こんにちはヤニックです

 

毎年ハワイに長期滞在して、ハワイに関するyoutubeやブログを中心に活動しています。

最近投稿した動画はこれです。

時折、ハワイ雑談という名目でyoutubeの生放送をしますが

そこで、特にハワイ旅行初めての方から

 

ワイキキで危険な場所はありますか?

 

という質問をもらうので、その答えをなるべく詳しく書いていこうと思います。

ここで書くことは主観的な私見になりますので、ご了承ください

ただ、これまで100日以上はワイキキに滞在して一度も危険な目には遭っていないので、当たらずと言えども遠からずなアドバイスができると思います。

まず、最初に結論から言いますと

 

・夜、カラカウア通りとクヒオ通りは大丈夫

・夜、クヒオ通りから北の暗いエリアは特に要注意

・早朝の暗い時間でも人がたくさん歩いている

・明るい時間はどこも安全

 

となると思います

それでは1つずつ解説していきます




ワイキキで特に気を付けるべきは夜、クヒオ通りから北のエリア

特に危険度が増すのが夜なので、まず夜の話をしようと思います。

ワイキキには主に3つの大きなストリートがあります。

 

・ワイキキのメインストリートでもあり、もっとも人が多いカラカウア通り

・リーズナブルな飲食店が立ち並び、次に人が多いクヒオ通り

・あまり観光客は立ち寄らない(でも日中の散歩は気持ちいい)アラワイ運河沿い

 

があります

まずは、ストリート別に夜の雰囲気をお話していきますね

カラカウア通りは夜でも安全

最初にワイキキのメインストリートであるカラカウア通りですが、大道芸人やミュージシャン、絵描きさんなんかも道端にいて毎日がお祭りのような雰囲気です。

夜までたくさんの人でにぎわっているので、危険な雰囲気は全くありません。

警察も頻繁にパトロールして、けん制してくれているので、特に心配はないと思います。

ただ、23時以降はお店も閉まり始め、人通りが少なくなってくるので、いくら安全とは言え、遅くなりすぎるのは注意してください。

夜でもショーなどが開かれて危険な雰囲気はありません

ビーチにも人がいて危険な雰囲気は無いですが、物盗りには注意

 

危険な雰囲気は無いとはいえ、窃盗などの街頭犯罪は十分に気を付けてください、人ごみに紛れて、スキをついて財布を抜き取ってやろうと狙ってる輩は必ずいます。

クヒオ通り、場所によって人気が無い所がある

夜のクヒオ通りはこれまで何度も歩いてきましたが、一度も危険な目に遭ったことはありません。

ただ、クヒオ通りはカラカウア通りに比べて格段に歩いている人の数が減るので、怖い雰囲気はあります。

場所によっては暗く、まったく歩いてる人がいない場所もあります。

なので、歩くのにより一層の警戒と”コツ”が必要です

 

・なるべく一人で歩かない

・ダラダラあるかない、早歩きする

・たまに後ろを振り返る

 

これだけ注意していれば危険な目に遭うことはそうそう無いと思います。

僕たちはいつもクヒオ通り沿いのコンドミニアム、ワイキキバニアンに宿泊するので、夜にクヒオ通りを通ることが多いですが

これまで危険な目に遭ったことは無いので、警戒しながら歩けば大丈夫と思います。

クヒオ通りから北のアラワイ運河沿側は極力行かない方が良い

夜、クヒオ通りから北のアラワイ運河方面はさらに人が少なく

明かりもほとんどないので、用事が無ければ近寄らない方が賢明です。

夜に上のエリアは、用事が無ければ近づかない方が良いです

 



でも、アラワイ運河沿いに泊まるホテルがあるし、お店もあるから行きたい

「クヒオ通りから北のアラワイ運河方面は用事が無ければ近寄らない方が賢明です(ドヤ顔)」

 

と言われても、そっち方面に行きたい店やホテルがあるんだけど・・・(;´Д`)

 

と、思った方もいるかもしれませんよね

例えば、下の図のように、夜マグロブラザーズに行きたいとか、アラワイ運河沿いのホテルに泊まっているので夜、絶対に歩くことになる・・・とかですよね。

まず、お店ですが、明かりが付いていて観光客がたむろしていれば行くのは何も問題ありません。

あくまで危険なのは暗くて人がいない場所ですから。

この写真は夜のマグロブラザーズで撮影したものですが、明るいですし、人もたくさんいるので、まったく危険なことはありません。

マグロブラザーズ美味しいのでぜひ行ってみてください。

 

そしてアラワイ運河沿いのホテルですが、先ほども書いたように

 

・なるべく一人で歩かない

・ダラダラ歩かない、早歩きする

・たまに後ろを振り返る

 

を必ず気を付けて歩いてください。

どうしても一人で歩かなければいけないときは

 

ダッシュする

 

これくらいの警戒心をもって行動した方が良いです。

 



ビビらせるようなことを書いてますが、実際はもっと安全です、でも

ここに書いてあることは、僕の嫁のような警戒心が強くてビビりな人向け

言い換えれば、安全係数をたっぷりとってあるので、中には

 

そんなに警戒しなくちゃいけないの?( ゚д゚)ポカーン

 

と驚かれた方もいらっしゃると思います。

ぶっちゃけて言えば、実際はもっと安全で危険な雰囲気はありません。

ほとんどの人は、何が危険なのかわからないまま帰国すると思います。

 

でも、旅は無事に帰ってきてこそ旅です、無事に帰ってこればまた旅に出られます。

旅行先で一番に考えることは無事に帰ってくること、なので、警戒しすぎて悪いことはありません。

 

事実として言えることは、ハワイは日本より犯罪の発生件数が多いこと、銃を所持できること、ワイキキにはホームレスがたくさんいることを考えれば。

日本にいる以上に警戒することはやはり必要と考えます。

 

ワイキキのホームレスの話はここでたっぷりしています。

行くとビビるほど多いので、知っておくと心構えができると思います

【ハワイの闇】旅行者目線で語るホームレスの話、危険な目に遭ったことは?

早朝の暗い時間のワイキキは大丈夫なの?

そしてもう1つ、暗い時間と言えば早朝もあります。

早朝、暗い時間のワイキキは

 

驚くほどたくさんの人が歩いているので

 

実はさほど危険な雰囲気はありません。(皆さん早起きですね)

もちろん、アラワイ運河沿いなど人が少ない場所へは行かない方が良いですが。

カラカウア通りやクヒオ通りは人がたくさん歩いているので、朝からジョギングをしたい、散歩をしたいでも大丈夫です

ただ、散歩をするなら少し明るくなってからの方が気持ちいですけどね。

 

早朝、カラカウア通りを散歩してる様子はこの動画をどうぞ

チャンネル登録はこちら

明るい時間はどこも安全

最後には明るい時間の話をしますが、明るければワイキキ周辺であれば危険な雰囲気はありません

ビーチ沿いの公衆トイレも何度も使っていますが、危険な雰囲気はありません。

アラワイ運河沿いを歩くのも大丈夫。

 

僕たちも、散歩でアラワイ運河沿いを何度も歩きましたが、夜と違ってとてもいい雰囲気です。

散歩してる人やジョギングしている人も多いので、気持ちよく歩けると思います。

 

明るい時間の雰囲気を知りたい方はこの動画をどうぞ

ワイキキ以外の場所もいっぱい映っていますが・・・雰囲気は伝わると思います。

 

 

もし初めてハワイに行かれるのでしたら、この記事も読んでおいて損は無いです。

↓↓↓

ハワイ旅行で買い物や食事が楽になる何度も聞かれる3つ英語を紹介します

 

もっともよく聞かれる3つの英語を実践動画付きで解説しています。

ハワイ旅行の失敗や困ることがかなり減ると思うので、この3つの英語だけでも覚えておきましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ガイドブックには載っていないハワイに関する情報はこちらにまとめてあります

↓↓↓↓

 

 



 

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます