こんにちは、奈月です。

 

クアラルンプール旅行は、早くも5日目を迎えました。

 

4日目の様子⇒クアラルンプール旅行記4、バトゥー洞窟、階段で息切れとアラブな夕食

 

6月はマレーシアも比較的雨の多い時期なんですが、ここまでそれほど降られていないな・・と思ったら、昨夜は凄い雨が降っていました。

心配でしたが、朝には雨は止んでいましたよ。

 

一日降られるって事はないので、観光はとてもしやすいですねっ。

今日はチャイナタウン再訪と、国立モスク、あと昨日行けなかったヘリポートバーに行けたら良いな。




チャイナタウンで中華ランチ

さて、まずはチャイナタウンへ。

こころなしか、人出が多い気がするのは、ラマダン明けの祝日だからなんでしょうか。

 

駅もすごい人で、帰りのトークン並びそうです・・。

観光に便利な無料バスにも乗ってみたかったけど、それもすごい行列だったので諦めました。

 

この日は、漢方料理が食べられる中国のお茶屋さんに行きたかったんですが、思ったよりも遠かったので諦めて、チャイナタウンの中にある「金蓮記」って有名なお店へ。

ここは、焼うどんみたいなメニュー・ホッケンミーが名物♪

見た目が黒々してて、インパクトがありますね。

 

その見た目に反して、味はそんなに尖っていなかったです。

ちょっと不思議な味で、形容するなら、こげた味(笑)

 

失敗して焦がしたなって味ではなく、おそらく中国醤油の味なんだと思います。

美味しいんですが、他に形容できないんですよねぇ・・。

それと、お粥注文。

 

お粥に入っていた豚に、久々…と懐かしい感じがしました。

こちらに来てからほとんど肉は鶏しか食べていないですからね。

 

どちらも口に合う美味しい料理でした。

中華って、何となく味がキツイようなイメージですけど、あっさり優しい味でお腹がホッとしました。

セントラルマーケットで癒され体験&スイーツ

次に、ドクターフィッシュをやりにセントラルマーケットへ。

ここ、2日前に来たばかりですが、その時は私はドクターフィッシュをやらなかったので、今回はやってみます。

角質を食べてくれる魚たち。

相変わらず、旦那の方は足が見えなくなるくらい魚がたくさん集まっていましたけど、普通の人ならこのくらいの集まり方なので安心してね(笑)

 

最初、こそばゆい~と悶えたけど、途中から気持ちよくなってきましたし、魚が可愛く見えてきた。

角質キレイになってるはずっ。

 

ドクターフィッシュでスッキリした後は、おやつにセントラルマーケット 内のタイ料理屋さんへ。

カチャンと、マンゴーのかき氷注文。

マンゴーかき氷は、どっさり実が乗っていて、上品な甘さ。

タピオカパールもたくさん入っていて、食感も楽しいスイーツ♪

 

カチャンは、原色の派手な見た目にビックリしたけど、クリームがふわふわで美味しい一品でした。

色々な物が入っているので、見た目が華やかなのが良いですね。

 

うーん、ゆっくり出来たし、甘いものも食べられて満足です。

 



亀ゼリーとはどんなお味?

今回、チャイナタウン近辺に来た目的の1つが亀ゼリーを食す事なんですけど。

 

亀ゼリーって何故にそんな美味しく無さそうな名前なの・・って思ったら、なんと、亀のお腹の硬い部分の粉が漢方薬として亀ゼリーの中に入っているからなんですって。

本当に亀を使っているとは・・!

 

それ以外にも10種類以上の漢方薬が入っていて、身体に良いスイーツなんだとか。

チャイナタウンの亀ゼリーが美味しいお店、「恭和堂」さんです。

 

せっかくなので、亀ゼリーと一緒に中国茶も注文。

亀ゼリーはふつうに美味しく頂けました。

苦いと聞いていたので覚悟して食べたんですが・・、私は正直、苦味を全く感じませんでした。

 

ただ、中国茶の方が尋常じゃないくらい苦い。

薄めて飲むのが正解なの?とか思うほど苦かった・・でも、苦い方が身体に良いような気がしますよねっ。

外観だけでも美しい、国立モスク

チャイナタウンに程近い、国立モスクも観光名所の1つ。

祝日なので心配していたんですが…、歩いて行ってみるとやっぱり閉まっていましたΣ(゚д゚lll)

今日から3日間閉鎖との事で、残念です。

 

ただ、中には入れませんが外観は自由に見られますからね。

モスクというと、半円形の建物を想像してましたけど、国立モスクは写真のような建物でした。

外観だけしか見れませんでしたが、美しいアラベスク模様の白壁には感動しましたよ。

屋根はドーム型じゃなく、写真右の方に移っている青い三角の傘みたいな形です。

幾何学的な模様が精緻で素敵でした。

 

また機会があれば中も見学したいですね。

 



夕食は連日のアラブ料理に舌鼓

国立モスクの帰り、駅の切符(トークン)購入の機械には大行列が出来ていました。

トークンを購入するのに20分並んでやっと帰路につけました。

 

祝日の混み具合すごいなぁ。

明日・明後日もおとなしく過ごしたほうが良さそうですね・・。

 

さて今日の夕食は、地元っぽい食堂に行く予定だったんですけど、バイキングみたいなシステムだったのでやめて、アラブっぽいお店へ。

 

連日よく似たお店に入っちゃったので、昨日と違うものを食べないとっ。

そう思って頼んだ料理は、昨日よりもさらに美味しかった!

何だか馴染みのある味・・と思ったら旦那が一言「ギョーザだね」と(笑)

 

確かに、パンにはさまれた具がギョーザの餡によく似た感じの味で、食べやすくて日本人にも合う味。

これ美味しかったなぁ。

待ちに待ったヘリポートバーの夜景は見事!

夕食の後は、待ちに待ったヘリポートバー「ヘリラウンジバー」へ。

 

日本のガイドブックなどでは紹介されていないけど、マレーシアに住む人のオススメバーとしてどこかでチラッと見かけて気になっていたんですよね。

 

だって、本物のヘリポートを夜だけバーに使用しているって、確か紹介されていたんですよ!

ホテルからも歩いていける場所だし、興味津々で出かけました。

行ってみると、一見してバーがあるとは全く分からないビル。

ただ、少しおしゃれをした若者が外にたむろしていて、ここっぽいな~って感じ。

 

ヘリバーのある階まで上がると、受付があって、そこでセキュリティチェックがあります。

受付の様子。

光ってて写真が分かりづらいですが、「heli」と壁に書かれています。

 

ちなみに、セキュリティチェックではカバンの中まで確認されます。

ペットボトルは持ち込みNGで、受付で処分されましたので注意してくださいね。

 

最初、普通のバーみたいな場所でお酒を注文して、自分でお酒のグラスを持って階段を上がってヘリポートへ。

びっくり、ヘリポートめちゃ混んでます!

これは多分祝日だからだと思うけど、すごい人でした。

 

奇跡的に空いていた席に座って、夜景とカクテルに酔いしれました。

人が多くてタバコ臭いのが難点だったけど、KLタワーとペトロナスツインタワーの両方を、遮るもの無しに見れてかなり素敵な場所でした。

 

360度の夜景を楽しめて、しかも普段立ち入る事のないヘリポートでのんびりできるなんて、思い出に残るバーでしたね。

ヘリポートなので、端に手すりなどもないです。

日本ではなかなか出来そうにない貴重な体験が出来て、満足な一夜となりました。

 



夜中までお祭り騒ぎの一日

そうそう、お部屋に戻ってくつろいでいると、22時頃すごい花火の音!

こんな時間に花火?と驚きましたが、さらに23時頃更なる花火の音が。

 

どーなってるの(笑)

日本だったら苦情が殺到しそうな時間だけど、これも断食明けの祝日のお祭り的なノリなんでしょうか。

 

しかも、信じられない事に花火の上がっている場所を見ると、普通の道からバンバン花火が上がってる!

隣のホテルに花火当たっていないか、アレ?

 

お祭りだからなのか、特に騒ぎにもなっていない様子。

ヘリポートバーといい花火といい、ちょっとカルチャーショックを受けたわ。

 

明日は旅の疲労も少しずつ溜まってきたし、休養日にしたいと思います。

近場をのんびり楽しみ、マッサージなんかにも行ってみたいな。

 

6日目に続くっ

クアラルンプール旅行記2018・6日目、地元の安ウマグルメを体験!

 

動画版の旅行記はこちらをどうぞ

チャンネル登録はこちら

 

マレーシアに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています

一覧でご覧になりたい方はこちら

↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます