こんにちはヤニックです

 

毎年ハワイに長期滞在して、ハワイに関するyoutubeやブログを中心に活動しています。

最近投稿した動画です

チャンネル登録はこちら

 

今回は地味にもらう質問

 

「ハワイって浮浪者とかホームレスの人は多いんですか?危険なんですか?」

 

という質問に答えていこうと思います。

youtube生放送をすると初めてハワイの方からちょいちょいもらう質問です。

個人的にこういうネガティブなことはあまり書きたくないんですけど。(旅行は楽しいことだけを考えたい)

 

まあ事実は事実ですしね。

 

ただ、アメリカの政策がどうだのとか、そういう小難しいことはわからないし書くこともできません。

知りたくもないので、いちいちデータを調べて書くこともしません。

 

僕にとってのハワイは癒しの場所なので

 

闇を暴く的なモチベーションはゼロです。

社会を変えようとかそんな正義感もありません。

 

ここで書くのはあくまで僕の主観的な感想になりますが、毎年嫌と言うくらい見ているので書くことはあります。

あと、ネイバーアイランドや郊外の状況までは僕にはわかりません、旅行者がよく訪れるワイキキ周辺の状況に限ってお伝えしていきます。




ワイキキのホームレスは多い、びっくりするくらい

ワイキキ周辺のホームレスは多いです、きっと、知らないとびっくりするくらい多く感じると思います。

街を歩いていれば(ある程度固まっている場所はありますが)数分に一回くらいの頻度で見かけます。

ワイキキのど真ん中、ロイヤルハワイアンセンターのあたりはさすがに見かけ無いですけど、中心を少し外れるだけでたくさん目にすることが出来ます。

 

カラカウア通りだと、クヒオビーチのあたりでは、よくホームレスの方が昼からビーチで寝転んでる姿を見かけます。

ベンチを陣取って仲間で談笑をしてたりします、正直に書くと、固まっていると臭いが漂ってきます。

海もシャワーも無料なのに、体を洗わないのか?と不思議に思います。

彼らなりに観光客に気を使ってるのか、単なる無精なのかはわかりません。

 

クヒオビーチには僕たちのお気に入りの場所があるのですが、そこはホームレスの方に人気なのか、よく寝転んでいるので、隣で寝転がったことも何度もあります。

クヒオ通りは特にホームレスの方が多く、歩いていれば確実に見かけることになると思います。

カパフル通りを歩けば、道で寝ているホームレスの方をみかけます

 

バス停はホームレスの方の恰好の日よけ場所となっています、昼間は寝ていることが多いです。

僕たちが大好きなカピオラニ公園も点々とホームレスの方がいます、カピオラニ公園は気持ちいいので、そこで日がな一日寝て過ごすのだと思います。

ごみ箱を漁るホームレスはそこかしこで見かけます。

のんきに旅行してる人の横で、ヨレヨレの服でゴミを漁っている人を見るととても複雑な気持ちになります。

 

というわけで、ワイキキのど真ん中を外れると点々とですが、確実に、高頻度でホームレスの方を見かけることが出来ます。

ハワイのホームレスは男女問わず、子供は見かけない

ホームレスで多いのはおじさん

次に若い男

次におばさん

最後に若い女性をたま~に見かけます。

 

こういうことを言っていいかわかりませんが、唯一の救いと思えるのは子供のホームレスは全く見かけないことです。

聞いた話だと(本当かどうかわかりませんが)アメリカ本土から送られてくるそうなので(本当に?何のためにどうやって?)子供がいないのかもしれません。

これまで一度も子供のホームレスを見かけたことが無いのが、気持ち的には楽ではあります。

ただ、これはワイキキ周辺の話であって、他の場所にはいるのかもしれません(考えたくないことですが)

 



危険な目に遭ったことは無い(今後はわからない)

さて、見ようと思わなくても勝手に目に入ってくるほどたくさんいるホームレスの方々ですが

僕たちはこれまで一度も危険な目に遭ったことはありません。

それこそあらゆる場所に、長時間滞在しましたが、一度も危険な目に遭ったことはありません(もちろん今後はわからないけど)

 

ほとんどの人は日中寝ているからです

 

彼らの主な活動時間は深夜で(多分)

昼間はまるで死んだように、ピクリとも動かず寝ている人ばかりです。(体力の温存なのだと思います)

なので、ホームレスの方々はあちこちで見かけるけれども、危険な目に遭ったことは一度としてありません。

 

通りを歩いてる方々も、ゆたりゆたりと歩いてるだけで、ちょっかいをかけてくる人もいません。

本当におとなしい方たちばかりで、観光客に危害を加えようと考える人は少ないのだと思います。

 

ただ、彼らの主な活動時間である夜はわかりません、人気が無いところは特に。

僕たちは夜遅くに人気の無いところに行ったことが無いのでわかりませんが。

薬物中毒者も多いと聞くので、やはりその時間、そういう場所は危険なのだと思います。

夜のアラワイ運河沿いは特に危ないと聞いたことがありますし、夜、人気の無いところだけは行かないように注意したいところです。

 

ワイキキで危険なエリアの話はこの記事でしているので併せてどうぞ

ハワイの夜は危険?ワイキキで歩いてはいけない場所と旅行者が注意すること

 

迷惑だと思ったホームレス

危険な人は少ないですが、迷惑と思う人はたまにいます。

とにかく大声で叫び続ける人がたまにいるんですが、うるさいです。

 

僕はいいんですが、妻のナツキがとにかく怯えるので、止めてほしいんですが、どうすることもできません。

ビーチで気持ちよく寝転がってると、大声で叫び出す人がいます、英語なので何言ってるかわからないですが、何かに怒ってるみたいです。

たいてい、警察が駆けつけて、怒られて収まります。

 

早朝、アラモアナのバス停でバス待ちしているときに、どこかでずっと大声で叫んでる人がいましたが、あれはさすがに怖かったです。

周りに誰もいないとちょっと怖いです。

 

あと、本当にごくたまにですが、高級ホテルにフラフラ入ってきてガードマンに追い出されてる人を見かけます。

これも大声で叫ぶので場の雰囲気は台無し、テンションも下がります。

 

迷惑だと思ったのはこれくらいで、実際そんなに多くないです(というかかなり少ないです)

先ほども書きましたが、おとなしい方々が本当に多いです。

道端でちょっかいを出してきたり、話しかけてきたりする人はいないです。

ホームレスよりも、詐欺師の方がはるかにうっとおしいです。

 



ハワイのホームレスは増えているのか?

主観ですが増えてると感じます、確実に。

10年前に比べると明らかに増えていると感じます。

ただ、最近では就労支援などで徐々に減ってはきているそうです。

旅行者が気を付けること

僕たちが普段気を付けてることを箇条書きで書きます、といっても特別なことは何もしていないですけどね

・無暗に近づかない

・話しかけない、刺激しない

・人がいない場所ではとにかくよく振り返る、早歩きする

・人がいないところであまり立ち止まらない(ガイドブックを見たりスマホをみたり)

・派手な格好をしない

・高級品は身に着けない

・夜は出歩かない

くらいしかしていません。

 



最後に・観光客が出来るホームレス支援

最後に僕たち観光客が出来ることを書いて終わろうと思います。

妻のナツキが毎年通っているワイキキコミュニティセンターのフラ教室は、ボランティアで運営されています(ほかの教室もたぶんボランティア)

生徒を有料で募って、その収益で独居老人支援や、ホームレス支援の活動に充てています。

 

ワイキキコミュニティセンターの情報はこの動画で詳しく解説しています

参加費用も、観光客向けの教室よりリーズナブルで観光客にもメリットがあります

↓↓↓

探せばそのようなボランティア目的の教室は他にもあると思います。

観光客向けの教室もいいですが、ボランティア目的の教室でお金を使えば、それがダイレクトにホームレス支援に使われるので、間接的ではありますが、支援になると思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ガイドブックには載っていないハワイに関する情報はこちらにまとめてあります

↓↓↓↓

 

 



 

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます