こんにちは、奈月です。

 

2017年9月に夫婦で乗船した、コスタ・ネオロマンチカ。

乗船前に気になったのが、服装・ドレスコードです。

 

船旅でよく見るフォーマル・カジュアルの区分以外に、コスタ・ネオロマンチカには「テーマナイト」というのがあるんですよね。

 

旅行の最終案内で送られてきたクルーズガイドを参考に、服装を考えて乗船しましたけど。

実際のところ、乗客の服装がどんなだったかも含めて、書いていきますね。

 

スポンサードリンク

 

フォーマルナイトは、ややカジュアルな印象

まずは、フォーマルデーの服装について。

 

乗船前に送られてくるクルーズガイドの説明だと、下のような感じですね。

 

私達がコスタ・ネオロマンチカに乗る以前に乗船した、ダイヤモンド・プリンセス、セレブリティ・ミレニアムの2船と比べるとややカジュアルな感じですね。

 

先の2船では、フォーマルナイトと言うとタキシードを着ている人もチラホラいるような状況でしたが、説明書きを見る限り男性はスーツでもOK。

旦那は、写真のスーツ持参。

 

他の乗客の方を見回しても、「結婚式スタイル」というと一番分かりやすいですかね。

 

披露宴に出席するような格好の方が多かったです。

 

私達夫婦も、披露宴に出席する時と同じ格好で行きましたので、違和感なく溶け込めました。

 

スポンサードリンク

 

カジュアルナイトはちょっとよそ行きの格好

カジュアルの日は、ちょっとよそ行きの格好ですね。

オシャレなレストランに行く、とかイメージすると良いです。

 

男性は、襟付きシャツ+長ズボン。

冷房対策も兼ねて旦那はジャケット持参。

もっとカジュアルな感じの日もあります。

 

私はちょっとオシャレしたい時に着るワンピースを2着持参して、着まわしました。

支度中の写真ですみませんが(汗)、こんな感じのワンピース。

 

あと、こちらの記事でも書いていますが、ストールなどの巻き物が着まわしの時にも便利でした。

・関連記事⇒春の豪華客船旅は寒い?悩ましい服装選びはルートも考慮して

 

冷房などの寒さ対策にも使用できるので、おしゃれした時用のものを1枚持参すると良いかも。

 

スポンサードリンク

 

テーマナイトは実際に皆テーマ服着てる?

さて次は、テーマナイトです。

クルーズガイドでは、下のように回数の目安が書かれています。

 

さて、乗船してから分かったんですが、このテーマナイト。

 

事前に知っていたテーマナイトは、「ホワイトパーティー」と「浴衣パーティー」の2種類でした。

それ以外の日は、「フォーマルナイト」か「カジュアルナイト」の2種類。

 

説明書きにも、「カジュアルナイトのうち2回はテーマナイトがある」と書かれていて、浴衣パーティーとホワイトパーティーが記載されています。

 

でも、私達が乗船したときは、カジュアルの残り2日が、さらに「カーニバル1日・イタリアン1日」とされていました。

 

↑実際のカーニバルナイトの日の船内新聞

 

つまり、実際のドレスコードは、「フォーマル1日・カジュアル4日(カーニバル1・ホワイト1・イタリアン1・浴衣1)」という感じでした。

 

カーニバルとイタリアンを事前にあえて知らせていないのは何故・・とちょっと思ってしまった。(笑)

テーマ的に事前の準備がし難いからなんでしょうか?

 

まぁ、テーマナイトは、その格好をしなくても良いんだけど一緒の格好で盛り上がろうよ、的な日なのであまり気にしなくて良いという事なんでしょう。

 

でもせっかくなので、事前に知らされていた浴衣パーティーは、浴衣を持参して着て参加してみましたよ~♪

バーの親切なスタッフさんと。

 

浴衣を着ているせいか、スタッフさんからかなり声をかけて頂きました。

縁日ゲームにも積極的に参加してます。(笑)

 

他の乗客で浴衣姿の方は、チラホラいるかな・・といった程度。

私が乗った時は、浴衣姿は一割くらいかな、スタッフさんの方が浴衣率高めでした。

 

夏休み期間中だと、親子連れが多いので、乗客の方の浴衣率も高かったかもしれませんね

 

でも、浴衣を着ている人が少なくても、浮くということはないですし、むしろスタッフさんに顔を(というか浴衣を?)覚えてもらって、楽しい気分になる事ができるかもっ。

 

ちなみに、もう1つ事前に分かっていた「ホワイトパーティー」は、何か白いものを身につけるというテーマ。

この日は、ホワイトパーティーのイベントの時間にレストランの予約を入れていたので、他の乗客の方の服装を見れず・・。

 

ただ、白いものを身につける、というお題なので取り入れやすいですね。

 

事前に知らなかった「カーニバルナイト」は、船内でマスクを販売していましたけど、着けている人をほとんど見かけませんでしたねぇ。

↑カーニバルナイトの会場の様子

 

同じく、「イタリアンナイト(緑・白・赤)」も、取り入れている人はほとんどいなかったです。

小さい子供さんで、緑の服を着ている子がいて、それは超可愛かったな。

 

イタリアンナイトの日は、船内でテーマナイト用の小物を作ってみましょう、というイベントが昼間にあったので、私はそれを着けて気分だけ楽しみましたよ。

船内イベントで作ったイタリアンカラーのお花。

 

ポーチに着けて持ち歩きました。

 

◎テーマナイトの様子をまとめると

・浴衣パーティーは、浴衣を着ている乗客は僅かだが居た。

・浴衣を着ていると、縁日イベントにも参加しやすい

・事前に知らない「イタリアン」と「カーニバル」は取り入れている人がさらに少ない

・ホワイトパーティーは見ていないので分からないが、白い物なので取り入れやすそう

 

まぁ、参加すると思い出にもなりますし、気分も上がります。

これから乗船される方は、テーマナイトを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

コスタネオロマンチカに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています、実体験した情報ばかりです。

↓↓↓

 

スポンサードリンク

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます