こんにちはヤニックです

 

最近になってスタバは、日本でもあちこちにできていますが

ハワイでもそれは同じです、あちこちにありますし

印象としてはどんどん増えてる印象です。

 

基本的な利用方法は、日本のスタバと同じですが

違う部分もあるので日本とハワイのスタバの違いも書いていきます

 

スポンサードリンク

 

ハワイのスタバ、チップは不要

スタバに限らず、ハワイでセルフ式のお店はチップは不要ですが

レジの前にチップ入れがある店が多いので

スタッフの対応がすごく良かったり

ちょっと手間かけさせちゃったなとか

そういう時は気持ちくらいは入れてもいいですね

 

僕は英語が出来ないので、うまく注文できなかった時でも

すごく笑顔で嫌な顔ひとつしないで対応してくれるスタッフだと

入れてしまいます・・・・

 

チップは気持ちなので

ありがとうね、ごめんねを直接的に表現したい時に

うまく使ってみてください

 

スポンサードリンク

 

日本語は通じない(ホノルル空港店だけはほんのちょっと通じる)

基本的にハワイのスタバは日本語は通じません。

ホノルル空港にある、1番混むスタバ

(セキュリティーチェックを抜けてすぐのところにあるスタバ)

ここだけは日本語が少し通じます。

日本人が沢山来るからでしょうね。

 

なので、注文は英語ですが

メニューやサイズは日本と同じなので

(限定メニューは違うけど)

日本と同じように注文しても通じます。

 

注文方法としては、飲み物の種類とサイズを言うだけでOKです

「アイスカフェラテ、トール、プリーズ!!」とか

「ホットモカ、グランデ、プリーズ!!」

で十分通用します。

 

注文すると名前を聞かれる

ここに詳しく書きましたが

↓↓↓

ハワイ旅行でスタバやカフェを初めて利用した人が必ず戸惑うこと

注文が終わると最後に名前を聞かれます。

この名前は注文が出来た時に呼ばれます。

名前が呼ばれたら取りに行く、これは日本との違いですね

 

スポンサードリンク

 

52セントでおかわりできる

日本のスタバでも100円でおかわりできますが

ハワイはそれよりさらに安い52セントで出来ます

ただし、条件はあります

 

・最初に飲み物を購入していること(種類は自由)

・お店から出ていない

・トールサイズのホット/アイスコーヒー、ホット/アイスティーがお代わりできる

・対象の飲み物以外は、通常料金

 

おかわりできる商品は限定されますが

(日本でも同じだったと思う)

52セントで、コーヒーか紅茶がおかわり出来るのは

知っておくといいですね

おかわりする時は

 

「リフィル、プリーズ」で通じます。

 

個人的にスタバより美味しいと思うハワイのカフェ

最後に、ここまで書いておいて何なんですが

僕はスタバが好きじゃないんです。

 

好みの問題ですが、もっともベーシックなコーヒーの味が

僕には合わない味なんですよね・・・

なので日本ではまず自分では行きません

(嫁が好きだからよく行かされますが)

ハワイは、休憩がてらに利用するくらいです。

 

僕がハワイで好きなコーヒーは

ベアフットビーチカフェと

アイランドビンテージコーヒーです。

ワイキキ、アイランドビンテージコーヒー並ばない、オススメの時間帯は?

ベアフットビーチカフェの行き方と注文方法、日本語は通じる?

ここのコーヒーはほんとうまいです。

1番はやっぱりアイランドビンテージコーヒーかな

ホットコーヒーとアサイーボウルが超ベストマッチですよ。

 

ガイドブックには載っていないハワイに関する情報はこちらにまとめてあります

↓↓↓↓

 

スポンサードリンク

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます