こんにちはヤニックです

 

今回は、日本人にもっと評価されても良いんじゃないの?

と思うレストラン、MAC24/7(マックトゥエンティーフォーセブン)の紹介です。

 

ワイキキの中心からかなり離れいるからか、ほとんど日本人を見かけませんでしたが、量よし、味よし、値段よし、で全体的に高くまとまってるレストランだと思います。

ただ、今回、あのパンケーキは食べませんでした、あれはちょっと・・・多すぎるでしょ、ってくらい大きいので・・・あのパンケーキを見ると、大きいだけの店でしょ?って思いがちですが、そんなことは無かったです。僕たちは、2017年の滞在中に二回利用しました。

 

MAC24/7基本情報

住所:ヒルトン・ワイキキ・ビーチホテル1階2500 Kuhio Ave., Honolulu

電話番号:808-921-5564

営業時間:24時間

定休日:無休

 

スポンサードリンク

 

MAC24/7はメニューが豊富だけど日本語メニューは無し

MAC24/7の売りは「エニシング、エニタイム」というように「いつもでも、何でも」というわけで、24時間、いつでも朝食メニュー、昼食メニュー、夕食メニューが選べる・・・・のは良いんですが、そのためメニューが多いです。

2017年1月現在では、日本語メニューも無いので、メニューの多さに中々決められないと思います、なのですぐに決められない方は、事前に公式サイトでメニューを見ておくといいかもしれません。

英語でびっしり書かれています。

 

MAC24/7のドレスコードは最適な服装は?

MAC24/7はアメリカのファミレスのような店なので、ドレスコードは特にありません、夜でも気軽な服装で大丈夫です。

 

MAC24/7日本語は通じる?

片言で喋る人がいたり、まったくしゃべれない人もいたりしますが、日本語は通じないと思ったほうがいいです。

 

注意点:やたら量が多いMAC24/7

最近のハワイのレストランは昔ほど、バカみたいに量を盛る店は減ったように思います。

アメリカ本土でも、ヘルシー路線、和食が流行っているように、世間の流れはヘルシー志向に変わりつつあると思うんだけど、その流れを真っ向から否定するのがここMAC24/7。

ここは、古き良き?アメリカの物量攻めを味わうことが出来る数少ないレストランだと思います。

二人の場合、メイン+サラダくらいを二人で分けるとちょうどいいです、メイン二品だと、かなりの量に・・・写真はスピナッチ(ほうれん草)サラダとカルーアポークベネディクト。

スピナッチサラダが、甘いラズベリーが入っていて、微妙にアクセントで美味しかったです、僕は基本、甘めの味付けって嫌いなんですけど(カレーにレーズンとか酢豚にパイナップルとか嫌いなタイプ)ここのはなぜかすんなり食べられました、不思議です。

カルーアポークサンドイッチにもパイナップルが入ってたけど、妙にうまかった。

 

てんこ盛りに盛られた、アメリカの大雑把な料理を、たらふく食べたい人にはオススメのレストランだけど。

そういうのが苦手な人、繊細な料理が好き、量が多すぎるのは嫌、ハンバーガーやホットドッグは料理じゃない、と言うタイプにはオススメできません。

深く考えず、大口開けて料理を頬張る、豪快な料理を楽しみたいに人にはオススメです。

ザ・アメリカを味わおう!!

 

スポンサードリンク

 

量は多いけど、味は良いです

さっき、大雑把な料理とは言ったけど、味はかなり美味しいです。

もちろん、日本の繊細な料理と比べたらダメだけど、量だけでごまかす店じゃなくて、味もちゃんとしてるよってことです。

バナナコロッケ・・・のようなデザート、日本で食べたこと無い味で美味しかったです。

ロクシィベネディクト、ほうれん草がたっぷりでうまいです、味に厳しい、義母がとても気に入ってました。

MAC24/7のチップは自分で乗せる、クーポンは絶対使おう

カウカウなどのフリーペーパーにはMAC24/7のクーポンが付いていますが、20%オフ(食事のみ)になるので確実に使いましょう。

20%オフになるのはかなり珍しいです。

 

チップはサービスに応じて自分で乗せるパターンです。

三人でたらふく食べてチップ込み120ドルくらいでした。

 

ワイキキ、オススメハッピーアワー、モアナテラスは夕日が綺麗で最高

ハワイで美味しい肉を食べるならチャックスセラーのプライムリブがオススメ

 

自分の足で集めたハワイのグルメ情報はここにまとめています

↓↓↓↓

 

スポンサードリンク

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます