こんにちはヤニックです

 

今日は、ワイキキでレンタカーを使った時に、ガソリン満タン返し不要、のオプションを付けたほうが楽だったなぁ・・と思った話です。

 

日本でレンタカーを借りる場合、ガソリン満タン返し不要のオプションはあっても無くても別にどっちでも良いかな・・・と思いますけど。

ハワイ(とくにワイキキ)で借りる時には、ある方が便利だと思います。




便利な理由1,ガソリンスタンドメッチャ混む

あまり知られていないかもしれませんが、ラッシュアワーのホノルルの車の渋滞は最悪です、アメリカでハワイはワースト2位と言われるくらい、交通渋滞がひどいです。

夕方頃から車は増え初めて、それに比例して、ガソリンスタンドも混み始めます、特に、ワイキキに一番近いガソリンスタンド

ここ

↓↓↓

ここの混み具合はヤバイです。

ワイキキと言っても、日本のようにあちこちにガソリンスタンドがあるわけじゃないですし、ワイキキ周辺で入れようと思うと、どうしてもここになります、だから混みます。

旅行に来ていると、忘れがちなのが車の混雑です、例えば、18時にディナーの予約だから、17時にガソリンスタンドにでも入れば大丈夫だろう・・・・なんて見積もりをしていると、あてが外れることもあるわけです。

次の予定がなければ、ぼんやり待ってれば良いですが、予定が入ってると焦ります、焦っても何も変わらないですけどね

便利な理由2,クレジットカードの給油が出来ない

よく、ハワイ向けのガイドブックには、ガソリンの給油はクレジットカードを使えば、楽に出来る・・・なんて書いてありますけど

 

あれ、嘘です

 

アメリカではクレジットカードの不正利用を防ぐために「カード登録住所の(5桁の)ZIP Code(郵便番号)」の情報提供を求められることがあります。

具体的には、クレジットカードを指すと、液晶画面にZIPコードを入れろ、みたいな指示がでます。

 

ジップコードっでなんじゃらほい?(´・ω・`)

 

最初はクレジットカードの暗証番号かと思いましたが、ZIPコードは五桁入力せよ、との指示なので違うようです、意味不明です。

ちなみに、上記のガソリンスタンドがZIPコードを聞かれます、故に、クレジットカードが使えません。(使い方があるのかもだけど、その時はわからなかった)

ジップコードは日本語だと郵便番号を意味しますが、当然、日本の自宅の郵便番号を入れても無意味です(5桁じゃないし)

つまり

 

日本発行のクレジットカードは使えないってことになります

 

周りのアメリカ人達はスマートに給油を終えて行く中・・・はわはわはわはわと・・・

車はすごい行列してるし、どうやっていいかわからなくてあたふたするし・・・・ホント、最悪でした。

 

結局、現金で払うことにしました、現金で払うことを想定していなかったので、何をどうやっていいか、全然わからなかったので、メッチャ困りましたよね・・・・(;´Д`)マジカンベン・・・

ガソリンスタンドのカウンターに行って、身振り手振りで必死にガソリンを満タンに入れたいと訴えたのはいい思い出です。

この時ばかりは

 

やっぱ、満タン返し不要にしておけば良かった!!

 

って、心の底から思いましたよ。

便利な理由3,どのタイミングで給油すれば良いかわからない

満タンで返却と言われても、実際問題どのタイミングで給油をすれば良いかわかりません、ワイキキに近づいてからでいいか・・・と思ってるとハマります。

ワイキキと言っても、ガソリンスタンドは多くないので、結局、最初に書いたガソリンスタンドに向かうことになるわけです。

そして大行列の上に、クレジットカードが使えない・・・と・・・

タイミング的には、ハイウェイを降りて、一番最初に見つけたガソリンスタンドで入れるのが、タイミング的に良いんじゃないかな?って思います。

ワイキキのガソリンスタンド以外は、混んでいないですからね。

 



現金での給油方法

最後に余談ですが、現金での給油方法を書いておきます。(ヤニック流)

 

ガソリンスタンドのレジにつかつかと行く

ニッコリ笑って、ハ~イと挨拶する(冗談じゃなく、アメリカでは店員に挨拶した方が良いです、挨拶しない客は不気味に思われるので、変に警戒されます。)

「ナンバー◯(給油口の番号)、◯◯ダラープリーズ(給油したい金額)」を伝える、金額は多めに言っても大丈夫です、後で精算出来るので。

レシートを受取り給油する(レシートは精算に使うので捨てないように)

金額分入れ切ったらそのまま立ち去ってOK

金額が余った場合はもう一度レジに戻り、レシートを見せながら「チェンジプリーズ」と言えば、お釣りをくれます。

サンキューと言い残し、笑顔で立ち去る。

 

これが正しい方法かわかりませんが、この方法でなんとかなってるので、多分大丈夫です。

 

というわけで、ここに書いたように、ガソリン満タン返し不要を利用することで、レンタカー会社に直行出来るのは大きなメリットだと思います。

特に、時間の節約という面では大きいです。

 

時間に余裕の無い、短期滞在なら、1時間のロスだって痛いはずです、時間の浪費が抑えられるなら、お金を払ってでも、ガソリン満タン返し不要のオプションを付ける意味があると思いますがいかがでしょう?

 

関連記事

ハワイ、レンタカーで運転、国際運転免許証は本当に準備しなくてもいいの?

 

ガイドブックには載っていないハワイに関する情報はこちらにまとめてあります

↓↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます