こんにちは現在フィリピン・セブ島にあるサウスピークに英語留学中のヤニックです

今回は生活面に関してなるべく細かく書いて行こうと思います。

 

最初に書いておきますけど、ホテルとは違いますので、日本のホテル並のクオリティを期待するなら、それはだいぶ的外れです

他を当たった方が良いと思います。

ホテルというより寮に近いです。

体験したのはオリジナル校になります




サウスピークでの食事

食事に関しては僕はなんの不満もありませんでした。

味の好みは人それぞれなので、むつかしいですけど、僕の意見を言うなら、美味しかったです。

途中から日本人にシェフが変わったとかで、変わってからは格段に日本人の口に合うご飯になりました、他の生徒からもかなりおいしくなったと好評でしたし。

おかずはみんな同じです

チキンカレーっぽいやつがうまかったなぁ・・・

ご飯は好きなだけ取れます

朝食はパンも出てきます

トースターもあります

ジャムやバターもありますよ。

 

別に美味いもの食べに来ているわけじゃないので、こんなもんかなって気もしますね、どうしても口に合わなければ、周辺にいろんな店があるので、そこに通っても良いと思いますけど。

近くにかなりいい感じの店が何軒かあります、600円くらいで食べられます。

 

その分お金はかかりますよね、と言っても日本よりだいぶお手頃ですが。

フィリピン人講師に話を聞けば美味しい店はいくらでも教えてくれるので、そういうのが好きな人は外で食べても良いんじゃないかと思いました。

日本の食事に圧倒的に劣るのは米の味と、肉の硬さかなぁ・・・・味付けは普通にうまいっすよ、慣れればこっちのお米も結構うまいもんですが、気になる人は日本からふりかけとか、色々持っていくと良いと思います。

トイレ・お風呂

お風呂は当然無いです、シャワーのみ、湯船に浸からないと死んじゃうって人は長期の滞在は厳しいかもですね

勢いもそんなに無しい、シャワー室もそれほど広くないし、使い勝手もいいわけじゃないです。

トイレは日本とさほど変わらないですが、当然ウォシュレットはありません。

どうしても必要な人は携帯ウォシュレット必須です。

 

トイレで一番驚くのは紙が便器に流せないことくらいです。(ここに限ったことでは無いですが)

 

最初は間違えて何度か流しちゃいましたが、すぐに慣れます。

使用した紙はゴミ箱にほうり投げていくスタイルです、最初こそ、他の人の使用後のものが入ってるとか嫌でしたけど、別に匂うわけじゃないし、これもすぐに慣れました。

 

あと、入学のしおりには歯磨きや、シャワーの時に、絶対に水道水を口に含まないでください、と書かれていて、これも最初忘れてて何度かやっちゃったんですけど、全然平気でした

同居の人も平気で水道水で歯磨きしてましたし。

基本的には大丈夫なんでしょうけど、お腹が弱い人は気をつけた方が良いかもしんないです

余談ですが近くに薬局もあるので、いろいろ買うことが出来ます

歯ブラシの種類がかなり豊富でした。

 



虫とか

虫に関して、実は僕が一番気になってたところです、特に暑いところに出てくるGですよね。

今のところ二週間生活していますが、生活圏内で見たことはありません。

部屋にも居ないし、食堂でも見かけません。

階段で一度見かけたことがあるだけなので、思ってた以上に少ないです。

 

あとハエとか、細かい虫も建物が高いからか、そこまで気にならないです、日本の夏とそんな変わらないです。

夜、外に出れば、何匹か寄ってくるのはうざいですけどね、フィリピンだからって特に多いとは思いません。

あと、よく建物の壁を小さなヤモリが歩いています。

彼らは可愛いので、個人的には癒しの存在です。

掃除とか

部屋の掃除は週2回実施してくれます、ごみは毎日回収してくれます、必要十分かなって感じで、床とかきちんと掃除してくれますね。

僕は特に不満を感じませんでしたが、女性に話を聞くと、細かいところまで掃除が行き届いていないと感じるようです、男女の違いですね、男は見えるところだけきれいなら、それ以上何も思いませんが、女性は細かいところが気になるようです。

校内も清掃が行き届いてるので特に不潔感を感じたことは無いです、食堂のテーブルも毎食後おばちゃんが拭いてくれるのできれいですしね。

暑さとか

学内はエアコンが効いてる場所が多いので基本的には快適です、ただ、エアコンが付いていない時間で、スコールが降ると一気にジメジメして不快指数は急上昇します。

たまになんで、そんな気になんないですけど、それに当たるとかなり不快です。

 

そういう時は自室や自習室に籠るのが一番です、エアコンが効いてて涼しいです。

あと、夜はエアコンかけなくても普通に寝られます、日本の夏よりはるかに快適です。

ただ、、部屋のすぐ外に室外機があると、夜中ずっと音がするので、地味にうるさいです

耳栓すれば結構静かになるので、僕は耳栓必須でした。

 



洗濯に関して

洗濯は火木土の週三回受け付けてくれます、紙を書いてランドリー室にもっていくだけなので簡単です、受け取りは次回のランドリーの時に受け取れます。

きちっとたたんでくれているので、かなりちゃんとしてると思いました。

きっちりたたまれています。

 

ただ、紛失もちらほらあるみたいなので(その場合は一部返金されます)学校にもっていく服は、そんなにいい服はもって行かない方が良いです、学内もみんな、かなりラフな格好で過ごしているので、安っぽいTシャツとかでも全然問題ありません。

現地で安い服を購入して使い捨てするのもありなんじゃないかな?って思いました。

ネット環境に関して

この学校のポリシーで、食堂以外では意図的にネットが使えないようになっています。

食堂に行けば、割と快適にいつでもつなげることができます。

 

自室には電波は届きません、なので、娯楽をもっていかないと、自室では寝るか、勉強するくらいしかやることはありません、まぁでも、勉強しに来てるんで、僕はそれでい良いと思っているし不満もありません。

自室にいるととにかくやることが無いので

 

じゃあ、勉強しようっか

 

ってかなり集中して勉強に取り組めますよ。

ひたすら勉強したい人は、娯楽は持ち込まない方が良いと思います

僕は小説を二冊だけ持ち込みましたが、、結局全然読んでもいません。

 



その他

その他で少し驚いたことを書いて行きます

学内でやたら「フィリピン人講師は匂いに敏感なんで」というアナウンスを目にします。

遠回しに言っていますがようは口臭や体臭に気をつけろと言うわけです

講師は20代の若い女性が多いので、フィリピン人講師に限らずとも最低限のエチケットは気にした方が良いと思います。

 

レッスンは半畳ほどしかない部屋でマンツーマンで行われるので。

汗の匂いや、タバコのにおいの中で1時間も相対するのは逆の立場だったら嫌でしょうし。

普段はお昼に歯を磨かないですが、学内では磨くようにしました。

服も細目に変えて、気になる人は香水を持っていくのをおススメします。

 

次に女性陣の意見ですが、部屋に備え付けられているドライヤーが小型なので髪が乾くのにかなり時間がかかるとの事、気になる人は日本から持っていくとい良いですが、その場合、変圧器も持って行かないといけないので、荷物は増えてしまいます。

 

たまたま、かもしれないですけど、今回の滞在中に、すぐ近くで村の祭りがおこなわれていました、この祭りというのが爆音で音楽をかけまくるので、かなりうるさいです、近隣の事は一切考えないんでしょうね。

しかも、深夜二時ごろまで音が響いていました、まぁ一時的なことなので我慢するしかないですね、学校側からも「お祭りなのでどうすることもできない」というアナウンスがありましたし。

 

特に大きな不満も無く、思った以上に快適に過ごしています。

 

続く

本気留学?サウスピークに入学してもTOEICが伸びない人の3つの特徴

 

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます