こんにちはヤニックです。

 

この記事は初めてハワイに行く方の為の情報です

日本とハワイとの習慣や常識の違いに戸惑うこともあるので書いていきます

 

ハワイ旅行をしていればレイを貰う機会がままあります。

そしてハワイでもらうレイは生花のレイが多いですね。

(貝殻や木の実の場合もありますが)

ヒルトンのルアウショーで生花のレイをもらいました

 

もらった時は、うわぁ、ハワイっぽい・・・

でテンション上がりますけど

ホテルに戻った時にこう思ったことないですか?

 

「このレイ・・・いったいどのように扱えば・・・・」

 

日本には持って帰れないし。

かと言ってゴミ箱に捨てるのもくれた人の心を踏みにじるようで嫌だし

でも、持ってるとどんどん変色していくし・・・・・

 

生花のレイはどのように扱うのが最善なのでしょう?




レイをゴミ箱に捨ててはいけません

ハワイの人にとってレイはアイデンティティの1つです

ハワイの知事や、重要な役柄の人達が公の場でも身に着けていますよね?

現地の人にとってはそれくらい深く意味のあるもので

単なる、観光客向けのサービスではありません。

 

非常に大切にしているものなので、ゴミ箱に捨てるのは

相手の気持ちを踏みにじる行為です、止めましょう。

ハワイのものはハワイに還す、糸をほどいて土に還しましょう

一番いいのは、ハワイのものはハワイに還すことです

糸をほどいて、花を土に還せば自然に還ります。

ハワイではレイを土に還すのが基本です。

カピオラニ公園は木が多いので還すのにうってつけの場所ですね

 



デュークカハナモク像に捧げる

もう1つの方法として、デュークカハナモク像に捧げるという方法

これは、現地の日本人から聞いた話ですが

忙しい観光客は土のあるところまでレイを持っていけない人もいて

(ワイキキ周辺で土を見つけるは意外と難しい)

代わりにデュークカハナモク像に捧げるわけですね

 

捧げられたレイはちゃんと定期的に回収されて、土に還されるので

忙しい方はデュークカハナモク像に捧げましょう。

写真が暗くて申し訳ないです・・・・これしかなくて(;´Д`)

 

足元にレイが置いてあることがよくありますよ。

手にかかってるのもレイですね。

ワイキキ交番のすぐ横のパワースポットに捧げる

最後に、我が家の場合はいつも

ワイキキ交番のすぐ横の魔法石に捧げています。

ここパワースポットなのだそうです(嫁曰く)

なんでもこの石が魔法石なのだとか・・・・

 

グーグルマップで見たら

「Public Art “The Stones of Life」となっています

「生命の石」ですかね?

 

まぁ、とにかく、我が家はこの石にいつもレイを捧げています。

写真にもあるように、ここにレイを捧げる人も少なくないですね。

パワースポットにあやかりたいのでしょうね。

 

ガイドブックには載っていない

現地で遭遇した困ったことをまとめてみました

↓↓↓↓

ハワイのガイドブックには載らない、12のハワイで困ったこと驚いたこと

 

ガイドブックには載っていないハワイに関する情報はこちらにまとめてあります

↓↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます