こんにちは現在フィリピン・セブ島のサウスピークに英語留学中のヤニックです

セブ島英語留学の体験記をなるべく書いて行こうと思います。




とにかく寝るのが好きなフィリピン人

今日で五日目、生活にも大分慣れてきました、一番嫌なのは体調不良なので、なるべく無理しないで、寝る時間を確保するようにしています。

初日こそ、あまり寝られませんでしたが、最近は22時にはもう夢の中です、朝の六時までしっかり寝ています、余談ですが、講師とのレッスンの前に、ちょっとしたフリートークが毎回あるんですけど。

 

「今日の調子はどう?」

「たくさん寝たから大丈夫」

「何時間寝たの?」

「8時間くらい」

 

って答えると、いつも驚かれます、なぜだか知らないけど、フィリピンでは日本人はあまり寝ない人種と思われてるみたいですね、なんでだろ?忙しいイメージなんかな?

そして、こうも言われます

 

「フィリピン人はもっと寝るけどね(ドヤ顔)」

 

お、おお・・・・寝るのが好きな人種なんすかね?

僕の中でもっとも大変なレッスン

さて昨日は、1つ1つのレッスンを掘り下げて書いたのでその続き、僕の中でもっともタフな授業

 

4Sのレッスンについて。

 

4Sは4スキルの略で、読む、書く、聞く、しゃべるを満遍なく学ぶ授業ですが、そのせいかとにかく内容が濃いのです。

最初は、課題のリーディング、主に発音を指摘されます。

まぁ、これは発音に注意して読むだけだから全然大丈夫、予習をしっかりこなしていればノープロブレムな箇所です

 

次に、暗記してきた2つの文章を何も見ないでしゃべります、これが結構大変です、というのも、単語を思い出しながらしゃべると、発音がおろそかになるし、発音をちゃんとやろうとすると暗唱がおろそかになるからです。

この2つを両立するには、かなりの量をしゃべって叩き込まないとなんですけど、限られた時間でそこまでもっていくのは、今の僕にはまだ無理そうです、でも、将来的にはできないとだなぁ・・・とも思っています。

 

次に、事前に自分が作ってきた英作文の文法を講師がチェックしてくれます、この英作文を作るのが結構しんどくて、指定のワードを織り交ぜて作文しなければいけないので、シチュエーションも限られるし、かといって、英作文の引き出しは無いし・・・で

限られた(しいかも少ない)ボキャブラリーから英作文をひねり出すのは毎回骨が折れます

授業の前夜にいつも作っていますが、これが中々ハードな作業になります。

作文さえできてしまえば、授業では読むだけなので、発音さえ気を付けていれば、あとは文法を指摘されるだけです。

ホワイトボードで文法を教えてくれます(講師によるかも)

専門的な文法用語がたくさん出てくるので、事前に予習してくと良いと思います、知らないと結構焦ります(その場で辞書を使うこともできます。)

 



即興英作文が一番しんどい

 

 

一番しんどいのが最後の即興英作文です、これマジで辛いっす。

ある単語を指定されて、すぐにその場で口頭で英作文しないといけません、例えば

 

「want toを使って作文してね」

 

みたいな

いや

「I want to play golf.」

みたいな文章作ってたら呆れられますからね

 

いつも

 

「長い文章でね(笑顔)」

 

って言われるのが何よりきついです。

はい、マジでキツんですこれ・・・・

まぁでもやらないと終わらないし、何より、考えてる時の沈黙の時間が何より嫌なので、とにかく適当に作り始めます。

英作文が終わると、最後に発音と文法をチェックしてくれます。

即興英作文分を講師が書き写してくれます、即興なので文法間違えまくりです。

 

これで1セットです・・・・・

 

ええ、もちろん

 

これが3セットありますよ

 

3セット終わるころのは脳疲れが半端ないっす

とにかく脳が疲れる授業ですがとても勉強になります、その名の通り

 

読む、書く、聞く、しゃべるを満遍なく学べる授業です

 

この授業だけでもいいから、帰国後も継続して受講したいくらいです

予習、復習の時間もこの授業が一番時間使いますしね。

たしかにしんどいんですけど、それだけに身になることも多いので、1年も続ければかなり英語が上達するんじゃないかな?って思いますよ。

 

続く

サウスピークのベーシックスピーキング(英会話)の体験記をブログに書く

 

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます