こんにちはヤニックです。

 

ダイヤモンド・プリンセスはいち早く日本に進出しましたが、そこはあくまで外国船、船の中は外国扱いですし、外国人のクルーもたくさんいます。

中には、外国語が不安な方もいると思いますが、実際のところどうなのか、書いていこうと思います。




ダイヤモンド・プリンセスのクルーはどの程度日本語通じる?

外国人のスタッフは全く通じないと思ったほうが良いです、船内で日本語が通じるのは、日本人スタッフと、フロントにいる一部のスタッフだけです。

ダイニングや、バー、カフェ、ハウスキーパーは基本的に日本語の通じない外国人です、何人か日本人クルーを見かけましたが、常にいるわけではないので、ほとんどの場合、外国人クルーとなります。

クルーは日本人にすごく慣れているので、つたない英語でも汲み取ってくれるし、察しもいいです、なので、全然大丈夫です。

僕達もまったく英語が喋れませんが、身振り手振りや下手な英語でも、十分にコミュニケーションは可能です。外国人とは言え、同じ人間です、臆する必要はまったくありません。

 

メインダイニングの注文方法はここに書きました

初めての豪華客船、メインダイニングでのマナー、作法、注文方法など詳しく書きます

 

ポイントポイント、重要な箇所には、必ず日本人スタッフが配置されています

例えば、チェックインの時は日本人スタッフが対応してくれるので、言葉による行き違いはありません。

乗船、下船、最終下船の時にも日本人スタッフはいますし、オプショナルツアーの時も100%日本人スタッフがいます。

チェックインの様子

有料レストランの予約は日本語通じる?

有料レストランの予約はフロントでは行ってもらえず、自分で電話する必要があります、予約は内線を使って行いますが、最初電話を書けると、英語でペラペラペラペラ・・・っと話されるので、面食らうかもしれませんが

気にせず、「こんにちは」とか「ジャパニーズ、プリーズ」とか「予約良いですか?」とか、日本人であることを伝えれば、日本語に切り替えてくれます。

相手は、そこそこの日本語をしゃべるので、大丈夫です。

 

サバティーニは超オススメです

ダイヤモンド・プリンセスの有料レストランでオススメはイタリアンのサバティーニ

 

船内新聞、船内放送、船内の表示やメニューは?

船内新聞、船内放送、船内の表示やメニューに関しては

 

完璧に日本語です

 

船内表示に関して困ることはまずありませんし、船内放送も日本人クルーなので、聞き取りにくいとかもありません。

船内新聞日本語です、イベントが多いので、小さな字でびっしり書かれています。しっかり読み込まないと、うっかり見落としてしまうくらい、たくさんの情報が掲載されています。

レストランのメニュー類も全て日本語になっています。

ドリンクメニューも日本語です

注文しやすいように、番号がふられています。

テレビも日本語です

船内会計の明細は英語です

 

確認方法はこちら

ダイヤモンド・プリンセス船内会計明細の確認方法と読み方

 



ショーは英語なの?日本語なの?

ショーに関しては、基本的にあまり言葉を必要としないショーが多いので、言葉は関係無いように思います、動きで笑わせるコメディや、バイオリン、バルーンアート、ダンス&ミュージックなどなど、英語がわからなくても、十分に楽しめるようになっています。

ショーの司会を務めるのは、日本人女性なので、言葉の心配はありません。

 



教室は?

教室によってマチマチで、日本語の教室がある場合と、英語のみの教室とあります、ズンバや、フラ教室など、見てわかるものは、英語のみの場合が多いようです。

人がたくさん集まるズンバ教室

 

日本語がつうじなければ、多少の行き違いがあって、不便な思いをすることもあるかもしれませんが。

 

外国船の中は、外国です

 

日本ではありませんので、英語が喋れなければ、多少、不便な思いをするのはしょうがないです(実際は不便なことなんて全く無いですけど)。乗船されるなら、そこは折り込み済みで乗船した方がいいですね。

どうしても、言葉で不便をするのは嫌だというなら、外国船は向いていないので止めた方が良いです、完璧に日本語が通じる、飛鳥Ⅱが向いていると思います。

 

ダイヤモンドプリンセスに関する情報や旅行記は

ここにすべてまとめています、実体験した情報ばかりです。

↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます