こんにちは、奈月です。

 

台湾・台北中心の旅行に行ってきましたが。

台湾で最初に苦戦した、台北駅のグルメについて書きたいと思います。

 

下調べナシで訪れた台北駅で、「地下に食べ物屋さんあるでしょ~」と名古屋の地下街みたいなイメージで地下へ降りて行って、なかなかご飯屋さんを見つけられず大変だったんですよね・・。

でも実は、台北駅の駅ビルにはフードコートが4つもあってグルメが充実。

台湾の夜市っぽいグルメも楽しめちゃうんですよ♪




台北駅・フードコートの様子を動画で確認する

台北駅やフードコートの様子を動画で確認したい方はこちらをどうぞ

チャンネル登録はこちら

3分あたりから台北駅の様子が収録されています

 



台北駅ビルのフードコートは「微風台北車站」内

台北駅ビルのフードコートは「微風台北車站」内となっています。

微風というのは、台湾の百貨店・ショッピングセンターの1つなんですって。

日本で言う三越とか高島屋みたいなもんですかね~?

 

フードコートは駅ビルの2Fに全てありますが、それぞれテーマごとに4つに分かれて点在しています。

電子ガイドの分かりやすい見取り図が設置されていましたよ。↓

真ん中は吹き抜け、赤字で書いた部分が4つのテーマのフードコートです。

 

フードコート以外のレストランもかなりの数が入っていて、2Fは食事をするための場所という感じの造りになっているので、ご飯を食べに寄るには選択肢が多くて良いです。

2Fに気付かずに地下に行ったのが、ちょっと信じられません。

別日に台北駅に遊びに行って、2Fの食事の充実っぷりにかなり悔しい思いをしましたよ。(地下の食事処は、かなり遠い上にお店も少なかったので・・)

 

台北駅周辺で食事をしたい場合は、台北駅の2Fに行ってみる

 

コレ、声を大にして言っておきます(笑)

テーマごとのフードコートが面白い

最初、フードコートを発見した時「同じようなお店ばかりだな~」と思ったんですけど、それもそのはず。

先ほども書きましたけど、台北駅ビル内のフードコートは、テーマごとに4つに分かれているんですよね。

 

それぞれのフードコートには、だいたい4~6店ずつ同じテーマのお店が入っているみたいでした。

では、テーマごとにフードコートの様子を見ていきましょう。

夜市グルメがテーマの「台湾夜市」

まずは、台湾の夜市がイメージのフードコート。

フードコートの名前もそのまま「台湾夜市」です。

写真で気付きましたけど、なんとまぁスタイリッシュな看板だこと。

 

台湾に来ているなーって感じのご飯が食べられるので、観光客の人が多そうでした。

夜市グルメの中でも、食べ歩きできる軽食っぽいものというよりは、魯肉飯とか排骨飯、牡蠣オムレツ等が食べられるお店が入っているイメージで行くと良いかな。

 

私達もこちらに入っている「萬年排骨麺老店」でランチしましたが、ローカルっぽい定食が頂けて台湾気分UPしましたよ。

牛肉麺パラダイス「牛肉麺競技館」

続いて、牛肉麺のお店ばかりが集まったフードコート。

牛肉麺も台湾の代表的な食べ物って感じなので、ここも観光客には面白いかも知れませんね。

 

私は牛肉麺がよく分かっていなかったので、ここのフードコートを見たとき「ラーメン専門のフードコートだ!」ととっさに思ってしまいましたけど(^^;)

なぜか料理の鉄人を思い出した「牛肉麺競技館」の看板。

 

フードコートの名前から、期間限定で各店が競い合うみたいな感じのイベントスペースかと思ったんですけど、常設のフードコートなんですって。

牛肉麺を色々食べ比べてみたい人にも、便利なフードコートですね。

各国料理が楽しめる「美食共和国」

続いて、各国料理が楽しめるフードコート「美食共和国」

オムライスやステーキ、韓国料理など色々な国ご飯屋さんがありましたよ。

あとマレーシアで食べたような、チキンライスを置いてるお店もありましたね。

 

私は観光客なので台湾に来てまでは・・と思って、写真も撮らなかったんですけど、長期滞在の人には良いのかも知れません。

まさかのカレー専門フードコート「咖哩皇宮」

最後4つ目はカレー屋さんばかりが入ったフードコート。

カレー好きにはたまらない場所だと思います。

 

ただ、半分くらいは日本式のカレー屋さんと書いてありましたが、名古屋人の旦那もビックリの名古屋カレーがあったりします(笑)

台湾に来てまで・・と美食共和国に続いて思ったんですけど、逆に興味をそそられる場所でした。

 



台北駅フードコートの基本情報

テーマごとに分かれている台北駅のフードコート、食べたいものが決まっている人には便利で良いですよね。

私達は決めずに行ったので、4つとも巡って気になるフードコートに入りましたけど、次からは決め打ちで行けそう。

ついでに寄るだけじゃなく、ここを目的地に遊びに来るのも面白そうだなと思いました。

 

では最後に、フードコートの基本情報を記しておきます。

 

住所:台北市中正區北平西路3(フードコートは台台北駅2F部分)

営業時間:10~22時

定休日:なし

公式HP(日本語):微風台北車站(Breeze Taipei Station)

※基本情報は変更になる場合があります。

フードコートがあるのは、地下鉄(MRT)台北駅じゃなくて、台台北駅の方なので注意してくださいね。

 

あ、そうそう。

私がフードコートに行ったのは、土曜日12時半頃だったんですけど、4つのフードコート全てかなり混雑していました。

座る場所を探すのが大変なくらいの繁盛っぷりでしたよ。

台北駅のフードコートを目当てに行かれる場合は、平日の方が断然オススメです。

 

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます