こんにちはヤニックです

 

今回は初めてハワイの方のための情報です、きっと初めてハワイの方が1番ドキドキする入国審査、入国手続きですね

海外旅行が初めてならもっとドキドキですね、外人さんと対峙しなければいけません・・・・

 

*入国審査はカメラ禁止なんで今回、写真はありません




ざっくり言うと

この記事をざっくり解説するとこんな感じ

・とにかく他の日本人旅行者の後に付いていこう、でも最後の出口は気をつけよう

・審査官は人によって全然態度が違うけど、こればかりは運だから諦めよう

・入国審査でやることと言えば、パスポート見せて、指紋撮るだけ

・「サム」と言われたら親指の指紋を取る、の意味

飛行機を降りた後どこに行けばいいの、どこに並べばいいの?

飛行機を降りた後、どこに行けばいいか、入国審査はどこに並べばいいか、初めてハワイだったら、そんな心配もあるかもしれませんが、そんな心配は無用です

 

同じ飛行機に乗った日本人の後について行けば間違いないので。

 

何も心配ありません。

入国審査の会場でも、日本語を話すスタッフいて、こっちに並んでね~みたいな感じで誘導してくれます、とにかく、他の日本人の流れに付いていきましょう。

 

え?はぐれないか心配?

 

大丈夫、日本人の数は5人とか10人とかそんなチンケな数じゃないです、大量に日本人がいるので、絶対にはぐれないです。

英語が話せなくても大丈夫だけど、人によって態度が違う

ハワイの入国審査は大したこと聞かれないので英語が話せなくても何も問題ありません(僕自身話せないし)簡単な日本語なら使ってくれます

 

「タイザイキカン?」

「モクテキハ?」

 

みたいな感じ

それに対しては、単語で答えちゃえばいいです。

滞在期間が7日なら

 

「セブン!!」で十分

「セブンデイズ!!」まで言えれば完璧ですよホント

目的もどうせ旅行なんで「サイトシーン!!」で十分

 

ただ、人によって全然態度が違うんで、クールな人に当たると終始ドキドキする羽目になるかも・・・クールな人は無口、無表情ですが必要最小限のことしかしゃべらないので、楽っちゃ楽なんですけど、沈黙の時間が長いので

本当にハワイに入れるの?って若干不安になったりします。

 

これが一転、陽気な人もいて

「ハワイは何回目?」

「ハネムーンなの?」

「僕、日本が好きなんだ」

みたいなことを聞いてくる人もいます。

こういう人だと終始リラックスですね。人によって態度が全然違うんで・・・・これは運ですね

 



入国審査での実際の流れ

入国審査でやることと言えば、パスポート見せて、指紋撮るだけです、エスタや航空券の控えを見せることはありませんが僕は念のため写しを持っていきます。

 

昔は

「滞在期間は?」

「滞在目的は?」

なんて聞かれましたが、指紋が始まってから最近は聞かれなくなりましたね。(人によっては聞いてくるけど)

具体的な流れはこんな感じです(人によって若干変わります)

 

1,列に並ぶ(空港職員がどの列に並ぶか誘導してくれる)

2,呼ばれる

3,パスポート出せと言われる

(この時、マスクやサングラス、帽子をしていると外せと言われる)

4,右手の親指の指紋撮る

5,右手の親指以外の指紋撮る

6,左手の・・・以下略

7,左手の・・・以下略

8,問題なければパスポートに判子押して返してくれる(ここで質問されることもある)

9,終わり

 

こんな感じです

ちなみに、飛行機の中で書く税関申告書は入国審査で提出するものではありません。出そうとしても、いらん!!って言われるだけですけどね。

「サム」と言われたら親指の指紋を撮るという意味

入国審査では「サム!」とか「サム、プリーズ」とか言われます、サムの意味がわからず、なんじゃらほい?ってまごまごしていると、審査官の人は

こうやってきます

↓↓↓↓

いえ~い!!

 

なんだ、褒めてくれてるのか?ノリの良い審査官じゃないか。

「おお、センキュー、センキュー、ハワイ最高ですね!!」とかってリアクションしたらダメですよ。

褒めてるわけじゃないです。

 

指紋撮るからさっさと親指出せ!!

 

って意味なんで、間違えないように。

「サム!」とか「サム、プリーズ」と言われたら、親指の指紋撮りましょう。

 



スーツケース受取場所は?

入国審査を終えると、階段を降りて荷物を受け取りに行きます。

一方通行なので迷うことはないですけど、心配なら旅慣れてそうな日本人の後に付いていきましょう、行き先はみんな同じなんで。

ハワイの空港は日本と違って、ターンテーブルにパワフルなスタッフがいて、ガンガンスーツケースを下ろします。

ターンテーブルに自分の荷物が周って無ければ高確率で、もうすでに下ろされていますので、ターンテーブル付近を探してみましょう入国審査に時間がかかるんで、すでに下ろされてる場合が多いです。

税関を通って、ハワイに到着!!

最後、税関で税関申告書を提出します。

この時も他の日本人の流れに付いていきましょう。

「スーツケース取ったら、あっちだよ~」って誘導してる人はいるんで、誘導に従って動きましょう。

 

ただ、この税関ですけど、僕はもう何度もハワイに来てますが、いまだに誰に渡せばいいかよくわからないんです・・・それっぽい人がいっぱいいて・・・・(*´Д`)

 

渡そうとするとあっちだよ、みたいに言われます。

でも、ちょっとくらい間違っても大丈夫、親切に教えてくれるんで。わからなかったらそれっぽい人に渡してみましょう。

何度も言いますが他の日本人の流れに付いていけば何も問題ありません。

税関を抜けたらツアー客は左、個人旅行は右

税関を抜けたら最後の分かれ道

ここでは

 

絶対に他の日本人の後についていかないように(念押し)

 

HISやJTBなどのツアー客は左、個人手配の人は右に出るからです

初めてハワイの場合、多分ツアーだと思うので左ですね、間違っても、前の人についていって右から出ないようにしてください。

左からでると、看板を持ったスタッフが沢山いるので、自分が参加したツアーのスタッフに声をかけましょう、ツアースタッフは日本語が通じます。

 

税関を抜ければもうそこはハワイです外に出た瞬間、真っ青な空があなたを迎えてくれますよ

お疲れ様~

 

最後の分かれ道を右から出た(個人旅行)の様子はこちら

ハワイ個人旅行の手配方法を徹底的に解説しました。

イノウエ空港の様子はこちらをどうぞ

チャンネル登録はこちら

帰りの情報はこちらです

↓↓↓

ハワイ個人旅行、帰国日のホノルル空港への移動と出国手続きを解説

 

ガイドブックには載っていないハワイに関する情報はこちらにまとめてあります

↓↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます