こんにちはヤニックです

 

不定期連載中の日記、第10弾です

第9弾

↓↓↓

二人暮らし9:現在断食中ナンデス

 

 

先日、僕がブログを教えている27歳の男の子とスカイプをした。

 

彼には好きなものがあり、それがアメリカで、アメリカのことだったらなんでも好き、彼には夢があり、出来ることならアメリカ横断の旅をしたい、ということだった。

 

でも、お金も時間もなくて今の自分には到底無理・・・と半ばあきらめかけているようにも見えた。

 

話を聞いていて、喉元まで出かかった言葉を僕は飲み込んだ・・・・

 

僕は心底こう言いたかった

 

「そんなに行きたいなら、多少無理してでも、若いうちにアメリカに行っておきなさい」

 

でも、言わなかった。なぜなら、僕自身、若い頃にそうやって言われるんのが大嫌いだったからだ。

 

 

若い頃、頼みもしないのに、おじさんたちは僕にいろんなアドバイスをくれた

 

ローンでマイホームを持ちなさい、結婚しなさい、愚痴を言ってもいいが、会社に逆らうのは止めなさい、結婚して子供をもうけなさい、定年まで働きなさい・・・・

 

その中に「若い内に遊んでおきなさい」というアドバイスもあった。

 

僕は、おじさんたちのアドバイスを全部、聞いたフリして無視していた、だって、彼らのアドバイスの通りに生きたら、彼らみたいになるってことでしょ?

 

会社の、上司の、家庭の愚痴をグチグチと話し、顔に生気が無く、勉強することを忘れ、なんの為に働いているのか、なんの為に生きているのか(きっとローンを返すために生きてるんだろうけど)わからないような、お昼ごはんを必死で節約し、ゴルフとパチンコの話をして、爪に火を灯して生きる

 

そんな生き方はまっぴらだったから、全部無視して、むしろ逆のことばかりやっていた。

 

愚痴を言う時間をすべて勉強時間にした、家を買うお金を全て投資に回した、定年まで働くことを止め脱サラした。

 

 

彼らはまるでこう言っているようだった。

 

自由に遊べるのは若いうちだけ、だから今のうちに遊んでおきなさい、結婚して子供ができたら、遊ぶことは忘れて、馬車馬のように働きなさい。

 

その言葉に、ひどく反感を覚えた。

 

いや、20代だって、30代だって、40代だって50代だって、何歳だって、遊ぼうと思えば絶対に遊べる、そういう人生を選択しなかった人の後悔の言葉を、僕に浴びせるんじゃない!!僕はあなたじゃない!!

 

そう思っていた。

 

だから、先日スカイプした、彼に、同じことを言おうとしている自分に気づいて、言葉を飲み込んだ。

 

でも

 

僕は1つだけ勘違いしていることがあった「若い内に遊んでおけ」この言葉に若い頃は激しく反感を抱いたものだが、今では、その言葉は正解だったと思っているからだ。

 

最近になって気づいたことが1つある。

 

20代には20代の遊び方があり、30代には30代の遊び方があり、40代には40代の遊び方があり、50代には50代の遊び方がある、もちろんその先もある

 

ただ

 

 

20代の遊び方が出来るのは20代だけなんだ

 

 

20代、たしかにお金が無い、でも、その代わり体力と勢いがある。

 

お金が無い、いいじゃないか、格安航空券を買って、安ホテルを探し回って旅をする、時には車内で寝たり、ファミレスで一夜を明かしたり・・・ヒッチハイクをしたり、そういう旅が出来るのは、体力がある若い頃だけだ。

そういう旅も面白いし、そこでしか経験出来ないことは山ほどある。

 

もちろん、いくつになってもそういう旅をしている人もいるから、若い頃じゃないと出来ないわけじゃないけど、大半の人は、歳を重ねる毎に億劫になり、そして臆病になる。

 

アメリカでヒッチハイクとか・・・・怖くない?変なところ連れていかれたらどうするの?言葉はどうするの?

 

と、歳を増すごとに、やる前から、出来ない理由を探す人が増える、やってもいないのに。

 

何も考えず、勢いで行動できるのは、若者の特権だ、多少の失敗も、体力でカバーできる。

 

その特権を使わないのは、やっぱりもったいないよ・・・・

 

 

20代の頃、仲の良い友人と、アメリカを横断する計画が持ち上がったことがある、結局は立ち消えになってしまったが、僕は今でも後悔している。

 

あの時に行っておけばな・・・

 

その時でしか経験できなかったことが、山ほどあっただろうに。

その時にしか出来ない旅行だっただろうに。

 

人は、やってしまった後悔より、やらなかった後悔をずっと、ずっと死ぬまで憶えているものだ。

 

僕は後悔の無い人生を送りたい、だから、やりたいと思ったことはその時にやってしまうのが良い、やったことを後悔するかもしれないけど、やったことの後悔はその内に消え去る

 

でも、やらなかった後悔は一生残る。

 

 

先日スカイプしたDくん、もし、奇跡的にこの記事を読んでいたら、やっぱり、君はいますぐアメリカに行くべきだ。

 

そんなに好きなら行動するべきだ。

 

必死でお金を貯めてアメリカに飛びなさい。

日本では経験出来ないことが山ほどある。

人の優しさを知ることもある。

人の怖さを知ることもある。

日本の良さを知ることもある

日本の悪いとこを知ることもある

寒い思いをするかもしれない

ひもじい思いをするかも知れない

騙されるかもしれない

喜ばれるかもしれない

感謝されるかもしれない

涙が止まらないくらい感動するかもしれない

 

アメリカでの経験が君を変えるかもしれないし、変えないかもしれない、人生が変わらないかもしれないし、アメリカに行ったことを後悔するかもしれない。

 

でも、別にそんなことはどうだって良い、やらなかった後悔を一生し続けるよりはるかにマシだ。

 

アメリカから帰って来たあとのことは、その時にまた考えればいい、先の事を心配したって何もならない、だって未来はまだ来ていないんだし。

 

人は僕のアドバイスを見て、無責任と言うだろうか?

 

いや

 

若い頃、おじさんたちが僕にしてくれたアドバイスも、随分無責任なものだった、だから、結局は同じこと

 

おじさんのアドバイスなんて、無責任なもんなんだよ。

 

続く

↓↓↓

二人暮らし11:外国の不便さがむしろ心地よかったり

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます