こんにちはヤニックです

 

飛行機好きですか?

うちは夫婦揃って大嫌いです。

ただ、嫌いの理由は違って、僕は狭っ苦しい空間に長時間閉じ込められるのが嫌という理由、嫁は。

 

揺れるから嫌

 

という理由です。

嫌いな人にとって、飛行機の揺れというのは、生きた心地がしないくらい辛いもののようです(他人事ですんません)

飛行機が揺れる度に、うちの嫁は僕の腕をがっしり掴んで、手に汗を握り、うつむいて、早くこの災厄よ過ぎ去ってくれ!!とでも言わんばかりに緊張しています。

揺れが去ったあとは、手がびっしょり濡れるくらい、緊張します。

 

僕は、乗り込んだ以上、いまさらどうにもならんでしょ!!と、割り切ってるので、どれだけ揺れても平気で音楽を聞いてますが・・・・考え方の違いなんでしょうね。

と、まぁ、飛行機の揺れが嫌いな人にとっては酷な話かと思いますが。

 

ハワイ行きの飛行機は揺れます

 

しかも結構な確率で・・・・もちろん、その時の天候にも左右されると思うので、全く揺れない日もあるとは思いますが、全行程で一度も揺れなかったことは、今まで経験がありません。

機体が、ガタガタガタガタ・・・と音をだして小刻みに揺れ、時にジェットスターのように、ふわっと浮くような感覚を覚えるくらい揺れることもあります。




飛行機の揺れに対する有効な手段は?

飛行機の揺れに対する有効な手段は僕は存在しないと思っています、どうあがいても揺れるものは揺れるし、揺れが強ければ緊張するのは仕方が無いかと・・・

日経の飛行機JALやANAなら、離陸の直前に「途中ところどころ揺れが予想されます」というようなアナウンスをしてくれるので、心の準備は出来るかもしれませんが・・・だからといって・・・ねぇ・・・実際揺れれば怖いですよ。

 

僕は、唯一の手段は腹を括ることだと考えています、だってしょうがないじゃないですが、密閉された空間で、高高度をフライトしているわけですし、為す術が無いとはまさにこのことです、逃げ場なんて無いんだし、腹を括って、成り行きを任せる以外に方法はありません。

でもね、1つ知っておいてほしいのは

 

機体の揺れと飛行機事故に因果関係は無い

 

って事です。

飛行機が揺れる=事故に繋がる・・・というわけじゃありません。

車だって、道が悪い道路を走ればガタガタと車体が揺れるでしょ?それにいちいちビビリますか?車体の揺れが即、事故に繋がると思いますか?そんなわけないですよね

飛行機だって同じです、気流が悪い所を通れば、ガタガタと揺れるのは当たり前です。

飛行機事故の確率は恐ろしく低い

では、実際、飛行機事故ってどれくらいの確率で起こるのでしょうか?

そこで、航空アナリストの杉浦一機氏は、別の尺度の死ぬ確率をあげる。

「国際航空運送協会がジェット旅客機が事故を起こす確率を発表しており、2013年の数字は100万便につき0.41回でした」

仮に、週1回1往復(2回搭乗)し、年104回乗る人でも、事故に遭う確率は3900年に1回。途方もなく低い確率だ。

引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20150810_341393.html

僕たちは年に何回飛行機に乗りますか?旅行をよくする人でも、10回くらいじゃないですか?ということは、上の計算に当てはめれば、3万9000年に一回の確率ということになります。

人間は80年しか生きられませんから、約500回分の人生で一回落ちる計算なんですよね・・・・

 

この事実から分かることは

 

道を歩いていて、自動車事故に遭う確率の方がよっぽど高い

 

という事になります。

 



そーかも知らんけど、怖いものは怖いんじゃ(゚д゚)ムキー!!

という理屈で諭しても、うちの嫁は中々揺れの恐怖から開放されません、当然です、恐怖というのは理屈では無く感情ですから、理屈では分かっても、そうそう克服出来るものじゃないんですよね・・・・(;´Д`)一応説明してみたけどムリだったゼ・・・

 

不快な機内をなるべく快適に過ごすには、音楽を聞くのが良いんじゃないかな・・と思います、僕は環境音楽とか(川のせせらぎとか、森の音とか収録されているやつです)を音楽プレーヤーに入れて、それを聞くようにしています。

こういうやつ
↓↓↓

音楽聞いていれば、ガタガタという音は気にならないし、自然に寝ちゃってることが多いので、若干ですが、緊張が和らぐかと・・・

うちの嫁は、この手の音楽をプレーヤーに入れて、気を紛らわしています。

 

嫁が実際に使っているプレーヤー、驚くほど低価格なわりに、使いやすいです

パソコンに繋いで、直接フォルダに、音楽を入れるだけで、編集が出来るので、便利ですよ。

 

ガイドブックには載っていないハワイに関する情報はこちらにまとめてあります

↓↓↓↓

 



この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます