こんにちはヤニックです

 

ハワイは基本的に、すごく楽しいところですけど、煩わしのがチップですよね。

もう、慣れたのでなんとも思わないですが、慣れてないころは、なんでこんなめんどくさい習慣があるんだろう・・・と思ったものです。

慣れてしまえば、コミュニケーションツールの1つだな、と思えるようになり、気にならなくなりましたが、このハワイのチップ問題、実はちょっと複雑な事情があるので、今日はその辺の話です。

 

スポンサードリンク

 

そもそもチップて払わないといけないの

 

払わないといけないものです

 

よほど、クソな従業員でも、最低限のチップは必要(その辺りの話は後述)

というのも、レストランで働く従業員は、賃金が低めに設定されているからです、チップを貰って、やっとまともな給料になるという、なんともへんてこなシステムです。

 

なら、何かい、俺たち客があいつらの賃金を払ってやってるということかい?

 

僕達のチップを込みで考えている以上、そういうことになるんでしょうね・・・日本人には到底理解しがたい文化ですが、そういう価値観なので、そういうものだと思うしかありません。

というか、彼らがにこやかに、フレンドリーに、親切に、英語がまったくしゃべれない困ったちゃんの日本人でも嫌な顔1つしないで接客してくれるのも

 

すべてチップがあってのことです

 

チップという仕組みがなかったらどうでしょう?まともに喋れないような客、相手にしたいと思います?笑顔を見せる必要は?親切にする必要は?

外国人は日本人ほど真面目じゃありません、チップというご褒美があるから、みんなニコニコ、嫌な顔1つしないで、サンキューとビールとハンバーガーしかしゃべれない日本人でも接客してくれるわけです。

 

スポンサードリンク

 

勝手にチップ込みにすな・・・おい!!

彼らにとって死活問題なチップですが、僕達日本人があまりにもチップに疎く、渡し忘れが多いものですから、やがて、日本人観光客に対して、支払伝票に店側が勝手にチップを乗せて、強制的に支払わせるケースが増えてきたわけです。

本来チップとは、受けたサービスの良し悪しを評価するものなので、強制的に、金額を決められるのはオカシイことなんですけど、チップ込みのおかしなお店が出てきたわけですね。

 

んで、お人好しな僕達日本人は

 

おお、チップ込みなら支払いが簡単じゃん!!(*´ω`*)ウヒョ~ン

 

と言われるがまま払ってしまうと・・・これ悪循環です。

だって、チップがもらえるから、従業員は必死に働くわけで、最初からチップが込みになってたら、そんな一生懸命働かなくていいわけでしょ?

いい加減なスタッフが増えるわけです。

 

というか、そもそも、チップのあるべき姿を大きく逸脱しています。

本当にこれで良いんでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

チップは感謝の度合いで決めよう

僕は、ある外国人に話を聞いたことがあります

 

「どれだけクソなサービスをする従業員でもチップって払うものなんですか?」

「そんなやつは10%も払ってやれば十分さ」

 

どんなクソなサービスでも

 

最低限の仕事はした

 

ということで、最低限の報酬は払うと言っていました。

僕はその話を聞いて以来、1つの目安を作りました。

僕なりのチップ目安

↓↓↓

嫌な思いをした、残念だった:10%

普通、及第点、可も無く不可も無く:15~18%

すごく良かった、迷惑かけちゃってごめんね、ありがとう、君のおかげで最高の時間が過ごせたよ:20~25%

 

だいたいこんな感じです。

なんちゅ~か、感謝や感動の度合いでチップの金額を決めるようにしています。

 

これは

 

勝手にチップの額が決められているレストランでも同じです

 

店側が勝手に決めたチップの額に従う必要なんて

 

 

まったくありません

 

 

無視です、無視,自分のさじ加減で決めちゃって全然問題ない、だって、正規の料金は払うんだもの、チップの額を自由に決めて何が悪い!!

付いてくれたスタッフの接客を見て決めましょう。

じゃないと、日本人を舐めまくってる店が増えるだけです。

 

もう1つ大切なのは

 

正統な評価をすることです

 

チップ代を節約する為に、どんな接客でも10%で・・・というのは心の卑しい人の考え方です。

頑張ってる人には正当な評価をし、報酬を決めるべきです、お金は天下の周りもの、というように、お金は使えば使うほど、自分の懐に入ってくる不思議な性質があります。

そして、同じお金を使うなら、頑張ってる人に使ってあげたいでしょ?面目に頑張ってる人にたくさんのお金を、自分のお金を託す、僕はそういうイメージでお金を使っています。

 

僕が託したお金は、真面目な人の手によって、正しく消費され、経済を活性化させることでしょう・・・それがめぐりめぐって、自分の元に帰ってくるわけです。

チップを払う時は、そういうイメージで使うと、気持ちよく使うことが出来ますよ。

言葉が通じないので、不満を感じがち、だからってチップを下げるのは筋違い

あと、1つ重要なのは、特に英語ができない人にありがちなんですが、言葉が通じないので、意思疎通がうまくできず、結果不満足、だからチップを下げがち

でもこれって

 

筋違いな気がします

 

だって、相手はエスパーじゃないんだし、言葉が通じない相手の意思を100%汲み取ることなんて絶対に不可能、サービスの質が落ちるのは致し方ない部分はあります。

たしかに、料理の提供が遅くて、冷めた料理が出てきた時あります、でも、一言

 

「料理はまだ?結構待ってるんだけど?」

 

と言えば、それで通じる話、それを言えずに、ずっと待ってて、冷めた料理が来た、最悪、チップなんて払いたくない・・・ってのはちょっとオカシイ。

料理が来ないならそう言えばいいだけです(実際、催促するとすぐ出てきます)

催促したのに、それでも来ないようなら、チップ額を下げればいいです。

 

意思疎通が100%でない以上、従業員も100%の力が発揮出来ない、という部分は見てあげる必要はあると思います。

 

とは言え、明らかにやる気がなくて、冷めた料理が出てきたら僕だってチップは下げます、でも、やる気があって、一生懸命だけど、何かの手違いで出てくるのが遅かった(多分一言言えばすぐ対応してくれた)という従業員なら、下げることはしません。

その辺は、考慮して然るべきだと思います。

まとめ

チップは払わなければいけないもの

日本人の払い忘れが多く、勝手にチップを決める店が増えてきた

勝手にチップを決める行為は、本来のチップの意味から大きく逸脱した行為

我々、日本人が、それに甘んじていると、そういう店が増える一方

勝手にチップを乗せる店だからって関係ない、自由にチップの額を決めよう

正当な評価を、良かった人にはたくさんの報酬をあげてください。

 

こちらの動画の後半で、実際のレストランで支払ってる様子を撮影しました、合わせてご覧いただくと、わかりやすいと思います。

 

PS

昔に比べて、勝手にチップ額を決める店は減ったように思えますが、その代わり、チップの欄にグリグリ丸を書いて、払ってね!!とアピールする店は増えましたね(笑)

まぁそれくらいなら、かわいいものか・・・と思えます。

アピールすることで、払い忘れる日本人の数も減れば、お互いメリットありますしね。

こんな感じでアピールしてきます

日本人が全然来ない店にいくとレシートはこんな感じです、チップ額が書かれていないです

 

ガイドブックには載っていないハワイに関する情報はこちらにまとめてあります

↓↓↓↓

 

 

スポンサードリンク

 

この記事の内容が役に立ったら共有してくれるとよろこびます