こんにちはヤニックです

 

これまで、何度か豪華客船に乗船してきました。

今回は、クルーズ旅行に持っていくべき荷物9選ということで

特に持っていくと良い荷物の紹介です

 

スポンサードリンク

 

持っていくと良いもの1、水筒

img_0116

水筒があると大変重宝します。

船内にコンビニなど無いため

ペットボトルの購入は出来ません

 

バーなどでミネラルウォーターを買うことは出来ますが安くないですね

なので、水分を持ち歩く手段として水筒が重宝します。

 

ビュッフェにサーバーがあるので

そこで、水だけでなく、コーヒーや紅茶なども入れたい放題です。

cimg0929

好きなものを好きなだけ入れられます

 

僕たちは、朝食を取る時に一緒に水筒も持って補充していました。

 

オススメはサーモスの水筒です、真空断熱が優れていていておすすめです。朝入れたコーヒーが昼になっても熱すぎて飲めないくらいの温度を保ってくれます、コーヒーがどこでも持ち歩けるのは便利ですね。

 

船内で飲める無料の水は海水をろ過したものです、普通に飲めるんですが、気になる人は、フィルターを通して飲むとさらにおいしく飲めますよ。

水は毎日飲むので、合わないと辛いです、水にこだわる人はあるといいですね。

 

持っていくと良いもの2:簡易加湿器

室内は、エアコンが切れないため(温度設定は出来る) かなり乾燥します。

何も対策しないで寝ると、翌朝には喉がカラッカラに乾いてて怖いですね

乾燥が気になる人は、簡易加湿器を持っていくか

 

写真のように濡らしたタオルを上から吊るしておくのがいいですね。

こうしておいても、結構乾燥するんですけど・・・無いよりマシです

cimg0861

洗濯物も、乾燥機を使わず、室内に干すという手もあります。

翌朝には、カラッカラに乾きます

それくらい乾燥してるってことですね・・・・

 

持っていくと良いもの3:マスク

同じく乾燥対策として、マスクがあるといいです。

夜寝るときに付けて寝れば、多少喉の乾燥が和らぎます。

もし、船内でインウフルエンザにかかってしまうと隔離されてしまいます。

隔離されたら悲惨なので、乾燥対策は怠らないようにしましょう。

 

持っていくと良いもの4:浣腸や下剤

船内の食事はアメリカンな食事が多く

どうしても肉が多くなりがちです。

肉が多くなれば便が硬くなります。

普段、スッキリ出る人でも、食生活が変わると、いきなり出なくなることがあります

img_0125

肉!!

img_0097

肉!!!

img_0073

肉ぅ!!!!

 

僕がまさにそうなんですが、普段はサックサクなのに、旅行に行くと大抵出なくなります。

2,3日なら我慢できますが、クルーズとなれば一週間以上の長丁場も多いハズ

普段スッキリ出る人が、でなくなると、ささやかなストレスになります。

お守りに、1つ入れておくと良いですよ。

 

スポンサードリンク

 

持っていくと良いもの5:電源タップ

室内の電源は案外少なく、不便な場所にあります。

スマホの充電など、1つあると便利ですよ

 

持っていくと良いもの6:酔い止め

大型客船は揺れない、とそこかしこで書かれているので

それを真に受けるととんでもないことになります。

 

豊富なクルーズ旅行経験者に聞いた話ですが

台風や荒れた海を航海するときは

まともに立ってられないくらい揺れることもあるそうです

 

また、4月くらいの太平洋沖では揺れやすいという話もありますし

実際に、4月に、横浜から長崎に行った時は

嫁は酔ってしまい、酔い止めを飲んでいました。

 

たしかに、海が穏やかであれあば、まったく揺れは感じないですが

荒れた海を航海することもあるかもしれません

酔いやすい人はお守りに入れておきましょう。

 

酔いやすい嫁がいつも持ち歩いている薬です。

酔ってからでも効くタイプがオススメです。

 

薬が嫌いな方は、シーバンドを試してみてください。

シーバンドは、試したことがないんですけど、一度使ってみたい商品。

次回の船旅用に購入しようか検討中です。

 

ちなみに、フロントに行けば酔い止めがもらえますが

外国船の場合、外国船の酔い止めになります。

外国のものが不安という方は、普段自分で使い慣れたものを持っていくのが1番です。

 

持っていくと良いもの7:防寒着や長袖

7月や8月の航海の場合、防寒着は要らないと思いがちですが

室内は、ビッシビシにエアコンが効いてるのでかなり寒いです。

 

ハワイのデパートとか、室内がクソ寒いのと同じで

外国人に温度を合わせるので、日本人にはかなり寒いです。

羽織るものを一枚用意しておくといいですね

 

9月くらいだと、夜や、早朝のデッキはかなり寒いですよ

cimg1044

9月12日の撮影

 

スポンサードリンク

 

持っていくと良いもの8:洗濯洗剤

一週間以上のクルーズだと、着なくなった洗濯物は洗ってしまった方が後で楽です。

ダイヤモンドプリンセスは洗濯乾燥機が備え付けられていますが

洗濯洗剤が外国のよくわからない製品しか売っていません。

なので、船で洗濯を考えてる方は、家から洗濯洗剤を持っていくのがオススメです

 

ダイヤモンドプリンセスの洗濯の仕方はこちらに詳しく書いています

↓↓↓↓

豪華客船ダイヤモンド・プリンセスのランドリー(洗濯)の使用方法は?

 

持っていくと良いもの9:100均のファイル

クルーズ旅行をしていると、通常の旅行以上に紙が貯まります。

船内新聞やら、寄港地の観光マップやら

連絡票やら・・・とにかく紙が多いのがクルーズ旅行の特徴です。

なので。100均のファイルを1つ持っていくと

紙類がスッキリ整理出来ますし、そのまま旅の思い出になります。

このファイルはセレブリティ・ミレニアムの時のものですが。

このようにして、まとめておくとかなり便利です

 

持っていくと良いもの10、双眼鏡

双眼鏡もかなりおすすめのアイテムです。

デッキから陸の景色を眺めたり、寄港地でも使えます。

 

安いやつはあまり遠くまで見れないので、この機会に、そこそこのものを買ってみてはいかがでしょう?

 

3000円前後で買えます

 

オススメの双眼鏡をまとめてみました。

豪華客船クルーズ旅行にあると良い持ち物、オススメ双眼鏡4選

finger-icon05_r1_c2ダイヤモンドプリンセス、実際に乗ってみてわかったことなど、生の体験談一覧はこちら

豪華客船、ダイヤモンド・プリンセス乗船記録まとめ

 

スポンサードリンク

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます