こんにちは、奈月です。

今回は、旅のお供のお話をしたいと思います。

 

海外に行く時に、日本の食べ物を持って行きたいな~という人もいると思います。

でも、食品って持ち込み制限があったりして、持って行って良いのか悩みますよね。

 

私が、海外旅行に行く時に必ず持って行っているのが「梅干し」

 

海外で持って行っても良いのか心配・・そんな悩みを感じなくて済むのが、私がいつも海外に持って行っている梅干し「梅ぼし純(アサヒグループ食品)」なんですよ。

 

今回は、「梅ぼし純」について、個人的な感情たっぷりにご紹介する記事になっています。

梅ぼし純を知っている人も知らない人も、よろしければご覧くださいねっ。

 

スポンサードリンク

 

梅ぼし純が、海外旅行におすすめの理由

海外に行くって時に、なるべく空港で止められたりする事態は避けたいですよね。

 

中には、梅干も持ち込んでみちゃえって方もいるのかもしれませんけど、私は小心者なので(笑)

罰金を払う事になってしまう方がリスクも高いし、何よりもイヤな気分になると思うので、ダメなもの・よく分からないものは持っていかないことにしています。

 

ですので、実は今まで本物の梅干しは海外に持っていったことはありません。

毎回、「梅ぼし純」にお世話になっているんですよ~。

 

梅ぼし純は、しそ入りの梅干し(種をとったもの)をフリーズドライしてタブレット型にしたもの。

これなら、生の果物などと勘違いされる可能性も低いし、海外に持っていくのも安心なんですよね~。

 

ところで、実際には梅干しって、海外に持って行っても大丈夫なんでしょうか。

持ち込み品に関しては、国にもよりますが、米国なんかだと制度が変更になったりして、年々厳しくなっているとも聞きますよね。

 

アメリカを例に見ると、果物や野菜・植物、肉・卵製品などはNGですが、加工された食品やお菓子などは基本的には持ち込む事ができるとされています。

 

梅干しは、生のままの果実じゃないのでちょっと悩むところですよね。

でも、加工品でも原材料が明確でない物はダメだと言われる事もあるので、自家製の梅干しなんかだと持ち込み出来ない可能性が高そう。

 

※アメリカへの持ち込み品については、下のページに基本的に持ち込みOKのものが記載されていて分かりやすかったですよ。

米国税関のQ&Aページ(英語)⇒https://help.cbp.gov/app/answers/detail/a_id/3619/~/travelers-bringing-food-into-the-u.s.-for-personal-use

 

加工品には違いないので、はっきりとダメってワケじゃないけど、梅干しを持ち込む場合、一手間あるかも・・って考えるだけでも面倒に違いないです。

 

そう考えると、何も気にすることなく海外に持ち込める「梅ぼし純」良いですよねっ。

梅ぼし純の味などのレビュー

梅干し好きにとっては、梅ぼし純の味も気になることでしょう。

梅ぼし純のお勧めポイント2つを挙げて紹介しますね。

変な添加物などが入っていない

梅ぼし純は、先述した通りしそ入り梅干しをフリーズドライしただけという、まさに純梅干しの原料で出来ています。

 

つまり、変な添加物なども一切入っていないんですよね~。

 

原料の梅も、和歌山県産のものを使っていて安心感は高いです。

(どうやって作られているのか一度見てみたいですけどね)

 

変なものが入っていないから、海外に持って行くだけではなく、子どもの乗り物酔いや、妊婦さんでつわり対策にも食べている人がいるんですよね。

 

私も軽い乗り物酔いならコレで対策してますけど、良い感じですよ♪

本格的な梅干しの味

フリーズドライしただけなので、当然と言えば当然なんですけど、しっかりと梅干しの味がするのがイイ!

 

梅干しの酸っぱさは健在で、それもかなりパンチのある味です。

逆に、はちみつ梅とかの甘い梅干しに慣れている人はムリかもってくらい。

思い出しただけで、唾が出てきてしまいますね~。

 

また、これは梅ぼし純ならではの利点だと思うんですが、かなり長い時間本物の梅干の味を味わっていられるのも良いんですよねっ。

タブレットなので、噛まずに口に含んでいればずっと梅の味がしていますよ。

 

どのくらいの時間なくならずにあるかな、と試しに測ってみたら10~15分ほどは舐めていられました。

長時間梅の味を楽しめるというのは、梅好きには堪らないですね。

 

まぁ、他にもフリーズドライしてあるので持ち運びやすいとか、賞味期限が2年とか良い点は色々あるんですけど、やっぱり私は味に一番惚れ込んでますv

 

スポンサードリンク

 

梅ぼし純よ永遠に・・

梅ぼし純は、毎回購入する際に不思議(というか、心配)だったのが、今でも購入する人がいるんだなーという事。

失礼な話ですけど、経験上、自分以外に梅ぼし純を持っている人に出会ったことがないので・・。

 

でも、噂では自衛隊の行動食になっているなんて話も聞くので、知らないところで需要があるみたいなのでちょっと安心しました。

販売終了になると困っちゃいますから。

 

ただ、販売しているお店があまり見当たらないのが悩みの種。

2年ほど前までは、空港(セントレア)の出国後の売店でも販売していたんですけど無くなってしまったんですよね。

 

今や一番気軽に買えるのが、インターネットになってしまった・・。

参考までに・・2018年4月現在のメーカー希望小売価格が200円です。

まとめ買いすれば、それより安く購入できるのはまぁ良いですけどね。

 

海外旅行のお供の梅干しに悩んだ際には、一度「梅ぼし純」を検討してみてくださいね~。

 

スポンサードリンク

 

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます