こんにちはヤニックです

 

不定期連載中の日記、第11弾です

第10弾

↓↓↓

二人暮らし10:君よ、アメリカに飛べ

 

外国とは不便な場所ですよね。

どこの国に行っても、まず、間違いなく不便な思いをします。

 

というより、日本が便利すぎる・・というか・・・最近は度を超して、完璧主義というか、潔癖というか、やりすぎなくらい、過剰なサービスな気がして仕方がありません。

 

スーパーに行っても

レジで

牛乳を横にしてもよろしいですか?いちいち聞かれる

言わなくても、豚肉を透明のビニールに入れてくれるし。

お箸はお付けしますか?

ドライアイスは?

◯◯は大丈夫ですか?

 

と、そこまでしなくても、金額さえ間違ってばければ文句は言わないよ・・・というか、質問攻めにしないで・・・疲れるから・・と思っています。

でも、そういうのを言うのも悪いと思うので、黙って、ハイ、ハイと答えるんだけれど、正直、過剰だと思う。

 

でも、スーパーもそうせざる得ないからそうしているわけで

 

 

一番口がうるさい人に合わせているからそうなんだろうな

 

 

と思う。

結局、一番口うるさい人に合わせるから、どんどんと完璧に、過剰に、ギスギスに、きっちきちに、潔癖に、やりすぎになるんだろうな・・・

 

でも、口うるさくなるのも、わかるんです、だって、日本って本当に完璧なサービスだから、ちょっとでもダメだと、目立つんですよね。(だからっていちいち言わないけど、目につくことは目につく)

それって、あんま良くないよなぁ・・・って思います。

 

だって、疲れるじゃん

 

やるほうも、受ける方も、完璧なサービスが行き着く先は、消耗しか無いような気がしません?

やる方は、どんどん完璧なサービスをしなきゃいけなくなるし、神経をすり減らさないといけない。

受ける方は、どんどん細かいことが気になって、クレーマー体質になる

 

そういうのって疲れません?

 

僕は嫌なんですよね、そういうの。

だから、外国のちょっと不便くらいが実は心地良いです。

 

アメリカのスーパー、笑顔の1つもありません。

無愛想な顔で、淡々とレジを通す、喋る時は、お金のやり取りだけです。

めっちゃ混んでても、急ぐ素振りなんて欠片も無し。

 

不便だなって思う時もあるけど、まぁ、こういうもんかとも思う。

ガソリンスタンドのやり方も全然わからないし、スタッフに聞くと何故かキレられるし、ほんと意味不明、でもそれが外国という場所。

 

どこにも自販機がないし

簡単に水が買えないし

両替は出来ないし

高額紙幣を使おうとすると断られるし

トイレはどこにも無いし

注文は間違えられるし(それに対して悪びれることも無いし)

店員はべらべら喋りまくってるし

呼んでも無視するし

愛想無いし(なのにチップは必要だし)

お釣りはよく間違えるし

おしぼりなんて絶対に出てこないし

メニューに写真が無いのは当たり前だし

 

日本のほうが圧倒的にサービスに関しては勝っています、勝っているんだけど、なんだろう、別に僕は外国のそういう感じ、苦にならないです。

だって、向こうが完璧じゃないんだから、こっちも完璧じゃなくてもいいんだって思えるから。

こっちが、ちょっと間違えても、ああ、ごめん、ごめん、で通る、だって、お互い様じゃんか、ゆるゆるなのは。

 

僕もゆるく考えられる、ちょっとくらい言葉を間違えても気にしないし、ちょっとくらい迷惑かけても気にならない、そういう寛容さが外国にはある。

 

外国に行くと今の日本人に欠けている、「何事にも寛容になる」という部分を思い出すきっかけになります。

完璧主義になりすぎてギスギスするくらいなら、ちょっとゆるいくらいで、お互いに寛容なのが気が楽です・・・僕は。

 

外国は「相手に多くを求めない」という雰囲気が根底に流れているような気がします。言い方が悪いですが、多くを期待しないというのがあると思うんですよね。

それに対し、日本は真逆、多くを求めるし、多くを期待する、期待に応えられなければギャーギャーとわめく、騒ぐ

 

 

あとでこっそりクレーム入れる

 

 

なんだかなぁ・・・って思いますよ、ほんと、最初から多くを求めなければ、些細な事なんて気にならなくなるんですけどね・・・。

 

ダイヤモンド・プリンセスなどの外国の船に乗っていると、ものすごく些細な事で、文句をぶつくさ言ってる人を見かけますが

そんなに文句があるなら

 

 

日本から出るの止めたら?

 

 

って思って見ています。

些細のなことでクレームつけて、疲れないのかな?

それで旅が本当に楽しいのかな?

 

ちょっと寛容になるだけで、旅は、嫌な思い出より、楽しい思い出がたくさん増えるんだけどなぁ・・・ああいう人はきっと、一生わからないんだろうなぁ・・・

 

続く

↓↓↓

二人暮らし12:頭のカタイおっさんが嫌いだったし、今も嫌い

 

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます