こんにちはヤニックです

 

2014年から毎年ハワイにロングステイして、ハワイに関するyoutubeやブログを中心に活動しています。

この記事は

困る女子

・ハワイ旅行が初めてだから英語が怖い

・実際に注文してるところを見てみたい

・何か失敗しないか不安

・テディーズビガーバーガー食べてみたいけど、利用方法がよくわからない。

こういう方にオススメの記事になっています。

 

ハワイの物価は押し並べて高く、特にレストランは、日本より2,3割は高い印象です(チップがあるからよけい高く感じますよね)

その中において、日本より絶対に安く、かつうまいワイキキのお店と言えば、僕はテディーズ・ビガー・バーガーだと思っています。

 

先日も、国内某所にて、本場アメリカンスタイルのバーガーショップに行きましたが、残念ながら、テディーズ・ビガー・バーガーの方が美味しかったんですね。

何が違うって、やっぱり肉質なんだと思います。

 

今回は初めて利用する方向けに、注文方法と注意点など色々書いていこうと思います。




テディーズ・ビガー・バーガーの利用方法を動画で確認する

最初に、テディーズ・ビガー・バーガーの利用方法を動画で確認したい方はこちらをどうぞ。

動画の最後にメニューの見方や、要望が多い、注文してるシーンも収録されていますので、初めて利用される方はぜひご覧ください。

チャンネル登録はこちら

 

この動画を見た方からのコメント

コメント男子

ヤニックさん、ナツキさん、こんにちは、Hunkです。 僕もここ好きで毎回行きます、メニューはヤニックさんと同じですね。 クーポンは確かに日本語だと怪しまれた事有りました、今度から英語のクーポン使ってみます。 ちなみに、この動画空いてますけど、何時頃ですか?いつもけっこう人がいる感じですが。😅 動画観てると食べたくなります。 いつも楽しい動画有り難うございます。

コメント女子

あろは〜               いつも動画楽しく見てます!   Teddy’sほんとにおいしいですよね〜場所はドンキの近くの店舗が好きです。あと絶対おすすめはスペシャルソースを25セントで買ってポテトにつけて食べてみてください!絶品✌️ほんとは内緒にしておきたい🤫

全然知らなかったですがスペシャルソースが注文できるんですね、これは試してみたい!!

情報提供ありがとうございます。

 



テディーズ・ビガー・バーガー利用方法は日本のマクドナルドとほぼ同じ

テディーズビガーバーガーの利用方法ですが、日本のマクドナルドとほぼ同じなので、実はそれほど難しく無いですよ

違いと言えば

・日本語が通じない

・料理を席まで持ってきてくれる

・ドリンクは自分で入れるセルフ式

くらいしか違いがありません。

困る女子

いや、簡単に言ってくれるけど「その日本語が通じない」が一番ネックなんですけど・・・

そうっすよね、日本語が通じれば何も問題ないですけど・・・まあでも、スタッフは親切ですし、日本語メニューもありますし大丈夫です。

ハードル感じるかもですが、美味しいんでぜひチャレンジしてください。

テディーズビガーバーガーの注文方法・日本語メニューあります

テディーズ・ビガー・バーガーはマクドナルドと同じように、セルフ式なのでカウンターで注文します。

カウンターの様子、アメリカっぽいですよね。(好き)

メニューはカウンターリーフレットがあって日本語もばっちりなのでわかりやすいですが・・・慣れないとちょっと見にくいかも。

便利なコンボを選ぼう

マクドナルドのバリューセットのようなセットを頼みたい場合は

右側にあるコンボを選べばOKです、ハンバーガーにポテトとドリンクが付いてくるセットになっています。

僕たちもいつもこのコンボを頼みます。

#1のシングルは150gのハンバーグ

#2ダブルは225gのハンバーグ

#3のトリプルは450gのハンバーグ

#4はチキンサンド

 

コンボにはドリンクとポテトともにSサイズが付いてきますが。

Sサイズと言っても、マクドナルドのMサイズくらいあるので、侮ってると大変なことになります

これが彼らのSサイズの解釈である。

 

よほど大食いでなければ#1で十分な大きさがあるので、#1コンボをオススメしますよ

トッピングを選ぼう

ただ、コンボを選んだだけで、何もトッピングをしないと野菜と肉が挟まっただけのシンプルなバーガーになってしまうので、通常はチーズやベーコンなど、自分好みにトッピングはしてアレンジします。

つまり、コンボ+好きなトッピングという形が一般的な注文になるとおもいます。

チーズはマクドナルドのチーズバーガーに入ってる黄色いチーズでこってり味、ブルーチーズは、青カビが入ったチーズで上級者向け、独特の香りがあるので苦手な人は止めたほうが良いです。

辛いのが好きなら、ハラペーニョがオススメです。

僕はいつもチーズとベーコン、ナツキはチーズだけトッピングします

注文前にクーポンを出そう

さて、メニューが決まったら注文ですが、その前に大事なことがあります

 

クーポン使おうゼッタイ!!

 

はい、テディーズビガーバーガーにはクーポンがあるので、絶対使いましょう、クーポン使うだけで安くなりますからね。

注文前に出さないと使えないことがあるので忘れないように出してくださいね。

クーポンブックカウカウをゲットしよう。

困る女子

カウカウをゲットしようって・・・どこで手に入れれば良いの?よくわかんないんだけど・・・

はい、大丈夫です。

この記事でハワイ初めての方向けに解説しているので、クーポンのことがよくわからない方は読んでおいてくださいね。

↓↓↓

【失敗談】ハワイクーポンの利用方法と知らないと困る4つの注意点

 

注文は指さしで

注文はメニューを指さしながら

 

「ディスワンプリーズ!!(*´▽`*)(笑顔が大事、本当に)」

 

で十分通じます。

無理して英語で注文しようとして変な感じになるより、指差し注文が早いし確実です。

僕もずっとそれでやっていますので、何も恥ずかしいこととかではないです

むしろスタッフにもわかりやすくてWIN-WINですよ。

あと、覚えておいて欲しいのは

セットを頼んだ時、飲み物は聞かれないので選ぶ必要はありません。

これは後で解説しますね

最後にここで食べるか、持ち帰るか聞かれる

最後(最初の時もある。)にここで食べるか、持ち帰るか聞かれます、マクドナルドでも聞かれますよね。

「For here or to go?」みたいな感じで聞かれますが、早いので聞き逃すかもしれません。

For

here

to

go

この単語が聞こえたら、持ち帰るかどうか聞かれてると思って大丈夫です。

店内でたべるなら「For here please.」

持ち帰るなら「To go please.」で通じます。

 

この「For here or to go?」はテディーズビガーバーガーに限らずハワイのあちこちで聞かれる定番フレーズなので、覚えておきましょう。

詳しくはここでも解説しています。

ハワイ旅行で買い物や食事が楽になる何度も聞かれる3つ英語を紹介します

【重要】ジュースはセルフ式

注文お疲れ様でした。

とにかく慣れないと大変に思うのが注文ですが、注文さえうまくいけば後は大丈夫、英語を使う場面は無いので、もう山は越えました。

 

お会計が終わると札をもらえます。

札をもらったら後は好きな席に座ってても大丈夫です。

困る女子

ジュースはセルフ式ってさっき言ってたよね?あれは何なの?

そうっすね、テディーズ・ビガー・バーガーだけでなく、ハワイの多くのファーストフードは炭酸飲料はセルフ式なんです。

なので

 

渡されるのは空のカップだけです

 

上の動画にも収録されているので確認しておいてくださいね。

セットを頼んだのに飲み物を聞かれないのはこのためです、自分で好きなように入れて良いんですよね。

この事実をしらないと戸惑うので注意してくださいね。

 

テディーズ・ビガー・バーガーはカウンターの横にソーダファウンテンと呼ばれる、ドリンクバーのような装置があるので、そこで自分勝手に入れます、何を入れても大丈夫です

好きなだけ飲みましょう。

種類はこんな感じ、日本のように烏龍茶とか、気の利いた飲み物は無いです、甘い飲み物ばかりです、甘くないのはコーラゼロくらいかなぁ・・・

好きなものを好きなだけ、好きなように入れてください、お代わりしても大丈夫ですよ。

 



出来たら席まで持ってきてくれる

テディーズ・ビガー・バーガーは注文が入り次第肉を焼くので、ファーストフードですが、出来上がりに時間がかかります。

でも、それこそがマク○ナルドやバー○ーキングと違うところで、テディーズ・ビガー・バーガーがうまいと思う1つの要因だと思います。

 

先程もらった番号札を見えるところに置いておけばあとはスタッフがとどけてくれます。

僕は最初、このシステムがわからなくて・・・マクドナルドと同じようにカウンターの横にずれてずっと待ってました・・・

はい、失敗談ですね「席まで持ってきてくれる」これを覚えておきましょう。

店内の様子です

ケチャップが欲しい人は待ってる間に取っておきましょう。

あとはかぶりつく!!

 

これがうまいんですよね!!

お肉が直火焼きなので焦げてるんですが、その焦げがうまいんですよね。

最後、ごみはゴミ箱にすてて終わりです。

 

ぜひお試しあれ。

 



まとめ

最後に重要な箇所だけまとめておきますね

・便利なコンボがオススメ

・注文前に忘れずにクーポンを出そう

・コンボ+好きなトッピングという形が一般的な注文

・注文は指さしで「ディスワンプリーズ」が確実

・「For here or to go?」と聞かれたら持ち帰るかどうか聞かれている

・ドリンクは自分で入れるセルフ式

・料理を席まで持ってきてくれる

PS・アラモアナでオススメのバーガーレストラン

最後に余談ですが、もしアラモアナショッピングセンターに行かれるなら、このお店をチェックしてみてください。

アラモアナの4Fのレストランフロアにあるアイランドバーガーです。

ここも美味しいし、種類が豊富ですオススメですよ。

 

自分の足で集めたハワイのグルメ情報はここにまとめています

↓↓↓↓

 

 



 

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます