こんにちはヤニックです

 

ハワイ旅行に来たら一度は来てみたいマイタイバーですよね

マイタイの発祥の地・・・と思われがちですが、実は違います、発祥はサンフランシスコですが、このマイタイバーのおかげで世界的に有名になった、というのが本当のところのようです。

席は自由に選んでOK

着席は自由に行えます、入り口にスタッフがいて、席まで案内してくれるレストランと違うので、好きな席を選んで勝手に着席してもOKです(ただし予約の札がある席や天蓋があるカバナはダメ)

着席して待っていれば、何も言わなくてもサーバーが来てくれますが、忙しい時は中々来ないこともあるので、手を振るなりしてアピールします。

時間に余裕があれば、サーバーが来るまで音楽を聞いたりを雰囲気を味わったり、ハワイらしくのんびり待つのが良いと思います

間違っても、大声でサーバーを呼びつけるとか、日本の安居酒屋のノリは止めましょう、こっちではマナー違反になります。

アイコンタクトや、手を振るが基本です。

 

カウンターも空いていれば勝手に座れますその場合、サーバーではなくバーテンに直接注文してお金を払います。

バーテンダーに通紋した場合はチップは一杯あたり1ドル上乗せして支払う感じです

 

スポンサードリンク

 

 

マイタイバーへ行くときの服装

マイタイバーのドレスコードは全然厳しくありません。

Tシャツでもタンクトップでも、短パン、サンダル、なんでもOKです。

ただ、日が落ちると肌寒いので、一枚羽織るものがあると良いです。

 

いくらラフな格好がOKと言っても、水着はNGとされるので、注意しましょう。

マイタイバーでサンセットを見るには?

僕たちも一度、サンセットの30分前に入店したんですがいい席は全然空いてなかったです。

サンセットの時間の店内、かなり混雑します

 

サンセットを見るためにいい席を確保するのはかなり難しいと思います。

サンセットが見れない席でも、移動してビーチに出れば見られますけどね

まさに夕日が沈む、一番いい時間に入店しようと思っても、席が空いていない場合が多く、入店できません、少なくとも日の入りの30分前までにはお店に着いておきたいところです。

 

スポンサードリンク

 

マイタイバー、注文方法や注意事項

メニューはキチンと日本語が振ってあるのでわかりやすいです

カクテルは写真入りでわかりやすいです

マイタイバーの従業員は日本人に慣れているので、注文をする時は、メニューを指差しながら、これ、これってやれば十分伝わります、ムリに英語を喋る必要はありません。

ちなみに、マイタイバーはバーなので飲み物だけの注文だけでも何も言われません

 

その他、ポイントとしては

 

・ノンアルコールを注文したい時は頭にバージンを付る

バージン・マイタイ、バージン・ピニャコラーダみたいな感じ

・お酒の注文は1人1回1杯のみ

あと、あまり知られていませんが、お酒の注文は1人1回1杯のみしか出来ません。つまり同時に二杯注文出来ないってことです、トイレ行ってる間に、一緒に注文しておいてとか、人に頼むことは出来ないってことですね。

なので、追加注文も、飲みきらないと出来ません。

これは未成年へアルコールが渡されないようにするための法律らしいですが、対応は人によって様々だったりするので、ルーズなところもあります。

・お酒に弱い人は甘いカクテルに注意

特にお酒に弱い人、自分の酒量がわからない人、写真のようなトロピカルカクテルは、めっちゃ甘かったりしますが、実際は結構強いお酒が入っているので見た目以上にアルコールはキツイです。

泥酔は最悪のマナー違反ですし法律違反です、最悪警察に捕まりますのでお酒の弱い人ほど甘いカクテルの飲み過ぎに注意しましょう。

これらは、マイタイバーに限ったことではありませんが、覚えておきたい注意事項です

 

スポンサードリンク

 

マイタイバーのお会計方法

お会計はテーブルチェックになります

店員が席に来たタイミングかアイコンタクトで呼んで

 

「チェックプリーズ」

 

レシートを持ってきてくれます

実際のレシート

 

マイタイバーのピンクパレスは高級ホテルなので、18%以上は払いたいとっころです、写真の場合、18%だと35.59となっていますが、細かいお金もきっちり払う必要はありません。

切りの良いところで切り上げ、、切り下げするのがスマートい会計するコツです

 

この場合36ドルが妥当かと思います、

 

支払う金額が決まったら、お金をカバーに挟んで、その場に置いておけばそのまま退出してしまっても構いません。(お釣りが不要な場合)

例えば、40ドルしか無くて、4ドルのお釣りが欲しい時は、サーバーに

 

「4ダラーバックプリーズ」

 

と言って、お金を渡せば4ドルのお釣りがもらえます。

 

お釣りをもらう時は「◯◯ダラーバックプリーズ」要らない時は、そのまま席に置いて退出するか、サーバーに「ノーチェンジ」と言って渡すか、といった感じです。

 

お会計の方法はこちらでも詳しく解説しています

【超解説】ハワイ、レストランでのお会計方法チップのスマートな払い方、現金編

 

動画版の解説はこちら、きれいな夕日も映っています

 

自分の足で集めたハワイのグルメ情報はここにまとめています

↓↓↓↓

 

スポンサードリンク

 

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます