こんにちはヤニックです

 

ハワイの長期滞在をする際、絶対に欠かせない荷物(常備薬)があります。

それは

 

浣腸

 

いや、笑うかもしれないけど

これ結構重要な問題ですよ。

アメリカの浣腸見たことあります?

 

エグいですよ・・・

cimg5082

ハイこれ

cimg5081

箱の絵がシュールです。

cimg5080

英語ではエネマです。

 

クヒオファーマシーやロングスドラッグに売っています。



非常に使いにくいアメリカの浣腸!!

ちょっと想像してみてくださいよ

このデカさの浣腸を・・・・

便座に座ったまま、うまいこと肛門に挿入するのは

 

結構難しいです

 

というか

そもそも、日本のもののように

便座に座ったまま使うように出来ていません

だってホラ、説明書を見てごらんよ

この奇妙な挿入スタイル(なぜ全裸なのか?)

 

これがアメリカンスタイルだ!!

 

とでも言わんばかりの

屈辱的なスタイルで、浣腸しなければいけません

まぁ・・・僕は・・・コホン

無理やり便座に座って浣腸しましたけど・・・

 

日本の、手のひらサイズのかわいい浣腸が

どれだけ使いやすいか、この時身をもって知りました。



出ないのはささやかなストレス

ハワイに行けば自然と普段あまりたべない肉やポテトなど

欧米食中心になるので、便は硬くなります。

 

僕は日本にいる時はスルスル出ますが。

ハワイにいくと100%カッチカチになって

うんともすんとも、でなくなります。

 

無理して出そうとすると、肛門が切れてしまうし。

初めて長期滞在した時は、ほんと苦労しました。

んで、どうしても出ないから、苦肉の策でさっきの浣腸ですよ。

 

普段、浣腸なんて全然しないのに、あのデカさだったから

いろんな意味でショックでした・・・

 

普段から、スルスル出る身としては

出なくなるのは

 

ささやかなストレス

 

常に腸に物が溜まってるような

重い感覚は、ストレス以外、何者でもないですね。

ささやかなストレスを抱えて、旅行するのも面白くないし。

それ以来、日本から必ず浣腸を持参するようになりました。

 

日本の浣腸は小さいので大した荷物にはなりません

一週間以上の滞在を計画しているのでしたら。

ここは1つ、お守りと思って、持っていくことをオススメします。

 

ガイドブックには載っていないハワイに関する情報はこちらにまとめてあります

↓↓↓↓



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます