こんにちはヤニックです

 

ダイヤモンド・プリンセス、乗船前よくある質問16ということで、ダイヤモンド・プリンセスに2年連続で乗船したので、書いていこうと思います。

よくクルーズのパンフレットやブログには、Q&Aが乗っていますが、そのどれもが一般的な答えで実際問題はどうなの?建前な答えじゃなくて、実際に乗船した人から聞きたいよ!!って方もいると思うので(僕はそのタイプ)

実際に乗船した僕が、本当のところを答えてみました。




Q1.クルーズ代金に含まれるものは?

一般的な回答

キャビン(客室)の宿泊代金、食事代金、エンターテインメント参加代金(ショーやダンス教室など)

実際は?

 

間違いないです

 

ただ、日中開催される教室は有料のものもあるので船内新聞はよくご確認を、無料の教室でも、人気がある教室で、人数制限があるものは、あっという間に席が埋まって、参加できないこともよくあります。

あと、客室では映画が無料で見放題です、映画が無料なのは、かなりありがたいですよ。

 

関連記事

ダイヤモンド・プリンセス船内イベント、教室は混雑気味、終日航海日の過ごし方

Q2.旅行代金に含まれないものは?

一般的な回答

アルコール、一部のソフトドリンク等、カジノ、ショッピング、船内チップ、ランドリー、スパでのマッサージやエステ、その他個人的な費用と考えられるものは、クルーズ代金には含まれません。

実際は?

 

間違いないです

 

船内で使うお金の多くは飲み物代になると思います、次に多いのは写真だと思います、ダイヤモンド・プリンセスは最終日になると写真売り場に長蛇の列が出来ます。

他の船に比べて、写真の売り方がうまいと思います。

これはフォーマルの日に必ず目にする行列ですが、みなさんプロに写真を撮ってもらうために並んでいます。

この写真がまた、うまく写るんですよね・・・思わず買いたくなるクオリティです(ちょっと若く写るから人気があるんだと思います。)思いっきりおめかしする人ほど、写真を良く買っているみたいです。

Q3.船内での支払いは?

一般的な回答

乗船手続きの際に渡される「クルーズカード」で行う、船内での支払いはこのカードと伝票へのサインで行い、チェックイン時に登録したクレジットカードで決済できます。

実際は?

 

間違いないです

 

ダイヤモンド・プリンセスは、乗船手続きの時にクレジットカードを提示することで、クルーズカードによるクレジットカード決済が可能になります。

チェックインの様子、日本語が喋れるスタッフばかりです。

 

昔は、何かを注文する度に、レシートが発行され、その都度サインを求められましたが、今はサインが無くなったみたいです。

そのおかげで、飲み物の提供時間が早くなったし、受け渡しもスムーズになりました、それは良いのですが、今度は料金の確認をその都度やらなくなったので、料金に間違いないか、その場での確認が出来ません。

確認をするには専用の端末を使って確認しなければいけません、よっぽど間違えてることって無いですけどね(今まで一度もありません。)

 

関連記事

ダイヤモンド・プリンセス船内会計明細の確認方法と読み方

Q4.チップは必要?

一般的な回答

必要、でも都度支払するシステムではなく、チップ額が自動的にチャージされるシステム

実際は

 

間違いないです

 

これが実際の船内会計の明細ですが④のHotel Gratuityが毎日計上されるチップです。

 

なので、クルーに直接チップを渡すシチュエーションはありませんが、親切なクルーが多いので渡したいこともあると思います。

そういう時はフロントの横にチップ袋が置いてあるので、現金を入れて渡すことも可能です。

Q5.船酔いや体調が不安なんです

一般的な回答

フィンスタビライザーという横揺れ防止装置で、揺れが軽減されています。

実際は?

 

海の状態次第でかなり揺れる

 

ファンスタビライザーで揺れが軽減されてるのかもだけど、実際に体験する揺れはかなりの揺れの場合があります、

ダイヤモンド・プリンセスだと、特に太平洋沖を航海中揺れることがあります。

海の状態によっては地震かと思うくらい激しく揺れることもあります、酔いやすい人は、必ず酔い止めを持っていってくださいね!!

 

必ずですよ!!

 

嫁が実際に船酔いでダウンした日の旅行記です

ダイヤモンド・プリンセス船内イベント、教室は混雑気味、終日航海日の過ごし方



Q6.船内での食事は?

一般的な回答

メインダイニングやビュッフェレストランなど基本の食事はクルーズ代金に含まれています。食事はフルコースを用意し前菜からメイン、デザートまで好みで好きなだけ選ぶことができます。基本的には軽食やルームサービスなども含めると24時間船内のどこかで食事をすることができます。

実際は?

 

間違いないです

 

ダイヤモンド・プリンセスはビュッフェがかなり充実しているので、夜遅くまで、美味しい料理やデザートを食べることが出来ます。

メインダイニングでも好きなものを好きなだけ食べれます、美味しい、美味しい言いながら食べていると、そんなに美味しいなら、もう一皿持ってこようか?くらの勢いで聞かれます。

量的に、前菜はかなり少なめなので、迷ったら、2,3皿頼んでしまっても問題無いです、メインはかなりボリュームがあるので、頼みすぎ注意です。

Q7.船内での情報はどうしたら?

一般的な回答

船内のイベントプログラムのスケジュールや寄港地ガイド、ドレスコードなど、様々な船内情報を網羅した船内新聞が、毎日宿泊キャビンに配布されます。

実際は?

 

間違いないです

 

船内新聞は毎日確実に自分の部屋に届けられますし、日本人なら、何も言わなくても、ちゃんと日本語の新聞を届けてくれます。船内新聞があれば、船内の情報は十分です。

それ以外、入国審査の情報や、税関申告書なども、何も言わなくても日本人向けのものを部屋に届けてくれます、必要な情報は全て部屋に届くと考えて問題ないです。

ダイヤモンド・プリンセスは特に船内イベントが充実しているので、船内新聞は小さな文字でびっしりかかれています。

クルーズ旅行はとにかく紙がたまるので、100均のファイルを1つ持っていくとスッキリ整理出来いるのでオススメですよ。

 

関連記事

初心者向け:初めてのダイヤモンド・プリンセス、準備しておくと良い荷物

Q8.喫煙はできますか?

一般的な回答

パブリックエリアの指定された場所で喫煙ができます。ただし客室とバルコニー、ショーラウンジ、劇場、ダイニングルーム等のパブリックエリアは全面禁煙となっております。

実際は?

 

間違いない

 

ダイヤモンド・プリンセスは愛煙家にとっては、居心地の悪い船かもしれません、というのも吸える場所がかなり限られているからです。

7番デッキにある喫煙スペース、歩いて行こうと思うと、かなり遠い場所です

15番デッキにひっそりとある、喫煙スペース

船内で堂々と吸えるのはここかな?スモーカー専用のラウンジ、ここはいつも愛煙家で賑わっています。

 

逆に嫌煙家にとっては、すこぶる心地の良い船です、タバコのにおいは、まったく感じることがありません。乗船を契機に喫煙してみるのはどうですか?

Q9.船内での過ごし方は?

一般的な回答

クルーズ船内ではシアターやラウンジでのショーやミュージカル、生演奏などのエンターテインメントプログラムを楽しめるほか、デッキのプール、カルチャープログラム、トレーニングジムなど、無料(クルーズ船によって異なります)で楽しめるプログラムが用意されています。退屈するひまなどないのが海外クルーズです。

実際は?

 

ネット依存症じゃなければ超楽しめる

 

ダイヤモンド・プリンセスほど、船内のイベントが充実している船は無いと思います、かなり充実していて、あっという間に時間が過ぎ去ると思います。

あちこちで生演奏のライブをしていますし、カラオケにクイズに、ショーに、ハワイアンに、ハッピーアワーに、オークションに、ビンゴに、パーティーにアフタヌーンティー・・・と、とにかくイベントが山盛りです。

疲れたら、部屋で映画を観ることも出来ます。

イブニングショーのレベルも高いです。

 

ただ、それはすべてオフラインの話で、ネットに繋がっていないと生きていられない!!という、ネット依存の人には辛いかもしれません。

ダイヤモンド・プリンセスのwi-fiは遅くて高いので、常時繋げ続けるのは現実的では無いんです。半強制的にネットを遮断されるんで、ネットに繋がっていないと楽しめない人には、船内で退屈するかもしれません。



Q10.カジノや免税店のショッピングを楽しみたいのですが、24時間営業ですか?

一般的な回答

いいえ。カジノと免税店は寄港地に停泊中は営業することが出来ません。

実際は?

 

間違いないです

 

日本の海域にいる間は、免税店もカジノも閉まっていますが、毎日、どこかの時間で開います、船側もカジノとショッピングで稼ぎたいでしょうし(ボソッ)

Q11.外国語が不安なんです

一般的な回答

主に船内での公用語は英語です。片言の英語と表情やジェスチャーでのコミュニケーションでも大丈夫です。

実際は

 

間違いないです

 

大半のクルーは英語しか喋れません、ポイントポイント、重要な箇所には、必ず日本人スタッフが配置されていますが、常に日本人スタッフが居るわけではありません。

ハワイや、グアムくらいに日本語が通じる感じかな?

ただ、クルーは日本人にすごく慣れているので、つたない英語でも汲み取ってくれるし、察しもいいです、人によっては片言の日本語くらいはしゃべります。

 

多少の行き違いがあって、不便な思いをすることもあるかもしれませんが。

 

外国船の中は、外国です

 

日本ではありませんので、英語が喋れなければ、多少不便な思いをするのはしょうがないです(実際は不便なことなんて全く無いですけど)。そこは折り込み済みで乗船した方がいいですね。

どうしても、言葉で不便をするのは嫌だというなら、外国船は向いていないので止めた方が良いです、完璧に日本語が通じる、飛鳥Ⅱが良いんじゃないでしょうか?

Q12.携帯電話やインターネット環境はどうなっていますか?

一般的な回答

客室ではお客様のパソコンを持参して、無線LANインターネット接続が可能です(有料)。回線がつながりにくい場合がございますので、予めご了承ください。。

 

実際は

 

間違いないです

 

洋上であっても、自分のパソコンをネットに繋げることは可能です・・・・が、恐ろしく高く、恐ろしく遅いです

なので、常時繋げておくとか、退屈だからオンラインゲームを楽しむとか、そういうのは向いていないです。

どうしても確認しなければいけないメールがある、とか、そういう時くらいかな?利用するのは

 

日本の港に停泊中は携帯の電波は普通に入りますし、外国の港でも無料wi-fiが設置されていることがほとんどなので、用事を済ますなら、港に停泊中が良いと思います。

洋上ではネットを遮断して、船内イベントを楽しみましょう。

 

関連記事

ダイヤモンド・プリンセスのwi-fi、ネット接続環境は悪いし高い

Q13.アルコール飲料(お酒)の持込みできますか?

一般的な回答

アルコール飲料の船内持ち込みは、固く禁じられております。持参した場合は、下船まで船内に預けることになります。ワインなら一人1本まで持ち込み可能です

実際は

 

間違いないです

 

アルコールの持ち込みは制限されていますが、ソフトドリンクは無制限なので持ち込みし放題です、船内にはペットボトルのお茶は無いので、僕たちはお茶を持ち込みます。

コーラも船内のものは高いので、外で買います。



Q14.金庫は備え付けがありますか?

各客室に、金庫(セーフティーボックス)は備え付けられています。

実際は?

 

間違いないです

 

実際の金庫の様子は動画で撮影したので、こちらをどうぞ

↓↓↓

Q15.日本の電化製品は船内で使えますか?

一般的な回答

外国船でも日本仕様のコンセント差し込み口がありまり利用できます。アイロンや備え付け以外のドライヤーなど高熱を発する機器の持ち込み、使用は禁止されています。

実際は?

 

間違いないです

 

日本の電化製品は間違いなく使えます。

実際の様子は動画で撮影したので、こちらをどうぞ

↓↓↓

Q16.クルーズ内での服装が心配。特にフォーマルナイトの日はどのようにすれば?

一般的な回答は?

日中はお好きな服装で大丈夫です。夕方以降の公共の場所 、及びダイニングでのディナー時の服装は毎日指定されます。船内新聞にてドレスコードを確認いただき、ドレスコードにあった装いを心掛けるようにしてください。

 

実際は?

 

共有エリアはそこまで厳しくない

 

レストランに関して言えば、ドレスコードを遵守しないと、入れてもらえないこともあるので注意が必要です。

レストラン以外の共有エリアは、そこまで厳密にドレスコードを制限しているとは思えません。

スマートカジュアルの日なら、Tシャツ一枚とか、ラフな人もいます。

 

フォーマルの日になると、圧倒的多数の人がドレスアップして、共有エリアに降りてきます、そのなかでも、ごく少数、ラフな格好の人を見かけますし、それを咎められることもありません。

フォーマルの日に撮影、外人さんはタキシード率高いです

 

要は、本人が気にしないなら、好きな格好でも問題ないということになります・・・が

あなたが良くても、相方はそうは思わないかもしれません、奥さんや、彼女は、それを恥ずかしいと思うかもしれません、淑女に恥ずかし思いをさせることは、紳士のやることではありません。

豪華客船は紳士、淑女の社交の場です、奥さんが恥ずかしいと思うような格好は控えるのが、紳士の振る舞いかと思いますがいかがでしょう?

 

ちなみに、ビュッフェがある上層のエリアはドレスコード適用外なので、ラフな格好でも全然だいじょうぶです、5,6,7階のドレスアップエリアに降りる時はドレスコードに注意してくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?

まだわからないことがあれば、僕の分かる範囲で良ければ、お答えしております、お気軽にお問合わせやコメントからどうぞ

お問い合わせ

 

ダイヤモンドプリンセスに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています、実体験した情報ばかりです。

↓↓↓



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます