こんにちはヤニックです

 

初めてのマレーシア、クアラルンプール旅、二日目を書いていきます。

初日の様子はこちらです

マレーシア旅行記2018:入国で色々トラブ、空港やタクシー、わからないことだらけ

 




激安チキンライスを食す

さすがに昨日の疲れがたたって今日は10時まで寝てました、おかげで体力は回復

今日はお昼ご飯にホテルから歩いてすぐのチキンライスのお店に行くことに・・・名前は新馳名鶏飯、読み方がわかりません。

地元の人に愛されてそうなお店です。

 

ガイドブックに載ってるぐらいだから、人気店なのだろうと、少し早めに行ったのだけれど、予想に反してガラガラだった。

マレーシアのレストランは、ハワイのレストランのごとく入り口に人が立ってて

 

「今日の調子はどう?アハン」なんて

 

軽口を言いながら、優雅に入店するなんてことは当然無く(高級店はそうかもだけど)

お店にずかずかと入っていき、適当に座って、メニューを決めたら、お~いと手を振って、これこれとやる、本の大衆食スタイルが一般的。

 

店員もいちいち愛想なんてふりまかない(チップ無いし)最低限のリアクションだけしてさっさといなくなる。

でも、、仕事ぶりはちゃんとしていて、サクサクと料理を無言で持ってきて、さっさと置いてとっとと消えるのは僕的には大変心地いい。

ハワイのレストランでは高確率で

 

「テイスティングゥ?」

 

やら、料理の説明やら自己紹介やら、何かとコミュニケーションを取ってくる、もちろんそういうのも楽しんだけど

けっきょく

 

英語しゃべれないし!!

 

ってことになるから、コミュニケーションって言われてもなあ、という気持ちにはなる、最低限のコミュニケーションで済むのは大変楽だねホント

さて、、チキンライス

 

 

ライスが馬鹿みたいにうまい!!

 

 

なんだこれ、ライスだけをずっと食べていたい。

肝心のライスが写って無いっすけど、チキンライスです、安くてうまい!!

このワンタンスープも美味しかったなぁ・・・

完食です

 

チキンなんて添え物、ライスがとにかくうまいじゃないか!!

どうやら、チキンを煮た汁で炊いてるようで、チキンの旨味がしみこみまくっている、本当にうまい。

メインのチキンは、本当はもも肉が良かったんだけど、英語がわからなくて写真のやつを適当に頼んだらむね肉が来た(ちなみに英語でもも肉はThigh、もう二度と忘れない)

むね肉はあんまり好きじゃないのでちょっと残念だった(パサ感がね)

いまになって思えば、もも肉Legでも通じたんじゃなかろうか?なぜこんな簡単な英語が出てこなかったのか・・・



ロット10のフードコートへ

続いてロット10のフードコートに行く、マレーシアの伝統的なスイーツ、チェンドルを食べるためです。

ロット10のフードコートは狭いところに店を可能な限り詰め込んでみました!!

みたいな作りなのので、人がひしめき合う&席が少なくて全然座れなかったたのがちょっと残念でしたね。

中国人の人がプロデュースしたみたいだけど、なんでこんな狭い作りにしたんだろうな?

 

スイーツはおいしかった、外国の甘味は突き抜ける甘さを想像しがちだけど、甘さ控えめで良かったです、沖縄のぜんざいを食べてる気分でした。

フードコートにあるかき氷屋さん、全体的に安いです(200円前後)。

これがチェンドル、黒蜜っぽい味がします、甘すぎない、素朴な味が良いですねこれ。

この写真は沖縄で食べたぜんざい、味がとてもよく似ています。



モノレールでツインタワーに向かう

歩いて行ける距離ではあるけれども、せっかくだからと、モノレールに乗ってペトロナスツインタワーに行くことにしました・・・・

 

 

モノレール、思いっきり乗り方間違える・・・嫌、難しいとかそんなこと無いんですけど、ただ、ぼんやりしてて、まぁ初めてですし、多少はね。

モノレールの駅

トークン(切符のようなもの)を買うのは簡単です

車内はちょいせま、そして結構ゆれます。

ペトロナスツインタワー満喫

ツインタワーは想像してたより何倍も良かった。

入場制限があるので人が混まない、超快適(人混み嫌い)

人混みをかき分けて、我が我がと景色を眺めるとか、そういうのはダメなんす・・・・人がごっちゃりいて、落ち着いて景色が見れないとか、そういうのダメなんス、別に人を観に来たわけじゃないよ、もういいやってなっちゃうんすよね。

だから、入場制限があるツインタワーはゆっくり見られたので本当によかった。

絶景ですわ

人が少ないのでのんびり鑑賞できます。

わかりにくい案内



パビリオンに夕食に行く、迷う

せっかくだしマレーシア料理を食べようと、マダムクワンというお店に行こうと、パビリオンというショッピングモールに行くのだけれど、

 

目当ての店が全然見当たらない

 

パビリオンはイオンの3倍くらい広さがあり、フロアはなんと8階まである、超巨大なショッピングモール・・・・

とにかく広いのです、

 

ね、こんだけでかいから、さぞ案内は充実してるだろうと思うわけじゃないですか、イオンだって、各階にわかりやすいフロアマップが必ず設置されてるでしょ。

アラモアナセンターだって、あんなに広いのに、さして迷ったことも無いしね。

 

でも、そのイメージで行くとハマるよ

 

フロアマッなんて便利なものどこにもありゃしない、インフォメーションもあるらしいんだけど、まずそれがどこにあるのかわからない!!

この広大なダンジョンの中から、フロアガイドなしでお目当ての店を見つけることは不可能に近いんじゃないだろうか?

 

いや、各階には最低限、このショップがありますよという、一次元な情報はあるから、最悪、どこの階にあるか?くらいの当たりはつけられるんだけど(と言っても、すべての階を総当たりしなければいけないが)

今日すでに散々歩いて(しかも高温多湿)ヘロヘロの二人にその元気はなかった。

 

あとでわかったことなんだけど、正面玄関から入ればちゃんとフロアマップもインフォメーションもあったのです、変な場所から入ったので、死ぬほど迷う羽目になっただけでした。

にしても、正面から入らないと、迷う構造ってのも、どうかと思いますが・・・

 

なので、たまたま見つけたディンタイフォンに入った

 

名古屋にもあるディンタイフォンに入った

 

別にいいよ、そんなこと、もう歩きたくないし、お腹と背中がくっつきそうなくらい空腹なので、もう無理なんすよ、はい。

ティンタイフォン美味しかったなぁ、名古屋の店に入ったことがある嫁曰く、こっちの方がおいしいとのこと。

猫舌な外国人仕様なのだろうか?小籠包はアッツアツということもなく、ほどよくぬるくてちょうどよかった。

 

にしても美味しかった。

たまたま見つけたので、吸い込まれるように入りました、名古屋にもあるとか、そういうのはもうどうでも良かった。

ちょっとぬるめの小籠包、外国人仕様なのか?食べやすくて個人的にはグッド

パイコーチャーハン、うまかったなぁ。

仙草ゼリーが入ったデザート、冷やしぜんざいみたいで美味しかったです。

 

たらふく食べて3000円、チップも無いし、ここは、ショッピングモールの難解さを除けば本当にいい国だ

 

いや、交通マナーが最悪だった、

 

歩行者はまるでいないもののごとく扱われる、、相当警戒していないと、ホント、おちおち歩けないよ、怖くて。

 

続く

↓↓↓

マレーシア観光3:オススメすぎるマダムクワンのナシレマと恐怖の魚

 

動画版の旅行記はこちらです

チャンネル登録はこちら

 

マレーシアに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています

一覧でご覧になりたい方はこちら

↓↓↓



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます