビーチの隣、クヒオビーチ

それでは、場所ですが、この動画の撮影場所はワイキキビーチのとなりのクヒオビーチにある、波消しブロックに囲まれた場所です。

地図だとここです

波消しブロックに囲まれたエリアが、オススメのシュノーケリングスポットです。

 

DFSギャラリアの前から距離を測ると約1キロの距離です、全然歩いていける距離にあります。

 



シュノーケリングしても危険じゃない?子供でも大丈夫?泳ぐの苦手なんだけど

波消しブロックに囲まれたエリアならとても安全です、まず波が緩やかなので(全く無いわけじゃない)溺れる心配は無いし

潮が引いてる時間なら、最も深いところで(波消しブロックより内側です)大人の腰の部分くらいまでしか深さはありません。

なので、小さい子供や、泳ぐのが苦手な人でも安心して遊べると思いますよ。

 

クヒオビーチの様子をもっと詳しく確認したい方はこの動画をどうぞ、ビーチの雰囲気がわかりやすいと思います。

↓↓↓

 



クヒオビーチじゃなくてワイキキビーチに魚はいないの?

クヒオビーチに魚がいることはわかったけど、でも、ちょっと遠いよね・・・・近いんだし、ワイキキビーチにも魚がいるんじゃない?

って思った方もいらっしゃると思います。

正直に言うと、ワイキキビーチは一度しか行ったことがなくて、あまり記憶に無いのですが(最近はずっと静かなクヒオビーチばかりなのです)

魚は少しいましたが、とにかくワイキキビーチは人が多いので、落ち着いてシュノーケリング出来ないんじゃないかな?って思います。

人の多さは、日本の海水浴のそれを想像してもらえば、だいたい合ってるかと・・・・

人がわんさかいると、魚も逃げちゃいますしね、あまり適して無いんじゃないかな?って思います。

クヒオビーチは水が綺麗だし、人が少ないので落ち着いていますよ、ワイキキビーチはサンオイルが漂ってるイメージが強くて、全く行かないです

シュノーケリング用具忘れたけどハワイで買える?

ハワイで買えますよ。

ABCストアにも売っていますし、アラモアナのターゲットに行けばかなり豊富な種類が売っています。

これはターゲットの写真です。

ただ、日本で買うより、ちょっと高いかなぁ?・・・・・って気もしますが・・・・

 



シュノーケリング用具のレンタルはできるの?

出来ますよ。

クヒオビーチのすぐ近くにある、シャカ・ファンデーションというテントでレンタル可能です。

場所はここです

料金はこんな感じ(料金は変更になるかもしれません)

・マスク+シュノーケル 1時間7ドル/1日20ドル

・マスク+シュノーケル+フィン 1時間10ドル/1日25ドル

買った方が早いかも・・・・って値段ですね。

 

ただ、このレンタルショップ、日本語が通じません(看板には日本語が書いてあるんスけどね・・・)、僕が利用した時は英語オンリーでした。

受け付けで数、レンタル時間を伝えると、ファミリーネーム、宿泊ホテル名、号室を聞かれます、その後で現金でお金を払うと借りられました。

 

その時に借りたのはスタンアップパドルですが、参考リンク貼っておきますね。

ワイキキビーチで安くスタンドアップパドル(SUP)をレンタルして楽しもう

 

というわけで今回は、ワイキキのオススメシュノーケリングスポットの紹介でした。

それでは。

 

ガイドブックには載っていないハワイに関する情報はこちらにまとめてあります

↓↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます