こんにちはヤニックです

 

豪華客船セレブリティ・ミレニアムの2017年、日本一周春色クルーズ9日間

2日目の旅行記です

 

一日目はこちら

↓↓↓

豪華客船セレブリティ・ミレニアム旅行記、日本一周春色クルーズ9日間

 

今日は、一日航海日で、夜はウェルカムパーティー

そして、初めてのフォーマルナイトです

でも、セレブリティ・ミレニアムのドレスコードはフォーマルではなく

イブニングシックという、まるで病名のようなドレスコードなんですよね・・・

その辺も詳しく書いていこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

セレブリティ・ミレニアムのコーヒーはうまい

目が覚めると9時過ぎていた

よく寝た、外を見ると青い海を疾走している

なんとも気持ちが良い朝だ

 

一個上に上がってビュッフェへ

今回の泊まっている客室からビュッフェへは一個上で殆ど移動が無いので、すこぶる便利なのです

食事は一番後方の席に座る、ここは一番お気に入りの場所

食後、コーヒーを嗜む、ダイヤモンドプリンセスとは比べ物にならいくらい種類が多いが、コーヒーカードのような割安のカードは無いみたいだ。

コーヒー好きだからこれは少し残念

 

ダイヤモンドプリンセスには便利なコーヒーカードという物があります

コーヒー好きなら、割安になるのでオススメです

↓↓↓

ダイヤモンド・プリンセスコーヒーカードはお得か?必要か?コーヒーの味は?

 

コーヒーの種類の多さ、カップのデザインにコーヒーへのこだわりを感じる

(ダイヤモンドプリンセスはさほど感じなかった)

コーヒーはとても美味いです。

 

上田寿美子さんのセミナーへ

マツコの知らない世界で有名になった上田寿美子女史のセミナーに参加する

今回一緒に乗船し、テレビクルーも一緒に撮影をしている

今度、マツコの知らない世界の豪華客船の第三弾に登場するようです。

セミナーは割と面白かった、僕も上田寿美子さんのように

旅行のセミナーをやってみたいと思った。

この先、ずっとこんな生活を続けていたら、その時が来るだろうか?

 

ルーフトップテラスに上がってゆっくりする

ここはすごく気持ちが良いけど、日差しが強い

ぐだぐだ・・・

4月とは言え、日中は日差しがキツく、そして夜は寒い

その為、今回の旅行は殆ど船外にいなかった

それだけが残念だったかな、9月にダイヤモンドプリンセスに乗った時は

殆ど外にいたんだけど・・・やっぱりクルーズは暑い時期が1番なのだと思う。

 

下に降りてハンバーガー食べる、豪華客船と言えば、プールサイドにある

ハンバーガースタンド、一度は食べておかないと

 

 

座る場所が無い、全然無い、まったくない

セレブリティは食べる席が少ないのかいつも混雑している

ダイヤモンドプリンセスはこんなこと無かったのに・・・・

仕方がないので部屋に持って帰って食べる

ベランダがあって良かった

ハンバーガーは美味しかったですよ

 

スポンサードリンク

 

有料レストランの予約、日本語は全く通じず

クイジーヌの予約する、日本語ダメだった

「・・・・・Japanese please]

「・・・No Japanese・・・」

「・・・・」

 

なんとなく英語で予約したけど、予約できてた

セレブリティ・ミレニアムのスタッフ全般に言えることだけど

とにかく英語が早いし聞き取りにくい

一言で言えば

 

日本人に全然慣れていない

 

コレに関して、文句を言いまくる乗客はかなり多かった(特に年配の人)

ダイヤモンドプリンセスはかなり日本人に慣れているので、ツボは心得ているけど

セレブリティ・ミレニアムはまだそこまで出来ていない感じ

 

例えば、夕食になると、座るやいなや

 

「ドリンクは何にしますか?」

 

聞かれます(英語で)。

いや・・・・ドリンクメニューないんすけど・・・

どこを見てもドリンクメニューは無い

どんな飲み物があるかさっぱり見当もつかない。

ここで英語が出来る人なら、会話を楽しみながらドリンクを決めるんだろうけど

 

そんなこと日本人に出来るわけ無いじゃろ!!

 

オロオロしてると

「ビア?カクテル?ワイン?」

まくし立ててきます(本人はそのつもりは無いんだろうけど)

なので、大抵の人は困った挙句こう言います

 

「じゃあビールで!!」

 

でもここで終わりじゃありません

「アサヒ?バドワイザー?ハイネケン?」

こんどは銘柄を聞かれます(これが結構種類が多い)

でも、みんなわからないから、聞いたことあるアサヒを頼みます。

なので、殆どの日本人はアサヒビールばかり飲んでいました。

(ちなみにドリンクメニューはバーと同じなので先にバーのメニューを見ておくと、どんなドリンクがあるか把握出来ます、僕は最初にかならずバーに行きます。)

 

セレブリティ・ミレニアムが日本に本格的に参入するのが

本クルーズが初めてだから、当然船側も対日本人マニュアルを心得ていないわけ。

つまり発展途上な感じなんですよね。

 

でも、スタッフは偉いもんで

何かにつけ

「○○は日本語でなんていうの?」と聞いてきます。

彼らは彼らで日本人に慣れようと必死でした

(その心意気は買いたい、認めたい)

 

なので、現時点では対日本人はダイヤモンドプリンセスの方が上ですが

今後はどうかわかりません、というか、彼らの言葉に対する心理障壁(メンタルブロック)の低さは

僕達日本人こそ学ぶべきものがあると、僕は思うのです。

 

多少間違ってても、本番でガンガン日本語を使うので

成長が早い早い、恥ずかしがって、ろくに英語をしゃべらない日本人は見習うものがあります。

 

カジノでダイスの遊び方を教わる、が・・・・やはり英語

しかも変な訛りがあって聞き取りにくい

一生懸命教えてくれてるけど半分も理解できず

一生懸命教えてくれますが、半分も理解できず。

 

なぜだか知らないけど、セレブリティ・ミレニアムのスタッフの多くは

イタリア語のような訛りがあって、聞き取りにくいんですよね・・・・なんでだろ?

 

厨房見学ツアーに参加する

厨房見学ツアーは日本人ばかり、すごい人数だった

厨房の中はやっぱり面白い

厨房から出ると、有料レストランのアピールタイムが始まる

ディズニーランドのあれと一緒、アトラクションの後に土産売り場

 

これが目当てだなと察する

 

案の定アピールが凄い

「もう予約しましたか?」

攻撃に晒される

さすがアメリカの船、このへんの売り込みは中々のものがある。

有料レストランの料理(本物)がディスプレイされている

ただ、僕たち的にも料理が生で見られるのでとても参考になる

お互いにとってメリットあると思った。

 

思ったより疲れたからジェラート食べる

これが思いの外うまい4ドルで量も多く、そしてうまい

息抜きには最高のおやつだった。

船内にジェラテリアがあります、種類もかなり豊富

 

スポンサードリンク

 

毎日届くカナッペの扱いに困る

そして部屋に戻ると、またカナッペが届いていた。

これ毎日届くのか?

毎日は必要ないんだけど・・・・・

とかいいながら食す

殆ど必要性を感じないカナッペ

 

ついでに明朝のルームサービスも頼んでおく

今回は折角ベランダがあるのでルームサービスを頼んでみたかったのです

明日の朝が楽しみ・・・

 

夕食とウェルカムパーティー

夕食へ今日は船長主催のパーティがあるので

早めに行く、とやっぱり結構並んでる・・・・

みんな考えることは同じだよねぇ、そうだよねぇ

 

本日のカクテルのバカルディがうまかった

セレブリティ・ミレニアムはToday’s cocktailというのがあって

船内新聞に書いてあります、本日のカクテルはリーズナブルでオススメです

僕は大好きなラム肉と嫁はキジを頼む

ラム肉はまぁまぁだった、キジ肉はかなり弾力があって野生的でうまい

キジ肉オススメです。

 

ウェルカムパーティーは大盛り上がり

船長主催のウェルカムパーティに参加する

みんな踊り狂っている

着物の夫婦がチラホラいて、外人さんの注目の的だった

着物を着ていると外人さんに写真をねだられまくっている

こういうところで着物ってアイデンティティを感じられて良いなって思う

 

そうそう、今夜はイブニングシックというドレスコードだったけど

結局(予想どおりだったけど)殆どの人はフォーマルと同じ格好でした

スーツの人が多いですね。

ばっちり決めてる人が大多数

 

女性も、キメッキメの人が多いです。

イブニングシックってなんか中途半端だなって思った

やるなら思いっきりおしゃれしたいって人が大多数だと思うので機能してなかったよ結局

 

まぁでもだからつって、ノーネクタイで浮くかって言ったらそんな事ないです

僕は割りとラフな格好でノーネクタイでしたが全然違和感無く

というか、他人は自分が思ってるほど人を気にしません。

だから好きな格好で大丈夫です。

ジャージとか、短パンとか、あまりにその場に不釣り合いな格好じゃない限り

小奇麗な服着てれば大丈夫です、誰も咎めたりしません。

 

嫁が一緒に踊りたそうだったけど、ゴメン、そういうテンションになれないんです

イブニングショーに行ったけど、社交ダンスだったので早めに出てきた

なんか楽しむ気になれないのです、というのもこの時点で僕は

 

ダイヤモンドプリンセスの方が良かったな

 

って思ってて、どうもセレブリティ・ミレニアムが好きになれないのです

まぁ、それも最初だけで、中盤から一気に好きになるんですけどね・・・

 

最後はコスモスラウンジで飲み直す

誰もいない二人だけだった

静かで良いねここは

誰もいないコスモスラウンジ

 

3日目へ続く

セレブリティ・ミレニアム体験記、長崎寄港、グルメとジブリ大博覧会を堪能

 

セレブリティ・ミレニアムに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています、実体験した情報ばかりです。

↓↓↓

 

スポンサードリンク

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます