こんにちはヤニックです

 

ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパの二階にあるモアナテラスのハッピーアワーに行ってきました。

値段は三人で行って、50ドル(チップ含まず)でリーズナブルだし、サンセットがきれいに見られる、とても素敵なバーだったので紹介します。

バーだけど、しっかり食事は出来るんで、お酒飲みながら、ご飯食べてきれいな夕日をリーズナブルに!!という方に超オススメです。

 

スポンサードリンク

 

モアナテラスに最適な服装、ドレスコードは

ドレスコードは特に無いのでラフな格好で全然OKですが、日が沈むと肌寒くなるので、長袖や羽織るものがあると良いと思います。

 

ワイキキで夕日を見るのに最適な時刻

ワイキキの日の入り時刻をざっくり書くとこんな感じです。

1月:18:00、2月:18:30、3月:18:40、4月:18:50

5月:19:00、6月:19:10、7月:19:10、8月:19:00

9月:18:30、10月:18:00、11月:17:50、12月:17:50

*2016年の時刻です

 

日の入り時刻の30分前までには店に入っておくのがいいですね。

 

ただ、水平線にまっすぐ沈むのは冬の時期で

夏だと、西の方(山の方)に沈んでしまいます。

 

モアナテラスのハッピーアワーの時間、メニュー、値段

ハッピーアワーは16時~18時です。

 

ハッピーアワーは15時~17時に変更になりました

 

メニューはこんな感じ

生ビールが5ドル、トロピカルドリンクが7ドル(ピニャコラーダ、ブルーハワイ、ラヴァフロー、マルガリータ)おつまみが9ドル(ナチョス、イカフライ、チキンウィング)

 

カルーアポーク、クリームチーズ、アボカドディップがたっぷり盛られた、ナチョスが超オススメです、酒によく合いますしお腹も膨れます。

僕たちはナチョスに、クラブサンドを追加、三人で分けても十分足ります。

 

スポンサードリンク

 

モアナテラスは日本語通じる?

残念ですが日本語は通じませんし、日本語のメニューもありません。

お客さんも全然日本人がいなかったので、有名じゃないんでしょうね。

すごくいいバーなのに、もったいないですよ。

 

なので、入店から退店までの流れを簡単に書いておきます。

 

1、席は好きな席に自由に座ってOKです、一番いい席を探して座りましょう。

 

2,ウェイターさんは呼ばなくても勝手に来てくれるので待ちましょう、待ってる間に、メニューを決めておくか、メニューが決まってるならのんびりくつろいだり、写真撮ったり

 

3,ウェイターさんが来たら注文します、指差しでコレ、コレとかで十分通じます。

先に飲み物を頼んで、飲み物が来る間に、料理を決めるのがスムーズです。

ウェイターさんが来た時点で、注文が決まってなかったら「ジャスト ア ミニッツ プリーズ!!」と言えば、時間を開けてまた来てくれます

 

4,お酒、料理、景色を堪能しましょう。

 

5,追加で注文したい時や用事があれば担当のウェイターさんにアイコンタクトして、手を振れば来てくれます、大声で呼びつけるのはマナー違反なので注意

 

6,食べ終わったころに「他に注文はある?」と聞かれます、追加があれば注文を無ければ会計です。

 

7,テーブルでお会計します、チップは乗っていないので乗せて上げましょう。

 

関連記事:【超解説】ハワイ、レストランでのお会計方法、チップのスマートな払い方、現金編

 

大体の流れはこんな感じ、ワイキキの「バー」にカテゴライズされるお店は、大抵この流れなので、慣れていない方は覚えておくと良いと思います。

 

通常のレストランとの違いは、席まで案内されるか自由に席に座っていいかくらいの違いしか無いですけど・・・

 

動画でお店の様子を確認したい方はこちらをどうぞ

 

そしてこのサンセット、きれいですね(モアナテラスから1月に撮影)

 

日本人がほとんどいない穴場的なバーでした。

とてもいい思い出になると思うので、是非

 

 

ワイキキの中心にあるラムファイヤーもサンセットにオススメのバーです

↓↓↓↓

サンセットが見れる・おススメのバー&レストラン ラム・ファイヤー

 

フラグリルもサンセットがキレイです、思い出に残る食事になると思います
↓↓↓

ワイキキで最高のサンセット、フラグリル予約方法と夕日に最適な時刻

 

自分の足で集めたハワイのグルメ情報はここにまとめています

↓↓↓↓

 

スポンサードリンク

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます