こんにちはヤニックです

 

毎年恒例のハワイ長期滞在が近づいてきましたが、今年は、新しいデバイスを投入しようと、ちょっと前から画策していました・・・それは

 

ハワイできれいな4K動画を撮影したい!!

 

それは、YouTubeを見ていた時の事です、プロでも無い、一般の方が、すごくきれいな外国の動画を4K画質でアップロードしているのを見つけました。

一般人でも、こんなにきれいな動画がYouTubeにアップ出来るものなのか!!と、ひどく驚いたものです。今の時代、画質だけで言えば、プロと素人の差はほとんど無くなってるような気がしますね(撮影技術や演出力は雲泥の差だけど)

 

ハワイでこんなきれいな動画撮れたら良いだろうなぁ・・・(●´∀`).。o○はわわわわぁ・・・

 

って妄想が止まらなくなって、そして一念発起

 

よし、オレも撮影しよう!!

 

というわけで、今回は、ハワイで4K動画を撮りまくる準備編をお届けします。

 

スポンサードリンク

 

YouTuberが実際使ってるカメラをねっとり調べてみた

さっそく行動開始です、僕はカメラや、電子デバイスにはとんと疎く、知識がまったくありません、なので、画質がきれいな動画を上げているYouTuberさんの使用機材を、ねっとり、粘着質に調べていると、1つの機種にぶち当たりました

 

それがこれ

↓↓↓

パナソニックのミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5、通称”GH5”このカメラで動画撮影している人が多く、また絶賛している人が多数いることがわかりました・・・実際にアップロードされている画質もとてもキレイです。

うん・・・

でも・・・

 

 

でかいな(´・ω・`)コレジャイヤ

 

 

僕は、かさばるとか、重いとか、そういうの大嫌いです「旅は身軽に」「まるで寅さんのように」が信条、重たい荷物をえっちらおっちら持ち歩くのは好きじゃありません。

僕の性格上、重たい荷物だと、そのうち持ち運ばなくなって、使わなくなるのが目に見えています。

小さくて軽くて、きれいな動画が、撮れるもの!!コレじゃないと絶対にそのうち嫌になって、お金をドブに捨てることになります

 

んで、さらにねっとり、粘着質に調べると、今度はGOPROという機種にぶち当たりました。

 

おお、これ良いじゃない!!

 

サイズは、なんと名刺サイズ、しかも重量は約110g、GH5の6分の1の重さです。画質もかなりキレイに撮れるみたいで、まさに僕が探していた機種でした。

 

スポンサードリンク

 

GOPROの弱点

ただし、GOPROには弱点がありました、内蔵マイクがしょぼくて、音質が悪いのです、画質ばかりに気を取られていましたが、よく考えたら、音質も重要な要素だと気づきました。

動画だけを撮影するなら、音質へのこだわりはイラナイと思いますが、僕は撮影しながら喋るスタイルで撮りたいので、音質も重要なんです

 

再度ねっとり調べると・・・・

 

音声は別撮りすれば大丈夫、ということがわかりました、しかも別撮り用のマイクはすごく小さくて、体に装着してても気にならないそうなので、僕の嗜好とマッチしています。

 

というわけで、以下の4点を、サクサクとポチポチしました

↓↓↓

GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

散々悩んだ挙句GOPROに決めましたが、テスト撮影を経て、買ってよかったと心の底から思いました(テスト撮影の結果は後述)

TASCAM タスカム / DR-10L ピンマイクレコーダー

屋外で喋りならが撮影をするなら、ほぼ必須のアイテムです、マイクはピンからキリまであって、種類も色々ですが、最小限の機能で、小さくて、使いやすそうなものを選びました。

音声を収録するだけなら十分すぎる性能で、小さくて、軽くて、電池の持ちも良くて買ってヨカッタです。

Gopro用 ハンドグリップ

特に思い入れも無いのでコメントは無いですね・・・お尻が蓋になっていて、小物が入るのが気に入っています、ビーチに行く時に、現金を隠しておくとか・・・そういう使い方ができそうかな・・・

あと、浮きます、海でもし手放しても、プカプカ浮くので、回収が容易です

サンディスク microSDXCカード 64GB Extreme U3 4K対応

128Gとどっちにしようか迷いましたが、64Gにしました。64Gあれば4Kでも2時間近く撮影が出来るので、十分かと思います。

 

テスト撮影に香嵐渓に行ってみた

というわけで、さっそく購入した上記4点を引っさげて、紅葉真っ盛りの香嵐渓にテスト撮影してきました。

 

こちらはグチャグチャといろいろ喋っている動画です、主にピンマイクの性能を試しています、敢えて雑音の多い川沿いで収録しましたが・・・

 

ピンマイク超良かった!!

 

声がハッキリ収録されていてクリアに聞こえますね、GOPROの内蔵マイクの音声と聞き比べれば、違いは明らかです、内蔵マイクだと、音声と雑音が混ざってしまって、非常に声が聞き取りにくいです。

喋りながら動画を撮影するならピンマイクは必須に思いました、映像だけ撮るなら必要は無さそうです。

 

こちらは撮影した動画に、BGMを付けて編集したものです、主に画質と手ブレ補正を見るために撮影しました。

画質はやっぱり、超キレイですね、プロが撮ったものと遜色ありません(撮影技術は素人ですが)手ブレもかなり抑えられていて、視聴に耐えられますね。

これだけキレイだったら、GOPRO買ってよかったなって思いました。ハワイのきれいな景色が、撮れまくれると思うと、今から楽しみです。

 

スポンサードリンク

 

テスト撮影してわかったこと

テスト撮影してわかったことは大きく2つありました。

圧倒的なバッテリー消費量

GOPROは屋外前提で使うカメラなので、バッテリーの持ちが良い、と勝手に思い込んでいましたが、全然そんなことありませんでした、40分くらい回しただけで、バッテリー半分食います、めっちゃ持ちが悪いです・・・(;´Д`)トホホ

たった一個のバッテリーでは、心許ないことこの上ないです、5,6個アレば一日中撮影しても耐えられる、みたいなことを書いてる人がいたので、とりあえず、バッテリーを追加購入することにしました。

4K動画って思っていたよりずっと容量を食う

うっすら思っていたことですが、まさかこんなに容量を食うものとは思っていませんでした、GOPROの4K30Pで撮影すると、6分半で約3GBの容量を使います。、30分回したら15GBです。

今度のハワイ滞在は19日間、毎日回しまくる予定なので、持っていくノートパソコンのHDDだけでは心許ないような気がしてきました・・・(;´Д`)グムム

なので、ポータブルのHDDを1TB追加購入、その分、データの持ち運びが楽になったので、これは良い買い物だったと思っています。

 

テスト撮影を経て追加購入したアクセサリー

GoPro ウェアラブルカメラ用充電器

充電器と、バッテリーがセットになっているアイテムを買いました

GoPro バッテリー

更に単品でバッテリー1つ、これで、最初から付いていたものを合わせて、バッテリーは3つになりました、3つあれば、半日はもつだろうという読みです。

一日中外に出てるわけじゃなく、ホテルに戻る場合もありますし、3つあれば十分と判断しました・・・しかし中々の金食い虫だな・・・

Smatree G260 GoPro Hero 6アクセサリー収納ケース

想定外に、アクセサリーがわちゃわちゃと増えてしまったので、すっきり収納するための収納ケースを購入

シリコンパワー 2.5インチ ポータブルHDD 1TB

3mの高さから落としても大丈夫な、耐衝撃のHDDです、工事現場で使っても全然壊れないという口コミを見てコレに決めました。

小さくて、煩わしいケーブルを収納できるのが気に入っています。

 

そして最終的にこうなりました

ごちゃごちゃと買いまくりましたが、合計金額は、当初購入しようと思っていた一眼レフの半額くらいに収まったので、金額的にも満足ですね。

 

僕の中では出来る限りの準備をしたつもりです。これだけあれば、十分に19日間の撮影に耐えられそうです、今からワクワクが止まらないです。

 

スポンサードリンク

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます