こんにちはヤニックです

 

この記事は初めてハワイに行く方の為の情報です

日本とハワイとの習慣や常識の違いに戸惑うこともあるので書いていきます

今回はハワイのビーチ利用方法やルールに関して

日本と違う点を書いていきます

日本のビーチと言えば、海の家、駐車場、個室シャワーなどがあって

お金を払えば利用でき、食事も出来るしお酒も飲めますが

ハワイのビーチにはそんな便利なものはありません。

あるのはすべて公共の設備です。

 

高級ホテルに泊まればまた話は別ですけどね

プライベートビーチがあって日本以上のサービスが受けられると思いますが

今回は、高級ホテルの話は無しで、公共のビーチに限っての話です。

 

スポンサードリンク

 

トイレ、シャワーは無料、更衣室、ロッカーは無いと思ったほうが良い

ハワイの有名なビーチ全般に言えることですが

トイレ、シャワーはどこも設置されていてしかも無料です。

ですが、個室シャワーなんてものはありません。

野良シャワーです、しかも口が複数あるので他の方と共有です。

あとお湯はでません、水です。

水は蛇口をひねれば出ます、かなり勢いがあって気持ちがいいです。

 

ロッカー、更衣室は無いと思ったほうが良い・・というか無いです

ワイキキビーチには有料のコインロッカーがあるらしいんですが

僕は一度も使ったことが無いです。

なので貴重品は絶対に持っていかないようにしてください

お金も最小限にして、最悪盗られてもいい金額で

 

着替えに関しては男は腰にバスタオル巻いて男らしく着替えてください

女性はトイレで着替えるとか、工夫が必要です。

 

ワイキキビーチとかホテルの近くにあるビーチを利用するなら

水着で出かけて、水着で部屋に戻るとかは全然アリです。

ワイキキでは水着姿の人をたくさん見かけます

水着のままABCストアに寄ったりもできます。

 

ただ、ドレスコードがゆるゆるのハワイでも

水着では入店できない店は多いので、そこそこのレストランは

入店拒否される可能性があるのだけは覚えておきましょう

バーガーキングとかのファーストフードなら大丈夫

 

スポンサードリンク

 

パラソルなどのレンタルがあるのはワイキキビーチ

日本のビーチであれば、パラソルをレンタルする人が多いと思いますが

そういうのはワイキキくらいでしか見かけたことないです

カイルアビーチや、アラモアナビーチでは見たことないです

(探せばあるかもだけど使ってる人はまずいない)

カイルアビーチ

ラニカイビーチ

ハレイワ・アリイ・ビーチパーク

アラモアナビーチパーク

クヒオ・ビーチ・パーク(ワイキキビーチ)

 

なので直射日光を受けるのが嫌な人は

ヤシの木の下に陣取るのがオススメ

ABCストアで売ってるゴザかバスタオルは必須アイテム

 

スポンサードリンク

 

ビーチでの飲酒・喫煙はダメ・ゼッタイ

あと日本と違う点として飲酒、喫煙はNGです。

食事はOKなので、テイクアウトしたものを食べるとかは出来ます。

(ゴミ箱も大抵設置されています)

飲酒、喫煙は見つかると罰金を取られることもあるので絶対に止めましょう

 

関連記事

ハワイ、知っておきたいお酒に関するルールとマナー

 

ハワイのビーチは感覚的に日本の公園に近いですね

必要なものは自分で揃えて遊びに出かけないとです。

と言っても、先程も書きましたが、ホテルの近くのビーチなら

ゴザかバスタオル、お水くらいあれば十分です。

 

野良シャワーも慣れれば気持ちが良いですしね。

そこは開放的なハワイってことで

日本より不便な部分は多いかもしれませんが

それ以上のものがあるので、楽しいですよ。

日本にはない青くて高い空があればそれだけで満足なのです

虹も見れますよ

 

動画の解説もしています、合わせてこちらもどうぞ

 

関連記事

ワイキキビーチで安くスタンドアップパドル(SUP)をレンタルして楽しもう

ガイドブックには載っていないハワイに関する情報はこちらにまとめてあります

↓↓↓↓

 

スポンサードリンク

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます