こんにちはヤニックです

 

ちょっと贅沢な時間を過ごそうとハレクラニにあるハウスウィズアウトアキーに行った時の様子を紹介します。

格安ランチもいいですが、たまにはね、ホテルのランチで贅沢な時間を買うのもいいですよね

 

余談ですけど、若い頃の僕はそういうことがまったくわからない若造でした、だって、ホテルの物価って異常に高いじゃないですか

先日も、某ホテルの喫茶店でビールを飲みましたが、一杯1200円しました、一杯500円のビールと味に違いなんてありません。

若い頃の僕なら、値段設定の異常さに怒り心頭だったと思いますが、1200円の価値はあったな、とその時は思いました。

 

年齢を重ねて、食べる量が減ってくると、自然と、雰囲気や、時間の過ごし方を重視するようになりました、料理に、ではなく、その時間にお金を払う、ということを覚えてから、なんというか、高級ホテルのような場所で、食事をすることに抵抗が無くなって行ったんですよね(若いころはそんなことわからないっすよ)

 

はい、余談でしたね




レセプションで部屋番号を聞かれる

良いホテルだと、部屋番号を聞かれることがありますが、ハウスウィズアウトアキーも入り口で部屋番号を聞かれます、別に宿泊客じゃなくても問題ないんで、ノーゲストとか言えば大丈夫です。

受付にいた人は、恰幅のいいおばちゃんで、とても気さくな人でした。

アウトサイドが良かったので、お願いすると、いい席を案内してくれましたよ、一見客でも差別なく対応してくれてうれしかったです。

とっても景色がいい席です

ハウスウィズアウトアキードレスコードは?

高級ホテルですが、ランチだったので、、ドレスコードは無さそうな感じでした、周りの人を見ても、Tシャツ短パンとか、ラフな人はいますし。

ただまぁ、そこそこの店なんで、僕たちはドレスコードを意識してみました。

そこまでうるさく無い感じだけどまぁ、一応ね、そういう場所に来るって時はね、気を使いたいかなっと思うのです。

僕はいつものアロハです、迷っったらアロハ、これが1番間違いない

嫁はワンピースです

 

料理を、待ってる間に写真撮影タイム

このキアヴェの倒木は再生可能かどうか調査しているそうです

ラボッシュの美味さにハマる

パンと一緒に出てきた、この四角い食べ物

パンの左にある長方形のやつ

 

これラボッシュっていうお菓子なんですけど、ここでラボッシュの美味しさを知りました。

ワイキキ周辺では、ハイアットのファーマーズマーケットで購入出来ますが、何袋も買って、暇があれば食べていました、それくらい好きです。

ピザの皮をカリカリに焼いた感じで、カリカリ、サクサクの食感が好きな人には超オススメ。

ラボッシュを熱く語ってる動画貼っておきます、僕はラボッシュの美味しさを世に広めたいのです

 

料理はロコモコとサラダを注文して、二人でシェアしました。

このロコモコ美味しかったなぁ・・・・玉子が2つ乗ってたら完璧でした。

コブサラダはドレッシングがあっさりしてて美味しかったです、自家製って味がします。

美味しかったです、完食です、ハウスウィズアウトアキー良かったです



お会計方法と予算

お会計方法は普通のレストランと同様、チップを自分のさじ加減で上乗せして、テーブルチェックで支払うオーソドックスなスタイルです。

お会計はこんな感じ、全部で71ドル払ったかな?

やはり、高級ホテルということで、お値段はお高めです、一人30ドル以上は見ておくと良いと思います。

お値段の半分は雰囲気代ですね。生演奏もあったし、贅沢な時間が過ごせました。

 

お会計の方法がよくわからない方は

【超解説】ハワイ、レストランでのお会計方法チップのスマートな払い方、現金編

という記事を書いてるのでそちらを御覧ください

 

たまには、のんびり、こういうのも良いですよね

動画版の方が美しい景色がわかりやすいと思いますので、こちらも御覧ください

 

自分の足で集めたハワイのグルメ情報はここにまとめています

↓↓↓↓



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます