こんにちはヤニックです

 

初めてのマレーシア、クアラルンプール旅、三日目を書いていきます。

二日目の様子はこちら

↓↓↓

マレーシア旅行記ブログ2:激安ランチに大満足とまさかの迷子

 

昨日、散々歩いて、くたくたに疲れてたはずなんだけど、深夜4時頃まで寝られなかった、なんか消化不良だ、ああ・・・・

 

強い酒が飲みたい!1

 

疲れを吹き飛ばし、眠りを誘発するのはガツンと来る強い酒が必要だった・・・残念なことに、マレーシアという国は酒飲みには厳しい。

イスラム教徒が多いので、酒を飲まない人が多く、酒を飲める場所、買える場所がかなり限られる、ビールくらいなら簡単に手に入るけど、スピリッツとなると、ちょっと大変。

パビリオンという巨大なショッピングモールにあるので、そこに買いに行かなければならない。

寝酒があるとスカッと寝れるし、今度買いに行かなければ・・・




チャイナタウンへ

少し疲れた体で今日はチャイナタウンへ向かう。

名古屋の大須を少し感じるチャイナタウンの町並み

 

まずはMRTに乗車、昨日、モノレールを乗り間違えたので、今日は念入りに、おかげで間違いなく到着。

マレーシアの地下鉄はかなり近代的で、驚いたことに運転手がいないパターンだった、名古屋の地下鉄よりはるかに先進的だった。

綺麗なホーム、車掌さんとか、駅員さん的な人は全然見当たりません。

飲食禁止なので、とても綺麗な車内

 

チャイナタウンでは昨日食べたチキンライスがどうしても忘れられなくて、同じような店にまた入った。

南香というお店に入りました。

 

ガイドブックに載っていた店で、お昼に行くと行列も出来るとのことだったけど、そんなことは無く・・・

ここ、めっちゃクチャうまい、昨日もうまかったけど、ここはさらにうまい・・・コメが

もう、コメが最高なんです、ほんと、これまで食べたご飯の中で一番好きなんじゃなかろうかと思うくらい美味しかった。

ここのチキンライスはホントうまかったっす。

 

チャイナタウンでは他に寺院を巡った、中国式とインド式が並んで建ってるのが、なんでもありなマレーシアっぽい。

中国式は、商売の神様関羽が祀られている、中国人の関羽信仰は尋常ならざるものを感じるが、お金好きな中国人だし、商売の神様がありがたがられるのもうなずける。

日本人も狐が大好きだしね、というわけで僕たちも念入りにお参りしてきました、具体的な作法は知らないけど、心の広い関羽公のことだし、聞き入れてくれるでしょ。

 

おみくじを引いたら中吉だった

豪華絢爛な関羽公

しっかりお布施しときました。

 

インド式は正直ピンと来なかった、文化が違いすぎて、でも建物を眺めるのは楽しかったですよ。

入り口で靴を預けます(有料)地面がクソ熱いので裸足だと大変です

豪華な寺院でした。

セントラルマーケットへ

セントラルマーケットに行きドクターフィッシュをやることに

1888年から続くセントラルマーケット

 

何を隠そう、僕はドクターフィッシュが大好きなのです、慣れてしまえば、魚たちの愛くるしいこと、小さなお口でパクパク、パクパクと足に食らいつくさまは本当にかわいらしい・・・のだけれど

あれ

なに

 

でかくない?(;´Д`)ハァハァ

 

そう、でかいのである、マレーシアのドクターフィッシュは、よくみるとブルーギルのような魚も混ざってるような・・・・日本のかわいいサイズとは程遠い、怖くなるサイズ。

僕しかやってないので死ぬほど群がってきます

 

当然噛む力も強い、、時々痛い、なにより、そこそこでかい魚が、自分の足にわんさと群がる姿は、正直気持ち悪い。

なんとも不気味な気持ちで、だれもドクターフィッシュをやらないから、僕一人、いい、見世物になってしまった。(ただ、足は超つるつるになった、効果は絶大です)

 

嫁がヘナタトゥーを入れたいというので付き合う。

担当の人がインド人?丁寧な英語なので、すごく聞き取りやすく、コミュニケーションが楽だった。

とても丁寧な人で、すごくよかった、ここ、おススメですよ。

とても丁寧な人でした

なまこ石鹸を買う

マレーシアで有名なホワイトコーヒー、突き抜ける甘さでした(悶絶)

 

だいたい見るもの見たので帰ることに

帰り道、原色に彩られたファンキーな飲み物が目に入った、なんか飲みたい、嫁は

 

「これが噂の袋に入ったジュース?」と警戒してたが

 

そんなことあるまいと・・・・当然のごとくカップで出てきて嫁は妙に悔しそうだったが、その味たるや、なんとうまいことか、見た目、着色料全開の飲み物かと思いきや、ケミ的な嫌な味は無く、自然な味でほんとうまい、使われてるのは天然の着色料なんだろうか?

どぎつい色からは想像しにくい、爽やかな味でした。

 



パビリオンまた迷う

パビリオンは二回目のはずなんだけど、当たり前のように迷う

ほんと、ここ広すぎ

 

とりあえず偶然見つけたマダムクワンに入った

最初、狭い席に通されたので、席を変えてもらおうと、キョロキョロしてたら、たまたま店にいた、マダムクワンが直接、こっちに来ていいいよって席を変えてくれた

 

なんて良い人!!

 

一発でマダムのファンである、マダムはその後、僕たちを通したスタッフを叱っていたような・・・

マダムのファンは多いのか、一緒に写真を撮る客が多かった。

飯も美味しかった、ここはスタッフが少し抜けてるところがあったが、飯がうまい。

そのため、マダムが目を光らせていいるのだろうか

ナシレマ、美味しかったです。

カレーラクサ、ココナッツカレーうどんって感じ、超うまかった!!

 



450円のブランデーを買う

パビリオンの地下にあるスーパーに酒を買いにく

スピリットのコーナーに行くと、もう、高いこと高いこと、日本のニッカウヰスキーが9000円である、にしても高い。

まさかの9000円、日本で買うと約1400円

 

蒸留酒にたんまりと関税をかけてるのか知らないが、うーん、悩ましい価格設定だ。

店内をうろつくと、ありえない値段設定のブランデーを見つけた

なんと450円・・・うそでしょ、大丈夫このお酒?

一桁違うブランデーを発見。

 

と製造国を見てみるとマレーシアだった・・・もしかして、関税がないから安いのか?

にしても安すぎる気がするんだが・・・どうしよう・・・悩んだ挙句、450円を買った、だってニッカウヰスキーの20分の1だよ、これで美味しかったら儲けものじゃない?

と、思いっきり小市民ぶりを発揮する。

 

飲み物の物価はここにまとめました

 

帰り道、アロー通りを練り歩いてピーナッツ餅をゲットする

これ、超うまい、お昼のジュースもそうだけど、マレーシアには手作り感のあるお菓子が安く売られてて、ほんと良い国ですなブランデーもクソ安いし

 

続く

旅行記4:クアラルンプールのホテル朝食とバトゥ洞窟で苦労する

 

 

動画版の旅行記はこちらです

チャンネル登録はこちら

 

マレーシアに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています

一覧でご覧になりたい方はこちら

↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます