こんにちはヤニックです

 

ブログ読者さんから質問をいただきました。

ハワイ旅行の長期滞在に現金はいくら準備すればいいですか?

という質問でしたが、そのお話をする前に。

 

僕と嫁は二人共、現金派なので、その話を先にしないといけないですね。

特にアメリカであるハワイでの決済はクレジットカードが主流で

現金派はマイノリティ(少数派)です。

なので、僕がこれから書くことは、少数派の意見として捉えてください。

 

先日も、友人とハワイ旅行に行きましたが、友人は基本クレジット決済

僕たちは常に現金決済でとても対称的でした。

 

あ、この話長くなりそうなので、先に質問の解答を書いておきます

僕達は3週間の滞在で2100ドル用意します。

二人で一日あたり100ドルの計算ですね。

 

オプショナルツアーだけはクレジットカードを使うので。

現金の使用用途はほとんどが食費であとは雑費、お土産ですね。




旅行は現金派の理由

僕が現金決済をする理由はただ1つ

出入金の管理が楽だからです。

 

 

超、めんどくさがりなんです

 

めんどくさいの大っ嫌い

ちまちまお金の管理とかしたくありません。

いくら使った・・・なんていちいち考えるのもめんどくさい

だからといって、お金の管理は蔑ろに出来ません。

個人事業営んでいる身として

いくらめんどくさがりの僕でも、そこだけはきちんとやります。

 

んで

 

クレジットカードですが、使う時は楽で良いんですが

結局帰ってきてから、いくら使ったか計算しないといけない

この

 

帰ってきてから計算がめんどくさい

 

帰ってきたら終わったあとのことなんか考えたくないです

終わったことなんで、余計めんどくさく感じます

 

先程の友人は、クレジットカードの利用を計算してくれる

スマホアプリを使えば楽だよ・・・とは教えてくれましたが

そのアプリの使い方を覚えるのもめんどくさい

 

だから現金なんです。

「旅行資金として2100ドル用意した」としてその2100ドルを

 

使ったことにすれば

 

もうそれで出金の計算は終わりです。

一発で終了、楽ちんです、計算ミスも無い

 

余った分は次の旅行の為に留保しておけばいいだけです

500ドル余ったのなら、次回の時に1600ドル買い足すだけです。

感覚的には、旅行の為の財布が別にあるという感じです。

 

余談ですが、我が家にはこの別財布がいっぱいあります。

食費のための財布、夫婦のお小遣いを入れる財布

事業の為の財布。

 

全部使い方は同じです。

足りない分を月に一回補充する、補充した金額は

「使ったことにする」こうすれば細かい管理から解き放たれます

日本円とドル半々で持っていくのもあり

というわけなので、僕の書くことは現金派の人にしか

ピンと来ない話になってしまって恐縮なんですが

仮にこれを読んでるあなたが現金派として

 

ドルが余っちゃうのは困る

 

という人かもしれません。

それほど頻繁にハワイに行かないから

余っても使いみちが無いんですけど・・・・となるかもしれない

 

それなら日本円とドルを半々で持っていくとか

3週間なら1000ドルと10万円を持っていくとかですよね。

現地でちょこちょこ換金して、ドルをあまり余らせない

ようにするというのもアリだと思います。

 



両替の内訳

用意する2100ドルの内訳ですが

僕たちは銀行で両替するのでいつも300ドルパックを7つ買います。

300ドルパックの内訳は、すみません忘れてしまったのですが

なぜ、300ドルパックかというと、100ドル紙幣が入っていないからです。

 

ここでも書きましたが

↓↓↓

ハワイ旅行、お金や空港に関する豆知識や困ったこと③

 

100ドル紙幣は使いにくいから、なるべく手に入れたくないんです。

 

銀行には500ドルパックというのもあるのですが

それには100ドル紙幣が入っていてちょっと使いにくい

だから300ドルパックですね。

二人で一日100ドルで足りるのか?少なくない?

冒頭で一日100ドル計算で、とは書きましたが

多分

 

「思ったより少ない」と感じた人もいるかもしれません

 

もちろん、新婚旅行や短期滞在で、この計算だと全然足りないです

観光やグルメをしっかり堪能するなら

これの倍は必要だと思います。

 

でも、長期滞在って、そんな観光ばかりするわけじゃないし

豪華なレストラン入り浸るわけでもありません。

日によっては非常に質素な日もあります。

 

朝から海でのんびりして

午後からカフェで本読んで

なんてしてればほとんどお金を使いません。

食事も、ランチプレートを二人で分ければ十分です

(メチャクチャ量が多いので)

 

夜はファーマーズマーケットで買った惣菜を

コンドミニアムの部屋で食べるとか

朝はパンを焼いて食べるとかすれば

食費はそれほどかかりません

キングスビレッジのファーマーズマーケットで買ってきた惣菜を

お部屋で食べます、これで三人前ですがお腹いっぱいになります。

一人10ドルかかりません。

 

キングスビレッジのファーマーズマーケットは個人的に好きな場所です

↓↓↓↓

キングスビレッジのファーマーズマーケットがオススメの理由

 

質素な食事でも、ラナイで食事をするだけで幸せになれるのがハワイという場所です。

ハイアットのファーマーズマーケットで買える

このグアバパンは絶品です、売り切れるのが早いでの

見かけたら買ってみてください。

 

もちろん、観光も楽しむこともあるし

豪華な食事をすることもあります

朝からホテルのレストランに行くこともありますよ。

そこはメリハリつけてるわけですね。

 

それだったら、二人で一日100ドルはちょうど良いくらいです

(冒頭にも書きましたが、オプショナルツアーはクレジットカード使います。)

 

長期滞在中、ずっと観光していたいとか

ずっとレストランで食事したいとかでしたら

もっと持っていくのが良いと思いますが。

ずっと観光とか、ずっとレストランってのも案外疲れるもんですよ。

長期滞在は適度に休みながら、が良いですね。

 

旅行記書いています

↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます